スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カムデンタウン

次にわたし達が向かった場所はカムデンタウン。
ここはわたしがロンドンに来た時に一番初めに観光に来た場所だ。
通りにはパンクやハードロックの人達が好みそうな洋服屋や雑貨屋がならび、週末にはヒッピー達が好みそうなマーケットが並ぶ、若者の街だ。
初めのうちはよく遊びに行っていたが、いつの間にか行かなくなってしまった。
前のようにワクワクした気持ちでカムデンライフを楽しむことができるか自分でもわからなかったが、わたしはカムデン滞在を楽しみにしていた。

パディントンからカムデンタウン方向に向かって流れる運河をリージェンツカナルと言う。景色が洗礼されていて、ボートで渡ると気持がいい。ロンドン動物園の前を通り、観光用のボートとすれ違う。何年か前に歩いて見た景色を今はボートの上から眺めている。変な感じだ。
到着すると停滞場所はさすがに混んでいるが、ラッキーなことにボートが一隻移動したので、そこにすぐにわたし達のボートを止めて、その横に並んでT達のボートを止めることができた。
カムデンマーケットはカナル沿いにあるので、歩いて3分ほどで行ける。昼から朝方まで遊んだとしても帰ることを心配しなくていいのだ。なんだか妙に感動的だ。
感動的と言えば、夕方になると屋台の食べ物が全部1ポンドという破格な価格で提供される。彼らもさっさと残り物を売ってしまいたいので、テイクアウトの大きいサイズの入れ物にたくさん詰め込んでくれる。
色んな種類の屋台があるが、わたしは中華でチャーハンや酢豚、焼きそばなどを一色単にして一つの入れ物に詰めてもらった。半分は夕食、残り半分は翌日のお弁当にして、たったの1ポンド。安上がりだ。
旦那とわたしは、共通の友達がマーケットの中にあるクラブでDJをやり始めたと聞いたので見に行くことにしていた。
案の定Wもやってきたのであまり驚かなかったが、電気屋のSまでやってきたので、わたしは少しビックリした。
Sはボート仲間達と外で騒いだり、パブでカラオケしたりするのが好きなので、クラブに行くこともあるのかあ、と思った。
すると、Sはクラブに行くのは初めてで、カムデンに来たのも初めてだと言う。何に感激しているのかわからないが、到着早々、「なんだ、ここは!?ロンドンにこんなところがあるのか!?」と、40代のSは相当興奮して、はしゃぎ過ぎるくらいはしゃいでいた。

楽しみにしていたクラブはオープン前からすごい行列だった。旦那とわたしの友人は一番手の前座で、どうやって聞いていいか、踊っていいか分からない謎のDJをして、次のDJに追いやられるようにしてプレイを終了した。
これで一体いくら報酬をもらえるのかと聞くと、ドリンク一杯だけだと言う。人気があるクラブでプレイできるだけで満足なのだと彼は言った。
DJの世界もそんなに甘くないようだった。
楽しかったのも最初の2時間ほどで、わたしは飽きてしまったので一人でボートに戻ることにした。旦那を含めた男達はどこに行ってもお酒があれば楽しいので、しばらくは遊んでいれそうな勢いだったが、旦那がいくらボートがすぐそこでも、色んな人がウロついているからと言って、わたしをボートまで送ってくれた。
確かに色んな人がカナル沿いをウロついていた。
わたしの知り合いが前にここにボートを止めて、鍵をかけて出掛けたのにもかかわらず、ドアを壊されてテレビから電話の充電器まで根こそぎ盗まれてしまったことを思い出した。
若者が集まって楽しい街も、気を抜くと何があるのか分からないのだ。
たった数年前なのに、若かったからか勢いがあったからか分からないが、わたしは怖いという感覚が鈍っていた。楽しいことばかりしたかったし、遊ぶことばかり考えていたのだと思う。
今は、ちょっと遊んでも翌日のことが気になったり、ボートが心配になったりする。
楽しみにしていたカムデンに来ても、前はここにこの店があったとか、今もまだあるんだなあとか、前の記憶とばかりかさなって、ワクワクやドキドキはしなかった。
旦那は楽しんでいるようだったので、「カムデンの滞在期間が一週間っていうのはあっという間だね。」とわたしが言うと、旦那は「一週間で十分だな。」と言った。そして「前みたいにスペシャルな場所じゃなくなった。」と続けた。
ふうん、そうなんだ。
なんだかわたしの意見と一緒だったので、やっぱりわたしの旦那なんだなあ、と訳のわからないことを思った。

Wはもう少しで子供が産まれるからか、しばらく遊びすぎたからか、一晩遊んでまたテムズ川に帰って行った。
Sだけは、仕事が終わってからもわざわざ毎日やって来た。よっぽどカムデンが気に入ったのか、一人で色んなところを歩き回り、たくさん買い物して、若者達に話しかけたり、写真を撮りまくったりと、とんだおのぼりさんになっていた。
わたしは旦那に「わたしもロンドンに来たての頃は、Sみたいな感じだったのかなあ。。」と言うと、旦那が言った。「オレも同じことを思ったよ。。。」
わたしが楽しみにしていたカムデン滞在は、まったく関係のないSが誰よりもエンジョイしたのだった。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うーん、歳とった証拠ですよ!(笑)それが普通かもですよ。私なんて前から次の日のことを考えて行動してました。今は、疲れは2日後にきます。これも歳のせい?
楽しかった場所が以前とは違って見えるってけっこうありますよね?
節約しなきゃいけないから、心が目を閉じている部分もあるのかもしれませんね。私も結婚してからは独身時代のようにはいかず、楽しい場所がそうでもないように感じます。

カムデン懐かしい!

そうかあ〜。
やっぱり、最初に行った時の衝撃にはかなわないよね。
あたしはスカイさんにカムデンに連れて行って貰って、
かなりお気に入りになったよ!
今は綺麗に整備されて、昔のジャンクな感じじゃないって聞くけど、そうなの?
旦那ちゃんが、同じ感覚で良かったね!

Re: No title

分かります!疲れは2日後にきますよねー。体の反応が遅くなったのかなあ。。。 しかも、疲れがなかなか抜けません。。。
独身時代のようにはいかないって、言われてみればそうですねえ。生活や行動、お金の使い方も変わりますよねー。前は楽しいとも思わなかったことが楽しく感じられることもあって、同じ自分なのにおもしろいですね。

Re: カムデン懐かしい!

あの頃のカムデンは確かに今のと違うけど、変わらないところもまだいっぱい残ってるよ。
よねっちがきた頃と雰囲気はちょっと変わったけど、それを楽しみに、よねっちがこっちに来ることがあったら、一緒にまた行ってもいいかな〜って思うよ。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。