スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狭いボートのどこにベビーベッドを置くのか

わたし達が次に到着したのはシェパートンという町だ。停泊場所は通りや民家から離れていて、川沿いにあるちょっとしたプライベートの庭という感じのところにあった。森林の中にあるので、ボート利用者以外は滅多に人はやって来ない。Wのお気に入りの釣りスポットも近くにあるし、居心地がいいのでWは2、3日ここに停泊すると言った。
わたしと旦那、NAは特に急いでいる旅でもないのでWと一緒にいることにした。
他のボート仲間達は翌日次の目的地に向かった。
仲間の人数が減ってもWは1人で3人分は賑やかなので、途中AもMAちゃんを連れて遊びに来たりと、楽しかったが、のどかな環境でゆっくりできる暇はなかった。
シェパートンには有名な映画などがたくさん制作された歴史的なスタジオがあって、いつか見てみたいと思っていたのだが、結局3日間いつもと変わらないように川沿いでダラダラと過ごしてしまった。

3日目、わたし達は一気にウィンザーまで向かうことにした。
道中、わたしはゆっくりと通り過ぎる景色を眺めながら、これからのことを考えた。時間がゆっくりと流れているようでも、実は子供が産まれるまであっという間なのだ。
ラッキーな事にチャイルドシートやバウンサーなど大きいものは全て、Aや義姉など先輩ママ達からお下がりを頂いてあったので、あとはベビー服などの細かい物を買い揃えるだけだった。なんと日本からわたしの母親が出産予定日の1週間ほど前から来ることになっていたので、母親と買い物に行くのもいいかと思っていた。
問題はベビーベットだった。
狭いボートにベットを置くスペースなどどこにもない。
少し前にある友人にその話をしたら、彼女は「ハンモックに寝かせたらいいじゃない。南米にいた時は親たちが赤ちゃんをハンモックに入れて木に吊るして畑仕事をしていたわよ。」と言った。
いやいや、数時間ならまだしも、継続して寝かせるにはハンモックはどうかと思われます。。。と思っていたが、それも真剣に考慮しておかなければいけないのかと思うほど、ベビーベットの場所確保は難しい問題だった。
旦那に相談すると、ベビーベットもそうだが、子供がハイハイなど始める前に床を新しいフローリングに敷き変えたいと言った。
そうか、子供が産まれてしまったら、ボートの中がホコリだらけになる作業は難しくなる。今からやっておかないと後々大変だなあ。って、フローリング!?ちょっと高いんじゃ。。。なんか敷くだけじゃダメ?
旦那は衛生面と今後ボートを売ることを考えると、思い切ってフローリングを敷いた方がいいと言う。
それはそうなんだけど。。。うちにそんなお金あったっけ?
わたしの頭の中はベビーベットとフローリングのことでいっぱいになった。
って言うか、どうしてわたし達はいつもギリギリで何かしようとするんだろう。のんきにクルージングなんて楽しんでていいのだろうか。。。?
よく考えると、赤ちゃんの時代はあっという間に終わって、子供は動き出す、走り出すのだ。薪ストーブだって危ないし、ボートの外に出たらそこは川だ。洗濯物が増えるとか水をたくさん使うとかの他に、考えなければいけないことはたくさんあった。

なんだかんだと旦那と話したり考えたりしているうちに目的地に近づいていた。
思わず歓声をあげてしまうぐらい美しい景色が目の前にあった。ウィンザー城だ。木々に囲まれたなだらかな丘の上に中世のお城が建っている。そこだけが空に浮かんでいるように見える。
旦那は「ホリデー中なんだから難しいことを考えるのはやめて楽しもう!」と言った。
お腹の子供のことを思ってストレスを溜めないようにしているからか、いつも一緒にいる旦那に性格が似てきたのか、わたしも今のうちに楽しんでおこうと思い、考えるのをやめた。
心配することはたくさんあるし、いつも貧乏だけど、こうやってボートに乗りながらテムズ川から美しいウィンザー城を見れるのは、すごく贅沢なことだと思った。
何も考えずに、ただ景色に見とれていて突然思いついた。ああ、わたし達のベットの足元の壁に棚をつけて、そこをベビーベッドにすればいいんだ。
すごいことを思いついた。
旦那に言うと、それはいい考えだと言った。
考えているときは何も案が浮かばないのに、考えるのをやめた途端いい案が浮かぶなんて、わたしの頭の中は一体どうなっているんだろう。

目的地のウィンザーに到着した。なんだかすっきりして、楽しいホリデーを過ごせるような気がした。
そしていつもそう思うと、その後でまた何か問題が起きるのだった。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

うん!いい考え。私の姉は座布団に転がせてましたよ〜。ベッドは必要以上に高いし、将来ジャマということで……(笑)座布団ですよ!! でも何も可笑しいとは思わなかった。
ウィンザー城かあ。素晴らしい所のようですね。まだ行ったことない…見てみたいし、歩いてみたいです。
何もしてない時、ホリデー中などに私の旦那も考えが浮かぶようです。脳が柔軟になるのでしょうか?でも忙しく働いているときに、さっさと次のことに手がまわりやすいこともありますよね?流れに乗るっていうのかな。

最後の行ですが、次に問題が起こる…その対応にだいぶん慣れてきたのでは!?(笑) もう何があっても、多少のことでは動じないスカイさんだと思います!

良いなあ

テムズ川からウィンザー城観るなんて、素敵だね!
ベビーベッド問題も解決しそうだし、
毎回楽しみだよ

Re: No title

座布団!確かに赤ちゃんならすっぽりと収まりますねっ!何も高いものを買わなくても、色んなもので代用できるんですよねー。
ホリデー中は頭が柔軟になるかもですね。わたしもご主人のように何もしていないときに考えが浮かぶようです。旦那は反対で、忙しいときに流れに乗って思いついたことをするって感じです。まあ、どっちにしろ、お互い思い浮かぶのはそんなに素晴らしい名案ってわけでもないんですが。。。

そうなんです。少しぐらいの問題なら、もうビクともしなくなっちゃいました。逆に平和だと、何かおかしいって思ってしまうぐらいです。これっていいんだか、悪いんだか。。。です。

Re: 良いなあ

いつも楽しみにしてくれてありがとう!
テムズ川から撮ったウィンザー城の写真を探しまくったんだけど、コピーしておいたディスクがほとんどボートの湿気でダメになって見れなくなってたんだよ。。。。本当は写真付きで色々と紹介したいんだけどなあ。
そのうち機会があったら、また行って写真撮らなきゃね。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。