スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aのボート生活脱出作戦

8月になろうとしていた。妊婦は暑さに弱いと聞いていたが、川沿いは涼しく、わたし達のボートは木陰に停めてあったので、わたしは寒いぐらいで薪ストーブをつけようかと思うぐらいの日もあった。
外では仕事をしているのかどうなのか、いつもボート仲間達がたむろしている。ボートに住んでいるというよりは、外で暮らしているんじゃないかと思うぐらい食事も昼寝も歯磨きさえも皆外でしている。
皆さんのんきで平和だなあと思いながら、あれっと思った。ここ2日ほどWを見ていない。そう言えばAも愚痴を言いに来なくなったなあ。旅行にでも行ってるんだろうかと思っているとAがやって来た。
Aは妙に機嫌が良くて、これから役所の人がボートを見に来るから何やらわたしに協力して欲しいのだと言う。聞くと、役所にWがAを追い出すために暴力を振るって、ボートを放棄していなくなったと訴えたのだと言う。もちろんWが暴力など振るうはずもなく作り話なのだが、AはWがいなくなってボートのことは分からないので水も電気も使えないし、子供と暮らせる環境ではないのでボートに住むことは無理で、Wが帰って来たらまた暴力を振るわれるから今すぐにでも住むところが必要だと言ったのだそうだ。
WはAに協力して行方をくらましているので、もし役所の人が何か言ってきたら、ここ数日間見ていないと言ってくれとAに頼まれたのだ。
おお!ついに強行突破作戦でいくか。まあ、ズルいやり方だけど、水や電気を自由に使えないのは本当のことだ。それにしてもWはよくこの方法に賛成したものだなあ。
わたしが、これでWが警察のお世話になったり、彼の今後に響かないのかと聞くと、Aは自分が訴えたり、現行犯で捕まらなければWには何も迷惑はかからないだろうと言った。そして更に自分が家に住みだしたらWは風呂に入りに来たり洗濯などもしたりできるし、Aと子供のうるさい声を聞かなくても良くて、自由なボート生活を取り戻せるから、喜んで協力してくれたと言うのだ。
なんだかすごいなあ。
そしてAは極め付けにわたしにも「家に住んだら好きな時にお風呂に入りに来ていいのよ。」と言った。
むむむ。わたしもこれから子供を持つ身、水は今よりももっと辛抱して使わなければいけない。お風呂のお誘いはなんだかありがたい。っていうか、本当にどんな生活をしているんだか。。。
まあ、Wを2日ほど見かけていないのは本当だし、嘘ではないよなあ。と、協力することにした。

その日1日特に何も起きず、Aが言っていた役所の人は結局来なかったのだが、翌朝役所の人から連絡がありAは仮の住まいを与えられることになった。
キッチン、トイレとバスルームが共同の短期滞在型のアパートで、とりあえずダブルサイズの部屋に入れることになった。
ここで住宅の空きがでるのを待つことになるのだと言う。
Aの根性で、とにかくボート生活脱出成功だ。

Aのアパートは色んな事情で家を追われた人達が住んでいて、全員がイギリス人だった。国もちゃんと自国民の面倒を見ているではないか。
そしてWは大喜びでそこに通うことになった。通うと言うより、Aがいつも車で送り迎えしてくれるので、Wは王様みたいにしていればいいのだ。水汲みの心配をしなくても、エンジンの調子が悪くても、お風呂にもはいれるし洗濯も汚いのを脱ぎ捨てておいたらAがアイロンまでやってくれるし、狭い部屋に飽きたら、晴れて1人になったボートで好き勝手に暮らせるのだ。まさに天国のような暮らしだ。
と言うことで、WとAにまた笑顔が戻ったのだった。

ボート生活がまた平和になったと思ったと同時に、わたしは今度は自分達のことを考えていかなければと思った。あと2ヶ月ほどで、この狭くて不便なボート生活の中に赤ちゃんがやってくるのだ。
大変なこともあるだろうが、今から準備して望めばなんとかやっていける。実際にAは出産後1年間やってこれたのだ。しかも、ボートで育って大きくなった人達はたくさんいる。
わたしはどんなに大変な暮らしも、待ちに待った子供が産まれてくるんだと思うと乗り越えて行けると思った。
Aを見ていると、根性と努力、少しのズルさがあればどんな状況でも生きていけるような気がして、なんだか勇気が湧いてきた。
と言っても、このズルさっていうのはすごく簡単そうで難しい。少しでもズルい人間になれたなら、もっともっと楽に生きられるはずなのに。。。。
その時はそんなことすら考えもせずに、これから産まれてくる子供のことばかり考えて、わたしも旦那もワクワクしながら過ごしていた。

コメントの投稿

非公開コメント

すごいカップル…

そんなことだろうと思っていたけど、少しのズルさというよりはかなりズルイね。
その環境下で子作りしたのは自分たちでしょ?って言いたい。
Aは逞しいカーチャンだなあ。

No title

うーん、アパートにこぎつけるための理由がちょっと…Wさん、よくこの案に賛成したもんだ。後先考えると、その案なんてどうでも良かったのかなあ?いまに、とばっちりがくるような……
Aさんは、尽くしているのかなんだか。言葉がみつかりませんね〜(笑)

Re: すごいカップル…

これが少しのズルさでおさまるぐらい、これから徐々にもっと酷くなっていくんだよね。ブログで全部公開していいのか考え中。。。ボート生活からはみ出してしまうから、はみ出さない程度に書こうかなって思ってるところだよ。。。

Re: No title

Wは自由になれて、さらに家にも住めたら少しぐらい悪者になってもいいだろう、と言うか、悪いことがかっこいいと思うところがあるみたいなので、簡単に承知したんだろうなあと勝手に思ってます。
そのうちとばっちりが来るんじゃと、わたしも思うことがあるんです。
AはなんのためにこんなにWに尽くし続けるのか、本当にナゾです。彼女が強い人間なのか実は弱い人間なのかもずっと分からないままです。これからもナゾなままなんだと思います。。。。

プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。