スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんと、今度はエンジンが壊れてしまった

2009年10月、ロンドンは秋真っ只中。わたし達が停滞していた場所は自然に囲まれていて、イギリスの紅葉を楽しむことができた。
発電機がない生活が始まって3週間ほどがたった。
旦那はテレビを毎日見るのをやめた。ケータイとパソコンを充電するために一日置きにボートのエンジンを2時間ほどつけるので、その時だけはテレビを見ることができた。
エンジン音と振動の中でこの生活はどれだけ続くのだろうかと思っていたら、それもすぐに終了してしまった。

エンジンが壊れたのだ。

それはそうだ。エンジンはボートを動かすものであって、ボートを充電するためだけにあるのではない。壊れたっておかしくはない。
ということで、わたし達はケータイが充電できないどころか、ボートまでも充電できなくなった。と同時に電気もつかないし、電気で水を組み上げるモーターも動かなくなるので水も使えなくなる。急いでエンジンを修理しなければいけない。

旦那がエンジンをチェックしたが、直すには特別な部品を買い換えなければいけないようだった。そして交換作業は少し難しい部分なので、旦那は自分で修理するのには限界があると言うのだ。
エンジンが壊れたのはよりにもよって金曜日の夕方だった。いくつかのボート専門店に電話で問い合わせてみたが、部品を今から注文しても週末なので早くても月曜日、下手したら一週間ほどかかると言う店もあった。
とりあえず難しい場所にある部品を旦那が取り出して、部品番号だか部品名だかをはっきりさせないと注文さえできないようだった。
旦那は部品の取り外し作業に自信がないのかなんなのか、なかなか部品を取り外そうとしない。
わたしにしてみれば、土曜日のうちに部品を取り外して、一刻も早く新しい部品を注文する手続きをとって欲しかった。それでなくても不便なボート生活、これ以上の不便なんて冗談じゃない。

土曜日の朝、このままだとその夜にでも充電がなくなりそうなのでわたしが心配していると、旦那がのんきにありえないことを言った。
「今日は友達の誕生日だから、そいつと飲みに行くってことになったから出かけるんだけど、一緒に来ないか?」
は?エンジンを直さなきゃいけないからお金をセーブしなきゃいけないのに飲みに行くって、一体。。。旦那は翌日休みだったが、わたしは仕事があるので、わたしは誘いをすぐに断った。
旦那が言う友達とは旦那の幼なじみなので、まさか彼の誕生日に出かけるなとは言えない。
わたしは一人で充電の切れかかったボートで過ごすことにした。
夜8時を過ぎると照明が徐々に暗くなってきた。そろそろ水も使えなくなるので、わたしは急いで歯を磨いたりした。電気がもったいないのでロウソクをいくつかつける。そして、職場でケータイを充電することにして、充電器をカバンに入れた。
それから、特にやることもなくなってしまったので、さっさと寝ることにした。
旦那はいつ帰って来るかわからないので、せめて翌日にでもエンジンの部品を取り外して欲しいと願いながら眠りについたのだ。

翌日、だいたいの予想はついていたが旦那はまだ帰ってきていなかったので、わたしは仕事にでかけた。その朝すでに電気も水も使えなくなっていたので、わたしはどうしても旦那にエンジンをなんとかしなければと言わなければいけなかった。
休憩時間に旦那に電話をする。昼頃にはいくらなんでも戻っているだろうと思ったが、旦那は電話にでなかった。仕方がないのでわたしはメッセージを残す。それでも返事がないので午後にまた電話をすると留守番電話にすぐに切り替わった。どうやら旦那のケータイの充電が切れたらしい。
しかたなく夕方にそのまま帰宅すると、旦那はいなかったのだ。まさかまだ帰って来てないということはないだろうなあ、どこかに行っているのかなあと思っていると、旦那が帰って来た。旦那の幼なじみと一緒に。しかも、二人共ベロンベロンに酔っ払って戻って来たのだ。。。。。
わたし、絶句。。。。
この状態だと、絶対に旦那がエンジンから部品を取り外す作業をしていたとは到底思えない。
わたし達、一体どうなるのだろうか。。。。

次回に続きます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いくら私でも(かな〜りのんびり屋で彼は私にすぐキレます)怒るだろうな、その状況。やはり旦那さんは「ああ、この状況だけど、ま、なんとかするさ。でも明日は友達の誕生日だから行こうっと」な感じでさほど先を心配しない方なのかな…良し悪しってとこでしょうか。
2人を川にさぞ突き落としかったのでは!?(笑)

Re: No title

今でも忘れられないぐらい、あの時は本当に怒っちゃいましたよー。
旦那、自分のことよりも何かと親友を優先するので、そのとばっちりがこっちに来るって感じです。。。。
本当、あの時二人とも川に突き落としてやればよかったです。(笑)

何?エンジンまで!

10月のロンドンはだいぶ寒いけど、悲惨すぎる。
当時はまだ子どもがいなかったから、楽観視していたのかな?

Re: 何?エンジンまで!

楽観視してたか、発電機もエンジンも壊れてどうでもいいと思ってたか、とりあえず週末だから仕方がないと思ってたかって感じだと思う。幼なじみが誕生日だから飲みに行こうって誘ってきたら、絶対に行くしねえ。。。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。