スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マインド ザ ギャップ

わたし達が停滞していた場所は、リトルヴェニスのすぐ横、正確に言えばパディントン駅の真裏。と言うことは、駅で行われているほとんどの音が聞こえてくるのだ。
普段、エンジンや発電機でうるさいのに慣れてしまったので電車の音などなんでもなかったが、アナウンス音がすごかった。
「マインド ザ ギャップ。マインド ザ ギャップ。」
電車とホームの隙間に気をつけてという意味だが、これが朝6時頃から夜12時過ぎまで3から5分ごとに流れ続けていた。
わたしと旦那が「マインド ザ ギャップ。」と独り言を言ってしまうぐらい、頭の中にこびりついてしまった。

Wが帰ってしまった翌日、わたし達のボートに静けさが戻ったので、「マインド ザ ギャップ」が更によく聞こえた。気になるので、夕食を済ませたらその辺を散歩しに行こうかと話していると、旅仲間のTがやって来た。
3日間呑んだくれたので彼女のJがカンカンで、機嫌を取りたいので食事に連れて行ってあげたいが、彼女の機嫌が相当悪いので怖いから皆で食事にいかないかと誘いに来た。
いやいや、Tさんよ。自分の不始末は自分で解決してくださいよ。旦那は3日間好き勝手に呑んだくれて十分お金を使ってくれて、これ以上使われたら困るのでその相談には乗れないねえ。
と、わたしが言おうとしたら、旦那は即答。「オッケー!」
おい、おい、わたしが何か言おうとしたら、「マインド ザ ギャップを聞きすぎて頭がおかしくなりそうだから、外で食事しよう。」と言った。
えー、どんな理由よ!
「よし、決まった!」Tは嬉しそうにJを呼びに行ってしまったのだ。
ちょっとー。わたしの意見はどこに?
わたしと旦那は次の停滞場所で行きたいところがあったので、これ以上ムダにお金を使うのは避けた方が良かった。
でも、頭の中では皆でレストランに行ったら楽しいよなあと言う自分もいて、結局はそっちの自分が勝ってしまった。
そしてTが連れて行ってくれたレストランが素敵だったので、誰よりもはしゃいでしまったのは、よりにも寄ってわたしだった。。。
今でもあるのだろうか。パディントン駅の裏側から出てカナルを右にして歩いて行くとすぐに看板が見える。トルコレストランだ。西洋人がお洒落なトルコレストランを作ったと言うような外見で、とても素敵なところだが、味はどうだろうと思ったが、意外にもとても美味しかった。値段もリーズナブルで安心できる。
旦那はビールを頼んだが、TはJに気を使ってお酒は飲まなかった。
T、がんばっている。
そんなことなど、どうでもいいようにJはTの事を完全ムシ。笑顔でわたしと旦那には話しかけるが、Tの顔は絶対に見ないのだ。
T、がんばって機嫌とってるんだけど、まるで存在していない人みたいに扱われている。
なんだかちょっとだけ居心地が悪いなあと思っていると、旦那が帰り際に言った。
「あの二人が仲良くなって良かったなあ。」
は!?どこが?
旦那、全然気付いてない!
4人で帰るときも、わたしと旦那とJが三人で並んで歩いている後ろで、Jの機嫌取りに失敗したTが打ちのめされた様子で肩を落として歩いていた。
これでも旦那、全然気付いてない様子。。。

4人でボートにたどり着き、さあ、お互いのボートに入ろうとしたとき、うな垂れたままボートに乗り込もうとしたTが足を踏み外して川に落ちた!
Tは体半分が川にはまっているのに、Jは完全に彼をムシしてわたし達に「楽しかったわ。おやすみ。」と言って中に入ってしまった。
そして同時に聞こえる「マインド ザ ギャップ。マインド ザ ギャップ。」とホームから流れるアナウンス。
ダメだ、ちょっとおもしろすぎる。
わたしは笑いを堪えるのに必死だが、旦那は普通にTを陸に上げる手伝いに集中している。マインド ザ ギャップが聞こえていないのだろうか?
Tはコントみたいに「オレの人生なんて。」だの「最悪だ。」だのとブツブツ言いながら、たっぷりと水を含んだスニーカーとジーンズを脱いでからボートに入って行った。
またバックグラウンドでは「マインド ザ ギャップ」が聞こえる。
旦那はボートに入ると、堪えきれずに大笑いした。なんだ、旦那もガマンしてたんだ。

人の不幸をネタにするなんて、Tには本当に申し訳ないと思いつつも、その夜わたしと旦那はベットの中で「マインド ザ ギャップ」と聞こえてくるたびにクスクスと笑いながら眠りについた。
その日最高におもしろいネタを提供してくれたTにとっては、最高に最悪な夜だったに違いない。

コメントの投稿

非公開コメント

マインドザギャップ

あれ、最初に聞いたときは、
ギャップしか聞き取れなくて、
どうしてUKのアンダーグラウンドでGAPの宣伝をしているのだろう、
GAPはアメリカのブランドじゃないんだろうか?と、ずーっと考えていて、
ずっとずっと後に真実を知って、あたまがクラクラしたよ。

Jさんもだいぶ怒り心頭だったのだね。
どれくらいで仲直りしたのかなあ。

私もお酒が大好きで、ネコを飼うまではお酒代が1番生活費の中で大きかったから、男3人の気持ちがわからないでもないのだ(笑)。

No title

あー…かわいそうに。でもTさんの彼女は相当怒ってるんですね。四人で食事中も無視するとはまあ疲れることを。気持ち分からなくもないけど、やはり友達と一緒ですからね、カタコトは話しても良かったのかなあ。
お店で飲むお酒って高いですよね?すぐに酔うから一杯でいいけど…
Tさんには申し訳ないけど、確かにちょっと笑えてしまう。川に落ちて酔いもさめたでしょう…

Re: マインドザギャップ

あははは。よねっちは考えがおもしろいねー。
Jはいつも同じようなことで怒ってるけど、1、2週間は怒ってるかなあ。。。
酒代ねえ。。。あたしはそんなに飲まないけど、よねっちも旦那もよく飲むもんねえ。でも、あたしはその分食べるかな。。。

Re: No title

ですよね。四人で食事しながら彼を無視するのは疲れないかなあって思いますよー。わたしの周りは気が強い女性が多いのかなあ。。。
Tだけじゃなく、男たちはよく川に落ちてます。ついつい毎回笑っちゃいます。本人たちは笑い事じゃないんですよねー。
わたしもお酒は一杯で顔が真っ赤になってしまうので、お互い安上がりでいいですねー(笑)
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。