スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさかこのタイミングでっ!

2010年の1月、2月のイギリスは寒波に襲われ大雪が降った。カナル(運河)の水は完全に凍ってしまい、その氷の上をカモやリスなどが歩いていた。
辺りは白一面で空気が澄み、毎日おとぎ話の中にいるというのはこんな気分なのかと思うぐらいに美しい景色を見ることができた。
その反面でわたし達のボートはどこにも移動できなくなり、トイレの汲み取りや水の補給に行けなくなったが、ラッキーなことに働いている施設にシャワー室があったので、そこでしのぐことができた。

わたしは出勤数が週3日に減り、少し自分の時間ができた。そう思った途端、すごいことに気がついた。毎月周期的に来るはずのものが来ていないのではないか?一体何日遅れてるのだろう。。。?
妊婦のことなど忘れようと年越しに誓ってから本当にどうでもいいぐらいに忘れていて、手帳にもカレンダーにも何も書いてなかったのだ。でも、明らかに2ヶ月近くは遅れている。
わたしは焦った。どうしよう!どうしよう!
慌てて旦那に言った。
「あたし、40代に入る前に生理上がっちゃったみたい!」
旦那が「まさか!」と言う顔をしながら、妊娠検査薬で見てみたのかと聞くので、わたしはそんなものは持っていないと答えた。しかも、翌日購入しようという旦那に、わたしはお金の無駄使いだからやめようとまで言った。
それでも、そう言われると気になる。翌日、旦那が仕事に出かけるのと一緒に、わたしはスーパーに出向いて検査薬を買った。
早いうちに職場から旦那が電話をかけてきて検査したのかと聞くので、わたしは旦那が帰って来るまで待つと言った。一旦電話は切ったものの、5分後に旦那が電話をかけてきて、仕事が手につかないから、やっぱり今のうちに検査してみてくれと言う。仕事が手につくもつかないも、毎日暇でスタッフとお茶しながら喋ってばっかりじゃん、と思ったが、よっぽど気になるのだろう。わたしは検査薬を使うことにした。
すると、なんと!わっ!でた!陽性!
わたしはあまりにも驚いて、「で、出たー!!」と、一人で悲鳴をあげてしまった。そして何度も説明書を読み直す。間違えはなさそうだ。
急いで旦那に電話して陽性だったと言うと、旦那も「うわ、うわ、あう、あう。。」などと呪文のような言葉を発して、早めに帰ると言って電話を切った。
その頃旦那は、ちょうど自分とスタッフ用にコーヒーを入れていて、その途中でわたしから電話がかかってきて陽性反応が出たと聞かされたので、心底同様し手が震え、トレーに入れて運んでいたコーヒーがスタッフの前に出された時には半分以上溢れていたそうな。。。。

と言うことで、結婚5年目にしてわたしは妊娠した。はたと気がつくと、タバコを吸い始め、葉酸を飲むのを止め、正月3日間好きなだけ飲んでジャンクフードばかり食べて過ごした。まさかこんなタイミングで妊娠するとは。。。
後悔するより行動だと、また健康的な生活に戻った。今からでも間に合う。間に合うのか?
嬉しさと、動揺と、不安と、そして、喜びが一気にやってきた。今でも忘れられない特別な1日だった。

ちなみに、旦那はその日仕事を早めに終わらせて急いで帰宅する途中で、ポンコツ車が突然止まり、ロードサービスを呼んで結構な金額を請求され、夜中近くに帰って来た。そしてお祝いだとワインを買って来たのに、妊娠中なので飲まないとわたしに断られ、しょんぼりとしていた。
物事はいつも思うように進まないものだ。
また色々なハプニングが起きてドタバタしそうな予感がした。

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとう

そんなタイミングだったんだねー。
すごいね!良かった。
旦那さんの動揺ぶりが目に浮かぶようだよ。
とうとうここまできたんだね。

No title

旦那さんがワイン買ってきたことに笑える〜。でもなんか想像できる。きっとスカイさんと同じく嬉しかったんでしょうね。
毎月のもんはないほうが楽ではあるけど、妊娠望むのであれば必須ですもんね。
私達は子供を作らないので、私は妊娠しない(しないようにしている)けど、自分達の子供ってどんなだろう?とふっと思うことはあります。
私の母親は、「子育ては一番やりがいのある仕事」と言います。
しかーし!その後はどうなったのでしょう?

Re: おめでとう

そう、ありえないタイミングだったんだよ。
よねっちも知っての通り、旦那、分かりやすい性格だよ。表面に出すぎて時々ハラハラすることもあるくらい(笑)
とうとうここまできたんだね。現在まであと4年半もあるね。がんばって書くよー!

Re: No title

子育てはやりがいのある仕事ですかー。言われてみればそうなんだ!と思いました。Junebugさんのお母さんの言ってることに共感です。
わたしの周りにも、子供を作らない方針の夫婦がいます。すごく仲良しでステキな2人です。色んな生き方があって、みんな同じじゃないっていうのはすごくいいことだと思います。
わたしは、子供を持ったからと言って自分達の生活はそんなに変わらないと思っていましたが、やっぱり激変しました。それはそれでもちろん幸せですが、そうじゃない人達もいるんですよね。十人十色って本当です。
この後、色んなことが起こります。わたしが一番書きたくて、でも本当は思い出したくないことばかりですが、その時々の変化がうまく伝えられたらいいなと思っています。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。