スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎の男、一体何しにきたんだ?

2010年4月、もう月も半ばに差し掛かろうとしているのに、この年はまだ冬のコートが欠かせないぐらい寒かった。その寒さの中、わたし達はテムズ川のコミュニティーに戻ることにした。通勤は不便になるが、いくつかの理由があった。まず、わたし達の郵便物が届く私書箱をコミュニティーの周辺で年間払いで借りていて、住所がそこにあると言うのが一番の理由だった。使っている住所の近くの診療所に登録していたし、妊娠中の検診もその辺りだし、大事な郵便物もすぐに取りに行けるので、便利だった。
それと、やはり気心が知れた仲間が近くにいるというのは安心できる。カナルでも助け合える仲間はできたが、ボート生活を1から手助けしてくれた仲間達には敵わなかったのかもしれない。

テムズ川に戻るには、またあの過酷な10以上の水門を通らなければいけなかった。妊娠初期のしかもつわり真っ只中のわたしに寒空の中で水門の開け閉めをして欲しくないと言って旦那は友人二人に手伝ってもらうことにした。1人はアパートからボートに引っ越したときに手伝ってくれた男友達で、もう1人は旦那とわたしの共通の友人で長い付き合いがある女友達のJeだ。Jeはボートでカナルからテムズに向かうと聞いて自分から一緒に行きたいと申し出てきたのだ。そして、謎のボーイフレンドを連れて来た。
謎の男はドイツが嫌いなドイツ人で、何を思ったのか釣竿を持ってやって来た。そして、みんなが水門の開け閉めに奮闘しているときに釣竿をたらしたり、寒いだのお腹が空いただのと言いながらボートの中に何度も入ってきて、訳のわからない自慢話をしたり、勝手に紅茶やサンドイッチを作ったりして、水門作業には一瞬たりとも参加しなかった。Jeが何度か呼びに来たが、テレビを見ているから外には出ないと言ってソファーを占領してくつろいでいた。
あの、ここはあなた様の家ですか?と言うか、何しに来た?
わたしは揺れるボートの中でつわりでかなり弱っていたので、謎の男が中に入って来るたびに居心地が悪くなった。
息苦しくなるので外に出てみるが、皆に寒いから中に入れだの、滑って川に落ちたらどうするんだだのと言われ、渋々中に入ったり、時々また外に出て、ボートを操作中の旦那の横に立ってみたりしたが、友人2人が懸命に水門を開け閉めしているのを黙って見ているのが悪い気がしてまた中に入ったりを繰り返して1日を過ごした。

朝早くに出発して、やっとテムズ川の手前の大きい水門まで着いた頃には、夜もだいぶ更けていた。大きい水門は予約して開けてもらわないといけないので、移動はそで終了ということになり、1週間そこに滞在してからテムズ川に出ることにした。
近くにレストランがあったので、旦那がお礼に皆に夕食をご馳走することになった。と言うか、何もしないでダラダラしていた謎の男にまでご馳走するのか?とわたしは思ったが、しない訳にはいかないだろう。
食事中、旦那の男友達が「こんな風に移動するなんて、結構たいへんだなあ。ボート生活も優雅なだけじゃないんだなぁ。」と言うと、それを皮切りに謎の男が何故そこまで?と言うことを言い出した。
「ボート生活はワイルドだと思ったが、退屈だなあ。釣りさえもゆっくりできないし、中は狭いし、トイレもキッチンも使い辛いし。なんだかムダな1日を過ごしたよ。オレならこんな暮らしはムリだな。」
は?は?はー?
わたし、今まで色んな変な人に会ったことがあるけど、ここまで失礼な人はまれに見ないよ!本当に!
旦那もJeも怒るかと思いきや、軽く話題を変えて無視しているようだった。
しまいには、帰り際、ボートの移動でムダに遅くなったので泊まって行くと言い出し、わたしが恐ろしくて固まっているのをJeも察したようで、謎の男を引っ張るようにして急いで帰って行った。

どっと疲れたわたしは、いったいその日はなんだったのかと思い、ボート仲間達も変わった人が多いが、日々暮らしている日常にも変な人がいるもんなんだよなあとつくづく思った。
ん?待てよ。
旦那と2人でテムズ川の仲間達は安心できると話してコミュニティーに戻ることになったが、突然思い出した!またWを含めた仲間達に振り回される日々がやって来るのだ。
いいんだか悪いんだか。。。
これからのことはコミュニティーに移動してから考えよう。Wも父親になって落ち着いただろうし、Wの彼女のAも黙っていないだろうから、前のようにハチャメチャな暮らしではないはずだ。
わたしはそう思って、とりあえずカナル生活最後の一週間をのんびりと過ごそうと思った。
その時はまだWも仲間達も更にパワーアップしているなどとは気づきもせずに。

コメントの投稿

非公開コメント

Wパワーアップ!

なにその変な人〜。
でも、1日で会わなくてよくなって、よかった。

心配なのはWだよ〜〜。
平穏はなさそう…。

Re: Wパワーアップ!

その変な人、あれから数回は会うことになったんだけど、会うたびにビックリな人だったよ。。。
Wはまた色々とやってくれたよ。これからWに負けないほどの強烈キャラが登場してくるから待っててね。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。