スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいビジネスがついに始まった

正月が明けて一週間後にわたしと旦那はオックスフォードの新しい職場になる施設に出向いた。
中は室内の大きな遊び場と幼児用コーナーと食事もできるカフェ、外には遊技場とピクニックができるエリアもあり、施設内にはプライベートで貸し切れるような個室も2つぐらいあった。そして、スタッフルームも充実していた。
もともとそこは子供の遊び場の施設で経営困難に至って閉店し、それをわたし達の雇用主がそのままの状態で買い取ったのだという。
施設自体は申し分ないのだが、しばらく人の手が入っていなかったので施設内は本格的な掃除や改装が少し必要だった。それなのに雇用主は一週間後にオープニングパーティーをすると言って、わたし達は泊まり込みでその準備をすることになった。
なんとその一週間の間に新しいスタッフを数人募集して、面接し、オープニングパーティー当日から何のトレーニングもなしに働いてもらうのだそうだ。
なんだか全然何も計画されてなく、かなり行き当たりバッタリでいいのかと疑問に思いながらも、わたし達は一週間とにかくやれることをやり尽くした。

オープニングパーティー当日、どこから呼んできたのか三流芸能人までセレモニーに参加し、カフェも新鮮で無添加の食材を使い、ヘルシーなメニューと宣伝しておきながら、キッチンの設備が追いつかず、結局サンドイッチなどありきたりのメニューと出来合いのオーガニックスナックやケーキなどを無理やり揃えただけだった。
朝10時にオープンで、週末なのに昼ぐらいまで誰も客は現れず、午後にポツリ、ポツリと人が入り始め、とりあえず3時過ぎにはたくさんの人が集まってくれた。
わたし達の雇用主と旦那が必死でショーをしたり、三流芸能人が聞いたこともない歌を歌ったりして盛り上がったが、カフェの食べ物が追いつかず、わたしとスタッフは機械のようにサンドイッチとコーヒーを作り続け、レジ担当の雇用主の旦那は慣れない仕事に目が回ってしまい、ミスばかりしてメチャクチャだった。
実際わたし、どんなにイギリス生活が長いからと言って英語が現地人達に追いつくはずもなく、一度に色んなことを言われても意識が一瞬どこかに行ってしまったみたいになるので、相手がなんのことを話しているのか分からなくなり、ちょっと使えない人状態になってしまう。
ふー、こんなんだったら、先が思いやられるよ、と不安になってしまった。
無事になんとかオープニングパーティーが終了し、これから改善しなければいけない課題はたくさんあった。夜中近くまで後片付けとミーティングで、雇用主夫婦と旦那とわたしはほとんど寝てなかったが、翌日からまた気分も新たに仕事を再開しなければいけなかった。
翌日、前日の賑やかさはどこへやら、集客はたったの3家族ほどで静かに1日が終了したので、わたし達は久しぶりにまともにボートに帰ることができた。
夜7時に帰宅して、朝8時出勤。行きも帰りも旦那は運転をしなければいけないが、わたしはボウっと助手席に座っているだけなので、そんなに悪くない。まあまあやっていけそうだった。

オープンしてから3週間がたった。週末は少し賑やかになるが、平日はガラガラだった。
わたし達が働いていた施設は民家から少し離れた場所で、周りには工場や寂れた建物があり、バス停や電車の駅も離れていたので分かりずらく、車がなければ行けないようなところだった。客を呼ぶには時間がかかりそうな感じだったのだ。
日々あまりにも暇なので雇用主がスタッフの働く日数をしばらく減らすと言ってきた。旦那はメインなので週5日出勤のままだが、わたしを含め、あと3人いるスタッフが週3日に減ることになった。
わたしは少し安心した。スタッフ達とも慣れてきて雰囲気もいい感じにはなってきたが、なんだか毎日眠くて異常に疲れるので、体力的を取り戻すために日数が減るのは好都合だったのと、もともと時給が前の仕事の倍ほどだったので、週3日にしてもまだやっていけそうな給料をもらうことができたからだ。
その時、イギリスは冬真っ只中で例年よりも寒い冬だった。もう少し暖かくなったら客も増えて賑やかになるだろうと誰もが予想していた。
それが一ヶ月もしないうちに大変なことが起きて、思わぬ展開になることなど誰も思いつきもしなかったのだ。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うーん、あまり計画性のない事業だったのか!?しかもいつもより寒い冬に何かしら予期せぬ事が待っている……
やはり場所というのは大事ですね。人を呼ぶって大変なことだと思います。一度来るともういいや〜と思われるとおしまいですよね。ロンドンのカフェやレストランにしても「うーん、もういいかな」と思われたらアウトですよね…
異常に眠たいのは体調の変化とみた!(笑)

Re: No title

本当に計画性のない事業でした。。。施設の内容だけを見たら人がたくさん来て賑わいそうなところなのに、場所がすごく悪かったのだと思います。人が来なくて本当に暇でした。。。確かに、あれぐらいの施設は他にもあるので、みんな行きやすいところに行くし、一度行ったらこんなもんかあ、じゃあ別にあそこまで行かなくてもなあってなると思います。事業をするなら、そこまで計算してやってほしかったです、本当に。
そうなんです。体調の変化でした(笑) あたしはてっきり、働きすぎて疲れがたまっているんだとばっかり思っていました。。。

ハードワークだー

スカイさん、初期は安静にしてなきゃならないのに、そんな仕事頑張っていたんだね。
前に会った時は、本当に英語が上達していたけど、5年前はまだ固まることもあったんだね〜〜。
ほんといつもドタバタで面白いよ!

Re: ハードワークだー

生活がかかってるからがんばったよー。しかも全然気がついてなかったし。。。
英語が上達したって言ってもらって嬉しいよ。ありがとう!まだまだ覚えることはいっぱいで、ついつい怠けて日本語環境に逃げてしまうことも多いよ。これからもっとドタバタしていくから楽しみにしててねー。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。