スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりのテムズ川

ちょうど一年前に離れたテムズ川にまた戻って来た。コミュニティーのメンバーは変わっていなくて、何隻かの新しいボートと仲間が増えていた。
旦那がどんなふうにしてまたコミュニティーの中にボートを止める場所を確保したか知らないが、わたしが仕事から戻ると一年前の時のようにコミュニティーの中のボートとボートの間にわたし達のボート、「ダイアモンド」が収まっていた。
わたしはさっそく仲間達と挨拶を交わした。彼らは一年前と変わらず、皆ビールを片手にたむろしていた。旦那もすでに酔っ払っているようで、カナルにいた時はそれでも少しは小綺麗で服装に気を使っていたのに、1日にしてジャケットやジーンズが泥かオイルかなにかで黒ずんでいた。どうやったらこんなふうになるのだろうか。。。?
Wがビールの缶を開けてわたしに差し出し、言った。
「おめでとうー!妊娠したんだってな!」
あ、ありがとう。。。でも、ビールはいらないよ。。。
「おいっ、子供ができると大変だぞ。毎日ギャンギャン泣くし、物は増えるし、寝れないし居場所はないし。人生最悪だ。幸運を祈る!」
と、Wは旦那に言った。
相変わらず自己中なWだった。
ちょうどその時、Wのボートから赤ちゃんがギャンギャンと泣く声がした。そうだ、Aに久しぶりに会いに行かなければ。
AとWの娘はもう10ケ月半ぐらいになっていた。あと2カ月ほどでもう1歳になるのか。早いものだ。

Wのボートに行くと、AがMAちゃんを寝かしつけようとしていた。わたしが中に入ると、Aは久々の再会とわたしの妊娠を喜んでくれた。
わたし達のやり取りにMAちゃんはなぜか泣き止んだ。産まれたばかりの頃は未熟児で小さかったのに、彼女は1歳前とは思えないほどに大きく成長していて、赤ちゃんらしく丸っこくて緑の目がガラスみたいに輝き、金髪のサラサラの薄毛で天使のように可愛いかった。
Aは彼女が毎晩なかなか寝てくれなくて、まだ2、3時間おきに起きて泣くのだと言って疲れているようだった。
ボートの中にはたくさんの赤ちゃん用品やらおもちゃなどが山積みになっていて、狭い室内が更に狭く感じ、ソファー兼用のベットの上以外の居場所はなかった。
ベットはダブルサイズで、そこで親子3人で寝ているのだという。(そして犬も時々布団に潜り込んでくる。) WもAもどちらかと言うと大きめサイズだが、小さい赤ちゃんがよく押しつぶされずに今まで暮らしてきたかと感心した。
Aは出来合いのシングルパックになっているミルクを使っていた。それを温めるでもなく直接哺乳瓶にいれてMAちゃんにあげていた。毎日のことなのでいちいち温める用のガスや電力を使っていたら、日々持たないのだと言う。粉ミルクはボートに湿気が多いから使えないので、携帯用の出来合いミルクを買うしかないのでお金がかかると言い、MAちゃんをお風呂に入れるために自分は週に一度しかシャワーを浴びることができないと言った。
その年の冬はテムズ川ですら氷が浮くぐらい寒くて川の流れが早かったので、ボートを動かして水を汲んだりすることができなくて本当に大変で、薪ストーブのススで黒ずんでいくMAちゃんのベビー服を見るのが辛かったとAは涙目になった。
うーん、これから子供を持つわたしにはかなり現実的で考えさせる内容ばかりだ。
それに加えてWは遊んでばかりで仕事も気が向いたときしかしないし、Aのサポートは一度もしないのに、家事など自分の世話は押し付けるし、スペースがないと言ってMAちゃんのおもちゃを外に全部投げ捨てたこともあったのだと言う。
もうWのことなので子供ができて少し落ち着いたと思いきや、全然変わっていないので、わたしはAに同情はしても驚きはしなかった。
それよりも、変なことですごく驚いた。
AがMAちゃんがお腹が空いた時のために買い置きしておいたスナックをWがいつも全部食べてしまうのだと言う。
Aは自分の娘のお菓子を食べてしまうWが酷くて信じられない父親だと言ったが、見ると、大人や大きい子供が普通に食べる「カール」に似たパフ系の味の濃いスナック菓子だった。1人用サイズだが、1歳前の子供に与えるには明らかにカロリーも塩分も高い。これを普通に与えているAに驚いた。
MAちゃんがとても好きで1人用を全部食べきるのだと言う。
ええっ!いいの?
わたし、子供を育てたことがないからわからないが、おやつにこんなものを与えちゃいけない気がする。
しかも、離乳食は全て瓶詰めのインスタント類を使っていて、温めもせずに食べさせるのだと言う。
ボートの充電がなくなると冷蔵庫の温度も低くなったり、冷凍庫もろくに使えないので離乳食を作って保存できないし、環境からいってインスタントで済ます方が衛生的にも安心できるのだろう。水やガス、電化製品が思うように使えなかったら、小さい子供を抱えて細かい調理や洗い物を毎日こなすのは大変だ。しかも、ミルクも離乳食も高くつくし、乳児用のスナックまで買っていたらお金が続かない。子供を空腹にさせるよりは安いスナックを与えている方がマシなのだろう。完全に悪循環だ。

その夜、わたしはなんだかショックで眠れなかった。この環境で彼女はなぜそれでもWといて、ボートで子育てを続けているのだろうかと思った。彼女はイギリス人だし、田舎に帰れば母親もいるではないか。子供のことを考えたら、こうして暮らしていていいはずがない。
まだWが彼女をもっと助けて一緒に乗り越えてくれるのなら話は別だが、ほぼ全部彼女が1人で背負っているのだ。
しかも、MAちゃんは10ヶ月にもなるのにハイハイすらしていない。ただ座っているだけだという。ボートの中が狭すぎて動き回ることができないのだろうとAは心配していた。
自分と娘が窮屈な環境で暮らしているのに、それでもWといるのには、彼女なりに何か理由があるのだろう。Aの心の奥底を何も知らないわたしには、彼女に何も言うことはできなかった。

わたしにも子供が産まれて、確かに生活はガラリと変わるだろう。Aとあまり変わらない状況で狭いボートの中で洗濯機も冷凍庫も、便利なものは何一つない環境で子育てをしていくのだ。
大変なのは分かっていた。でも、始まってみないと分からない。子供が産まれて旦那が、わたしが、もしかして豹変してしまうのかもしれないし、大変でも助け合ってなんとかやっていけるかもしれない。
何にせよ、これから授かる命をどんなことをしても守っていかなければいけないのだと思った。Aもそうやって生きていることだけは心から理解できた。

久しぶりに戻って来たテムズ川、複雑な気持ちでわたしは仲間達が騒ぐ声を聞きながら、ベットの中で眠れない夜を過ごした。

コメントの投稿

非公開コメント

そうかあ〜〜

MAちゃん、太る訳だね。
その環境はすさまじいね。
想像できるけど…。
なんか可哀想。

Re: そうかあ〜〜

そうだよねえ。。。
それでもいいことは、MAちゃんはAにすごく大切にされてあの頃からずっと幸せそうだよ。
それが一番大事だよねー。

No title

うーん、なぜAさんはWさんと一緒にいるのでしょう?何かの情で一緒にいることを選んでるのか、諦めてるのか。何にせよ、ボートでの大変な子育てになるようで…でもそこからアイディアが得れる!?
またまたテムズ川に戻ったんですねー。嬉しいような?複雑な気持ちでしょうかね。旦那さんの「まあ、なんとかなるさ〜」くらいで日々を過ごすのがコツでしょうかねえ?(笑)

Re: No title

AがなぜWにこだわるかはすごくナゾです。普通なら他にいい人を探す方が自分と子供のためにもいいと思うんですが。。。
テムズ川に戻ってみたら、良かったのか悪かったのか複雑な気持ちでした。。。本当に、旦那みたいになんとかして、なんとかなってるよ〜って生きれたら楽ですよねー。(笑)
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。