スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題はどこに行っても付いて来る

ブログを見てくれてるみなさん、あけましておめでとうございます。
今年もできるだけマメに更新できるようにがんばりますので、よろしくお願いします。

それでは、前回からの続きです。

ビクトリアパークに居ついてから、停滞場所にボートがどんどん増え始めた。旦那と仲が良くなったMAが、旦那に他の場所に移動しようと提案した。そこの方が静かでスペースもたくさんあるという。
旦那がイヤだと言うはずがない。わたし達はすぐに新しい場所に移動することになった。
場所はロンドンの北、ハックニー地区。カナル(運河)とリー川という川の中間地点だ。
停滞した場所はフィルターベットと呼ばれる18から19世紀に下水処理場だったところの真ん前で、自然保護地区になっている。今でも、昔の下水処理場の跡が古墳のように残っている。なんだか少し神秘的なところだ。
これまで一緒に移動を続けてきたTとJももちろん一緒だが、他に4隻のボートも一緒に移動した。
若い女の子が所有するカナルボート、いつも一輪車を乗り回し、ヒッピーみたいな格好の変わったおじさんのボート、中年英国紳士と優しいお姉さんのカップルのカナルボート、そしてパーティー大好きのイギリス人女性とフランス人男性の中年カップルの大きいハウスボート。
7隻のボートが一気に移動。。。って、静けさとスペースを求めての移動なのに、ちょっと多すぎないか?
わたしにしてみれば、どっちにいてもバス一本で職場まで30分という距離なので、景色が変わったぐらいでほとんど何も変わらない。

フィルターベットに着くと、他にも3隻ほどボートが止めてあった。10隻のボートで何となく近所付き合いが始まった。
ビクトリアパークにいた時はたくさん人がいて誰が何をしていてもあまり目立たない感じだったが、少人数でまとまると周りが良く見えて来るのか、ボート仲間達がTのことを悪く言いだした。
TもJもテムズ川で暮らしている時から少し変わったカップルで、特にTは調子が良くて自分の話ばかりするので面倒がられてはいたが、テムズ川のコミュニティーでは普通に仲間達の中に溶け込んでいた。わたしも旦那もTはそんなもんだと分かっていたので、あまり気にしていなかったが、新しい仲間達は相当気に入らなかったらしく、大人気なく彼を無視しだした。
もちろん、TもJも居心地が悪くなる。わたしだって彼らを多く知っている分、切ない気持ちになる。そしてそれと同時に、なんだか新しいコミュニティーが怖くなってきた。少しのことで、人1人を孤立させてしまうのだから。
テムズ川にいた時は、よっぽど悪なことをする以外は、仲間達は軽くなんでも流していた。文句を言ったとしてもその場でみんな忘れてしまう。というか、子供じゃあるまいし、無視はしないよねえ、と皆思っていた。
不便なことも多いボート生活、助け合って生活していったら、なんて心強いだろう。それをできなくしてしまうって、どうだろう。
旦那はそんなことなどまったく気にしていないようだった。周りにもTにもいつも通り接して、周りがTのことを悪く言っていても、聞いてるのか聞いてないのかあやふやだし、Tが居心地が悪くなったと旦那に相談してきても、「なぜだ?」と言うように話を聞いている。
旦那、長いこと付き合っているけれど、時々彼の思考回路がよく分からない。一体どう思っているのかと聞いても、自分はあまり気にならないけどなあ、などと、適当な回答をするのだ。

わたしは、Tの気持ちがよく分かったので、彼がなんだかかわいそうになってきた。
周りの話を聞きながらも、Tに同情していたのだが、その後すぐにTはわたしでさえもカンカンに激怒させてしまうことをした。
そして、そのうち呑気な旦那までも怒らせることになってしまうのだった。
楽しいけれど、金銭的にはまったく前進しないわたし達の生活を後退させるようなことをしたのだった。。。

次回に続きます

コメントの投稿

非公開コメント

あけましておめでとう

続きが気になる…!
はよはよ!

No title

えー、スカイさん達を怒らせるとはよほどですね?Tさんが相談してきた時にストレートに皆が感じてることを言ったが良かったのでしょうかねえ……
でも無視はちょっと。無視したって相手が相当ののんびり屋なら「?」とも気づかないですからね!

Re: あけましておめでとう

そうだよね〜。
早く続き書かなきゃねー!

Re: No title

ねえ、無視はちょっとですよねー。でも、確かに気がつかない人は本当に気がつかないですよねー。
このあとどうなるか、続きを早くお知らせしたいです。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。