スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大切な水の使い方

今日はボート生活でわたし達がどんなふうに水を使ってるかです。

まず、旦那は週に1、2回。わたしは2日おきに流し洗い厳禁でシャワーを浴びる。娘は旦那が毎日仕事帰りに5リットルのボトルの水を2本持ってくるので、それをヤカンで沸かして10センチほどの浅いお風呂に入る。
 娘の入浴が終わったら、その水でわたしが髪を洗う。リンスだけはキレイなお湯で流す。その後旦那がその水で足を洗う。と、その10リットルはかなり有効に使われる。
シャワーだけではない。食器を洗うのもなかなか面倒だ。流し洗いなど絶対にできないので、食器についた泡を流すたびに一回一回水を止めなければいけない。
右手で蛇口を押さえながら、左手に持っている食器をさっと流して、すぐに止めるという早業だ。
手はできるだけまとめて洗うようにするので、薪ストーブやトイレ掃除、床掃除など、できることをやってしまってから手を洗う。
料理もできるだけ鍋一つとか、フライパン使い回しなどする。
 そして、洗濯はもちろんコインランドリー。子供がいると、洗濯物は相当な量になるので、自分達の服、シーツやタオル類はマメに洗ってなんかいられない。
まとめ洗いなので、洋服は黒やグレーなど、同じような色の服を着る。

こんな感じで大切な水をセコく使っているのに、前に話した「渡り橋事件」のようなことが起きたら、本当に悔しいのだ。ましてや、シャワーを浴びた次の日だったりしたら、シャワー1回分の水を無駄にするのだ。
ちなみに、シャワーなどのお湯はこんなふうに作られる。
まずはガスを付けて、サーモスタットとボイラーのスイッチを入れる。わたし、この仕組みがよく分からなくて、旦那もナゼだろうと言うのだが、とにかくこのスイッチを全部作動させないとお湯はできない。もしも一つでも付け忘れたら、ムダに時間と電力またはガスを消費させることになるのだ。
 ついでにエンジンでもお湯が作れる。そのときは、エンジンを付ける作業だけでいい。
 シャワー室は大人が一人立ってギリギリという狭さだ。
 ボートによってはもちろん、バスタブがあったりマンション並みのシャワー室があったりするが、うちのボートは庶民価格のボート。ん?庶民以下かも。。。

201402210743087fc.jpg

次回は、これもまたよく聞かれる「トイレ」についてです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。