スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに旦那も本当にキレた

旦那がビールを飲みながら満足そうにサッカーを見ている。彼にとってささやかな幸せのひとときだ。
わたしはワールドカップは大好きだが、プレミアリーグはよくわからないので、パソコンをしながら試合を流し見る。
試合は後半戦。2ー1だったか、1-1だったか、とにかく最後まで見ないとわからないような試合だった。旦那はテレビの前で相手に聞こえない声援を送る。と、テレビが突然消えた。
旦那はよっぽどいいところで途切れたらしく、「うおー!」と悲観のうねり声をあげた。急いで外に出るとTが発電機を中にしまおうとしている。
「2時間だけって頼んだじゃないか。まだ試合の途中なんだぞ。」と旦那が言うと、Tは「明日仕事で早く寝るから、もう中にしまうよ。」と言った。
と言ってもまだ夜の9時前。9月中旬のこの時期は、まだ少し明るい。
それでも旦那には言い争いをしているヒマはない。急いでボートのエンジンをつけて、試合の続きを見だした。
少しすると、誰かがボートをノックしている。旦那が少しイラついた様子で応対すると、またもやサッカー観戦の邪魔をするのはTだった。Tは言った。
「明日仕事で朝早いってさっき言ったじゃないか。うるさいからエンジン消してくれよ。」
ブチンッと音はしないまでも、わたしにはすぐに分かった。旦那、今のでキレた。
それでも、絶対に最後まで見ると決めた試合。旦那、とりあえずぶっきらぼうに「ノー。」とだけ言ってドアを閉めた。
さて、試合も終了して旦那はテレビとエンジンを消すと、直ちにTのボートをノックしに行った。
Tは何か旦那の殺気にKがついたらしく、ドアから顔を出すと愛想笑いをしながら旦那が何か言う前に言い訳をし出した。
「すまん。テレビを見ると言ってた2時間は発電機をつけて置いたんだが、買ったばかりの発電機を長くつけっぱなしにして壊れやすくなったら困るからさあ。しかも明日朝早いし。」
旦那、本格的にキレた!
「お前は友達よりも発電機が大事なのか!F*** OFF!」
そして旦那、もうブレーキがきかない暴走車のように怒鳴り散らす。
今までの経過で旦那もわたしと同じ気持ちで、それでも周りに嫌われているTを思って黙っていたのだ。その思いを全部吐き出す。しかも、区切りごとにFワード付きで。。。。
しまいには「今すぐ掃除機を使うから、お前の発電機を貸せっ!そんなにいい発電機なら、掃除機の電圧ぐらいじゃ壊れないだろう。今すぐ発電機をだせっ!」
わっ!旦那、ヤクザみたいになってる。。。
Tは今にも泣きそうに立ちすくんでいる。
外ではボート仲間達がまだたむろしていたので、ほぼ全員が旦那の言い分を聞いていた。
わたしと旦那はTに発電機を壊された過程を誰にも言ってなかったので、内容を知ってボート仲間達は驚いていたようだった。
MAがゆっくりとやって来て、かなり冷静に「お前、サイテーな奴だなあ。」とTに言うと、いつもは調子良く言い訳をするTが、まるで瞬間冷凍されたように硬直状況になってしまった。
わたしはTに同情すらできなかった。と言うか、彼に言いたかったことを旦那が全部言ってくれたので、これで良かったのかなと思った。
そして翌早朝、Tはボートごとどこかに行ってしまった。

その後、わたし達の発電機が壊れてしまったことを知ったボート仲間達は、必要なときにいつでも発電機を使っていいとわたし達に言ってくれたが、旦那は誰からも発電機を借りようとはしなかった。
そうして、わたし達の暮らしもまた完全に振り出しに戻った。発電機を買うまで更に切り詰めてやっていかなければいけない。
Tと旦那の仲ができれば避けたかった状況で切れてしまったので、旦那はしばらくTに悪いことをしたなあと言っていたが、旦那よ、そんなことを心配するよりも発電機が壊れてしまったせいで、不便な生活に戻ってしまったことを心配してくださいよ。。。。

わたし達の生活が、あれよあれよと言う間に悪化していったのだった。



コメントの投稿

非公開コメント

ついにきたか!

あの温厚なだんなさんがキレるのはすごいね!
それからTさんには会ってないの?
ますます悪化していく生活に、目が離せないよ!書籍化してほしい!

Re: ついにきたか!

それからTと?会わないわけないじゃんってぐらい彼は調子がいいから、時間が経ったら忘れたフリして旦那に電話してくるってタイプだよ。困っちゃうねえ。
悪化していく生活を思い出しながら書いてると、今は笑えることばっかり。次もまた楽しみにしてねー。

No title

そうか、とうとう切れたんですね。いいんじゃないですか?普段穏やかな人が怒ると怖いもんですよね。Tさんは、きっとしばらくは姿を消すんでしょう。それはそれで良かったと思います。いつかフラッと現れるでしょう。
それよりも、今後の自分達の生活ですよねー?でも…周囲のボート仲間が発電機使っていいよ、とか嬉しいですね。それだけ信頼?されてるんですよー。

Re: No title

そうです。Tみたいな感じの人は周りに何人かいるんですが、調子良くって適当で、都合が悪くなると雲隠れして、また何事もなかったように現れるって感じです。怒るだけ体力のムダって気もします。。。
そして、その後ですよ。発電機が壊れて少し大変でした。その代わり、いつもいい人達に恵まれていることに感謝しなきゃですね。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。