スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トウモロコシと有名人

2010年8月。旦那の職場は丸一ヶ月夏休みになるので、わたしは早めの産休を取ることにした。子供が生まれる前にボートでテムズ川を下りながら、まだ行ったことのないウィンザー城まで3週間のクルーズに出る計画を立てた。
旦那と二人きりでのんびりと観光気分でイギリスの町を周る予定が、Wと何隻かのボートも一緒に来ることになった。なんだかいつものことなので慣れてしまったが、ボートを購入してからその時点で3年目、その間旦那と二人きりでゆっくりとボートの旅をしたことってあったっけ、と思ってしまった。

ハンプトンコートの水門を抜け、骨董品のマーケットで有名なサンブリーという町を通った。一度サンブリーで停泊したことはあったが、そこから先にはまだ行ったことががなかった。
少し行くとウォルトン オン テムズという町にたどり着いた。わたし達はそこでNAというボート仲間と落ち合い、その日はそこに停泊することにした。
NAは60代で、数年前に喉頭癌の手術で声帯を取ってから喉に人口声帯を付けている。喋るたびに喉についているボタンを押さなければ声を発することはできない。
NAはスコットランド人で自分のカナルボートにスコットランドの国旗を掲げている。ボート生活者のトレードマークのようないつ洗ったかわからないボサボサの髪で、いつもパイントグラスに入ったビールを持っていた。そしてこれもまたボート生活者の象徴のように犬を飼っていた。年老いた黒い雑種だった。
彼は口は相当悪いが、かなりいい人だった。ボート生活を始めたばかりの頃、わたし達がお金が無くて食べるのもやっとだと知ったときは、一番に市場から野菜などを調達して持ってきてくれた。それからは、わたしの顔を見るたびにトウモロコシやらジャガイモやらを無造作に渡してくるようになった。
一度お礼に旦那が、彼の行きつけのパブに行って一杯ごちそうしようとしたが、頑固として自分で払うと言い、ついには旦那の分まで払ってしまったのだ。彼の頭の中ではわたし達は貧乏人という観念が出来上がってしまっているらしかった。
今回もなんだか野菜と開封していないジャムなどをもらった。そしてNAはトウモロコシを焼いてくれて、わたしにしきりに食えというので、ボート仲間達が呑んだくれている横でトウモロコシばかりをかじっていた。
そのときはもちろん、未来のことは分からないので、ウィンザーからの帰りにとんでもないことが起きて、彼にとてもお世話になってしまうことなどとは思ってもいなかったのだ。

夕方になって、ボート仲間達はNAの行きつけのパブに行くことになったが、わたしと旦那はせ町に繰り出すことにした。食料なども調達したかったし、ウォルトンの町も見てみたかった。
町の中は今までいたところとあまり変わらなかったが、旦那がこの辺りは有名人がたくさん住んでいると聞いたことがあると言うので、お金持ちの家を見に行こうということになった。よしっと歩き出したものの、住宅街の真ん中で、どうやってお金持ちの家を探すんだ?
なんだか分からないが景色も悪くないので歩いていると、いたっ!有名人発見!
っていうか、何やら有名なスポーツ選手らしく、わたしは誰だかさっぱりわからないのに旦那が1人で興奮している。わたしが見ても、普通にパブなんかにいそうなおじさんにしか見えない。何がすごいのか、さっぱり分からない。
旦那はよりにもよって通りすがりに「ハロー!」と挨拶をして、「いつも応援してるよ!」と話しかけたではないか。わたし、びっくり!
そして旦那は有名人に怪訝な顔をされてムシされてしまったのだ。。。
そりゃあ、どう見ても貧乏人丸出しの小汚い格好の旦那、ノーメイクのアジアのおばさんと、日焼けしてイケイケの有名人とじゃ大きな差がありすぎるもの。まあ、有名人も少しはニコッとしてくれてたらいいものを、ちょっとあれじゃあ人生楽しくないだろうなあ、とわたしが思っていると、旦那、相当ショックを受けている。「なんだ、あいつ!もう絶対に応援してやらない!」と今度は怒り始めた。。。。
結局金持ちの家を見ることも無く、わたしと旦那はボートに戻ると、ああ、ボート仲間達がパブから出てきたところに落ち合った。みんな酔っ払っていてちょっとウザったい。
場所が変わっても状況変わらず。。。。
怒り心頭に発していた旦那は仲間達に先ほどの出来事を話し、笑われ、わたしは疲れたので早めに寝ることにしようと思っていると、NAが何か言っているではないか。
なんだろうと聞いてみると、わたしがお腹を空かせていると思ったらしく、ボートにまだ焼きトウモロコシがあるからそれを食べろと言うのだ。
わっ!まただ!
NAがとても無邪気に勧めるので、わたしはまたしてもトウモロコシを食べるはめになってしまったのだった。

翌朝、わたし達は次の目的地を目指して出発した。わたしが初めて訪れた町、ウォルトン オン テムズの思い出はトウモロコシと愛想の悪い有名人という変なものになった。
とにかくNAはわたしのことを思っていてくれたのだから、礼を言って挨拶をしてから出よう、と思ったら彼もボートにエンジンをかけていた。エンジンで電気でも充電しているのかと聞くと、一緒にウィンザーまで行くのだと言った。
ああ、そうなんだ。仲間がまた増えたんだね。。。。
わたしは彼に楽しくなるね。。。ははは、と笑いかけると、NAはオーブンにガーリックブレットが入っているから食えと言った。
朝からガーリックブレットですか。。。と言うことは、今日はガーリックブレットの日なんですね。。。。。

わたし達全てのボートが一斉に動き出した。静かに流れていたテムズ川が目覚めたかのように波打った。
夏の日差しの中、仲間達とクルーズに出る。まあ、悪くない。
後ろを振り向くとNAの操縦するボートが見えた。青空と同じ色の青と白のスコットランドの国旗が誇らしく揺れていた。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

NAさん、優しい〜。ただトウモロコシ食べ過ぎは消化不良起こしやすいよ…………
その有名人は本当にその人だったのかなあ? なんにせよ、そんな怪訝な目でみられるとショックですよね?
スコットランド人はイギリス人を嫌いっていう、そんな人多いですよねー(反対もしかり)、ボート仲間どうしではそんなの関係ないのかな?
なんか、のんびり〜と出来そうでできないですね!Wさんもついてまわってるし(笑)

Re: No title

確かに!あの有名人は本当にその人だったんでしょうか!?違うただの人だったら、ハローと見知らぬ人に突然言われてびっくりしますよねー(笑)
そうなんです。ボート仲間達は滅多なことでは人種で人を判断しない人達なんです。イギリス人、スコットランド人、アイルランド人、そして南アフリカ人が多いのですが、みんな仲がいいです。ボートに住んでいる同士って感じで仲間意識が強いのかなあ。
Wってねー、本当、いらないときにいつもついてまわるし、必要なときに逃げるし、困った存在です。。。

あははははは

朝からガーリックブレッドとか、とうもろこしとか、choiceが面白い人なんだね!
いつもいつも御一行様、おつかれさま(笑)。
次回楽しみにしてる。
ウィンザー城、20年も前に行ったよ。
素敵なとこだよね。

Re: あははははは

そう、ガーリックブレットやトウモロコシの他に、ゆで卵の日とかソーセージの日とかってのもあったよ。。。。
ウィンザー城はそんな前に行ったことがあるんだねー。
いいところだよねー。可愛くていい街並みだし、雰囲気もいいし。
車で行ったら、実はそんなに遠くないんだよ。なかなか行く機会はないんだけど、そのうちまた行きたいなあ。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。