スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしが家出している間になんとかなっていた

わたしがボートに戻ると旦那はまだ帰っていないようだった。
ボート仲間達が外でくつろいでいて、わたしを見るなり「家出妻が帰って来たー。」と言ってみんな笑った。
MAの彼女が「わたしも彼に愛想尽かして出て行ったことあるの。」と言って同情してくれた。
なあんだ。あたしが家出したこと旦那はみんなに言ってたんだ。ってことは、旦那は気にしてたのか、それともおもしろがってたか、どっちだ?

ボート仲間達と話していると少しして遠くから旦那らしき人が見えた。台車に何かを積んで重そうにゆっくりとこっちにやって来る。
なんだろう?まさか発電機?いやいや、わたし達には絶対に発電機を買えるお金なんてない。
ってことは、旦那は何を一体運んでるんだろう。
旦那はわたしを見るなり、「風呂でも入ってゆっくりしてきたかー?」と言った。
旦那、そこは謝るところだろう。。。
それよりも、旦那が持って来た黒いプラスチックの箱3つ、それはなんなんだろう。
「ANが安く入手できるっていうから、バッテリーを買ったんだ。」
え!?一体どこにそんなお金が!?
旦那は続ける。「今バッテリー買いに行って、ANに車でそこまで送ってもらったんだ。また明日部品を調達してエンジンを直しに来るって。」
なんだ、なんだ!?たった数日の家出をしている間に何があったんだろう??
聞くと、わたしが出て行った翌日、旦那はテムズ川の仲間の一人、エンジニアのおじさんANにどうやってエンジンから部品を取り出すか聞くために電話をしたら、わたしが家出したと聞いたANが旦那に同情してすぐにエンジンを見に来てくれたのだと言う。そして、すぐに部品を取り出し彼の仕入先に連絡すると、部品はすぐに発注してくれるそうで、ついでにバッテリーも2つ以上買うと安くしてもらえる話をつけてくれたのだそうだ。
うーん、こうなるのを分かっていて旦那はのんきにしていたのだろうか?
ブチ切れて家出したわたしの立場はいったい。。。。
それにしても、旦那の銀行の残高は確実にマイナス、下手したらマイナスの限度額を超えてるかもしれない。。。。
そうだとしても、やはり発電機を買うよりは安いし、エンジンの負担も減る。もちろんディーゼルの節約にもなる。仕方がないとしか言いようがない。

翌日、ANは部品を持ってエンジンを修理しに来てくれた。
ロンドンの南から北までわざわざ来てくれたのだ。しかも、無償でやってくれると言うので、恐縮した旦那がビール6本と有り金を叩いていくらかお金を渡した。
わたし達のためにエンジンを直しに来てくれたANに、わたしはすごく感動した。ANは相変わらず犬の毛をジャケットやジーンズにたくさんつけて、いつ洗ったのか分からない脂っぽく長い髪でホームレスさながらの身なりだったが、優しくて気さくで、わたしは安心できた。
またあの騒がしいテムズ川のコミュニティーを思い出し、いつかあそこに戻りたいとも思ったりした。(戻ったら戻ったでまた問題ばかりおこるのだが。。。)

バッテリーは3つともしっかり充電してあって、3日は持つのだそうだ。
発電機をいつか無事に購入できたら、バッテリーをもう2つぐらい増やしたいと旦那は言った。
ええー、まだなんか必要なの!?貧乏生活がいつまでも続きそうで気が遠くなりそうになった。
発電機が壊れてから嫌なことばかり続いたが、今回はANのおかげでなんとかなった。ボート仲間がいなければ、わたし達は一体どうなっていたのだろう。
そして、わたし達のボート生活が快適になるのは本当にいつのことやら。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

例のANさんですね〜。家出したって聞いてスカイさんに同情したのでは!?結局謝りとかはなかったんですね?風呂入ったかってねえ……
本当にボート仲間の繋がりって大事みたいですね。色んな方が居るでしょうが。まあどこでもそうですよね。
今日テレビで、初老のカップルのカナルボート生活と旅行が近々放映されるとありました。なんか面白そうでしたよ。great canal journey とかいうタイトルだったような。

Re: No title

例のANです。すぐに分かってもらえて嬉しいです。そうか、旦那にじゃなくてわたしに同情したのかもしれないですねえ。
旦那、本当に素直に謝らないんです。悪いとすら思わないんですよねえ。付き合ってた頃はよく謝ってくれたんですけどねえ。。。
Great canal journeyって番組おもしろそうですね!さっそくチェックしてみます!情報ありがとうございます。
テレビでボート生活してる人を見るっていうのも楽しそうですねえ。

No title

なんとかなっちゃうもんだね〜。
でも、せっかく家出した甲斐がないってもんだね。

ボートコミュニティの人々も、みんな親切だね。
人のつながりって大事だね。
ほんとうにそう思う。

Re: No title

よねっち
せっかくコメントしてくれてたのに、あたし、返事してなかったよね。
人のつながりって言えば、最近また少しずつボート仲間たちに色んな変化が襲ってるよ。
みんなのつながりがずっと続くといいんだけどねえ。。。
ブログ、早く今の状況まで書き進めないとね。
いつも見てくれてありがとう!
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。