スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清々しい季節がやって来た!と思ったら。。。

6月になり本格的に暖かくなってきた。日がとても長くなり、人々は毎日のように長い一日を楽しむようになった。テムズ川は太陽の光に反射されてキラキラと輝き、春に咲いた花が緑になり暖かい風の中で揺れていた。
わたしのツワリもすっかり消えて、嘘のように晴れやかな気分になった。お腹も少しだけ大きくなってきたのに気分がいいというだけで体も身軽になった気がして、ボートから岸にジャンプで飛び降りたり、キックボードで坂道を下ったりして旦那に何度も怒られた。

MAちゃんはこの月で1歳になろうとしていた。Aは彼女のために行きつけのパブで誕生会を計画していた。その話をするためにAがMAちゃんを連れてやってきたのに、話はまったく違う方向に行ってしまった。
Aが言うには、電気屋のSのロシア人の元奥さんは、娘を連れてボートを飛び出してからすぐにSを訴えて娘の親権を勝ち取り、養育費までもらい、国が援助してくれた家に住んでいるので自分も申し込んだら家を与えてもらえるかもしれないと言うのだ。
わたしもそれはいい考えだと思った。どう考えても、今の状況はAにもMAちゃんにも、そしてWにも良くない。
せっかく素晴らしい季節の真っ只中にいるのに、Aだけが幸せそうじゃないんだから、こうしていたら本当にもったいない。

しばらくしてAが今にも泣きそうな様相でやって来た。役所に住宅補助の申し込みに行って断られたと言うのだ。
Aは産休手当が終了したので、ナニーの仕事を再開していた。保育費が異常に高いので、小さいMAちゃんを一緒に連れて行って仕事をしていた。
役所の人が言うには、Aは仕事をしていて収入があったし、養育費も払う必要がない、そしていくらボート暮らしであろうとも住むところがあるので住宅補助は受けられないのだそうだ。
Aがいくら狭くて水もろくに使えず、料理もほとんどできない環境だと訴えても、そんなことはあり得ないし、第一今までやってこれたんだからこれからもできるはずだと言われたのだと言う。
確かにAの状況を目の当たりにしなければ、どんな暮らしをしているのか想像もつかないだろう。
Wが頻繁に水を汲んでくれたり、キッチンスペースを使いやすく改装でもしてくれたりなどしてもう少し生活できる環境にしてくれたらいいのだが、彼は究極の面倒くさがりなので、ボートは荒んでいくばかりだった。
それでも子育てをしながら仕事に行くA。どんなにがんばっても子供とWにお金は吸い取られていく。それでも家事も仕事もしなければいけない。役所に援助を断られ泣きたくなる気持ちも分かる。それでも、とりあえず住宅補助の空き待ちのリストに入れてはもらったが、家がなかったり、仕事が見つからなかったりして本当に困っていると役所が判断した人たちが優先なので、その順番はなかなか回って来そうもなかった。
AはどうしてSのロシア人の元妻が住宅補助をしてもらってイギリス人である自分が自国にいながらなんの援助ももらえないのか、Sの元妻は仕事もしたことがないのに、なぜ仕事をして税金を納めている自分がなにもしてもらえないのかと文句を言った。
うーん。ごもっともです。でも、ロシアもなかなか大変な国だし、いくら離婚してもS達の間には子供がいて、Sだって会う権利はあるだろうし、Sの元妻にロシアに帰って下さいと言うわけにはいかない。
いくらわたしが説明したところで、Aの訴えは変わらない。彼女は懲りずに役所に電話したり、相談しに行ったりを繰り返してはわたしのところにやってきて、同じようなことを何度も嘆いた。
その間、Wは相変わらずで、好き勝手なことばかりしてAを怒らせてばかりいた。
お役所さんよ、どうかAにも家を与えてくださいな。そうじゃなかったら、この清々しい季節にわたしは毎日Aの小言を聞く羽目になるんだよ。。。。
ボート仲間達が毎日本当に楽しそうに生きている中で、Aだけは少しも笑顔を見せずに文句ばかり言って過ごしていた。

そしてついに、我慢の限界に達したAはすごいことを思いついたのだ。

次回に続きます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すごいこと…まさかボートを粉々にしてしまった…?
そうですね、税金払ってる人達にとって移民に対する補助は考えたが良いと思います。仕事を見つけた人のみイギリスに入国できるようにするとか。
Aさんは、身をけずってまでして、どうして遊んでばかりのWさんといたいのか…?惚れたが最後ってやつでしょうか?
確かに人の愚痴をずっと聞いているのは疲れますよね、

Re: No title

ボートを粉々にって、Aもできることならしたかったでしょうねえ。いい案です(^-^)
わたしも移民なので何とも言えませんが、移民が多い国は色んな課題がありますよね。そしてどこの国でも移民には厳しい人たちっていますよね。仕事をしたらしたで、自分達の仕事を移民達に取られたって言う人たちもいるだろうし、難しい問題です。
Aは未だになぜWにこだわるのか、わたしの周りでは謎って言われてます。好きだからか、意地だからか、娘のために父親をそばにおいておきたいのか、家族というものにこだわっているのか、本当に女心って同性でも分からないことが多いです。
悪いとはわかってるんですが、同じ愚痴をいつも聞いてると、さすがのわたしも疲れちゃってました。。。。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。