スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長かった1日

夕刻も過ぎ、だんだん暗くなり始めてきた。
1日の出来事を4回にわたってお送りしているだけあって、もう4人共クタクタだ。
Tが最初に停滞しようと思っていたところにたどり着いたが、ボートがたくさんあり過ぎて少しも入る隙間がなかった。仕方なく、次の停滞場所を探す。でも、そこもいっぱい。
これなのだ。カナルだけではないが、停滞場所がボートの数よりも少なすぎるので、遅くまでさまよい続けなければならない。
そう思うと、テムズ川にいたときのコミュニティーの場所は、本当にラッキーだったのだ。
結局予定よりも遠くまで来てしまい。停滞場所を確保してボートを止めた頃には夜の10時を回っていた。
わたしと旦那は翌日仕事だったので、ボートから降りるとすぐに近くのバス停や駅はどこで、どのルートで仕事に行くか見に歩かなければならなかった。
TとJは近くでテイクアウトの夕食を買うというので、4人で大通りまで行くことにした。が、通りに出るも出ないも、1分先のカナル沿いに大型有名スーパーがあったのだ。そしてその目の前はバス停。すぐ近くに色々なテイクアウトの店やらコインランドリー、パブやカフェ、なんでもある。またまた便利なところにやって来たのだ。
そこから20分ほど歩くと、映画にもなったノッティングヒルという町があって、週末は大きなマーケットをしている。おしゃれなお店やバーもたくさんある。
わたしと旦那は疲れも吹き飛び、夕食を後回しにして通りかかったバーに立ち寄った。浮かれすぎて旦那は汚い川の水にまみれて薄汚れ、わたしはジャージ姿だということをすっかり忘れていた。気がつくとわたし達はなんだか浮いている。そう、ここはロンドンのほぼ中心部、ボート仲間達と騒ぐテムズ川沿いとは違うのだ。周りを見てもいつもの仲間はいない。おしゃれな若者に紛れながら、なんだか自分達だけ違う世界にいる気分だった。
なんだか気が抜けて、わたしと旦那は二人でハンバーガーとフライドポテトを食べ歩きしながらボートに戻った。
ボートに住む前は普通にロンドンで生活していたのだ。それなのに、たった一年半テムズ川の自然の中で暮らしていただけで、ロンドンが少し違う風格に感じる。
少し戸惑いながらわたしと旦那は、新しい場所で佇んでいるわたし達のボート、ダイヤモンドを少しの間見ていた。
この場所もまた静かだった。

色んなことが頭の中でグルグルとしていたが、長い1日で疲れていたのか思いつくことが上手く整理できなかった。色んなことが凝縮していた1日だったが、わたし達のベットはいつも通りの安らぎをくれたので、わたしは何も考えずに眠りにつくことができた。
翌日からまた新しい場所で新しい暮らしが始まるのだ。

コメントの投稿

非公開コメント

おつかれさま

本当に大変だったね!

ノッティングヒルは、大好きな街で、イギリスにいた時に、何回も遊びに行ったよ。
ブラブラして、いわゆるイギリスのパブじゃないカフェだけどアルコールを出してくれるおしゃれなお店で、休憩したりして。

日本では、中野なんてダサダサな庶民的な街に住んでいるのに、
完全に田舎から出てきたおのぼりさんだったのを思い出して、すごくす懐かしくなったよ。

それから、メールの返事が遅れててごめんね。
かなりいろいろ考えさせられて、私も英文の部分は急いで読んだせいで、理解が不正確だったかも。
でも、スカイさんたちが、努力して真面目にきちんと暮らしているのはそれだけは正確にわかっているからね。
またゆっくりメールの返事するね。

No title

お疲れ様でした。良い場所にボート停めれて良かった。やっぱり周辺の把握って大事ですよね?前持ってバス停などの確認とか分かる〜。
ノッティングヒル!うーん!お洒落っぽい所ですね!まだ行ったことはないけど、有名ですね!歩きながらのハンバーガー、美味しそう!食べたくなりました。さあ、どんな日々が待っているんでしょう?

Re: おつかれさま

ノッティングヒルでよねっちと待ち合わせしたことあったよね? その時もよねっちはどっかでビール飲んで待ってなかったっけ?懐かしいー。

メールの返事は大丈夫だよ。よねっちが忙しい月なのを分かってるのに、長いメール送っちゃったもんね。
真面目に一生懸命暮らすのってすごく損だなあと思うこの頃だよ。
と言ってズルいことも出来ずに、これからどうなるんだろうとか他人事のように考え中。
またゆっくり時間があるときにメールちょうだいねー。

Re: No title

交通手段って、前もって確認しておかないと不安になっちゃいますよね。たった5、6年前は徒歩でバス停などを探しに行っていたのに、今はスマホ一つで何でも調べられるのがすごいです。
ノッティングヒルは楽しい街ですが、今はもうしばらく行ってないです。思い出しながらブログを書いていると、カナル生活もまた楽しかったです。数年前なのに、わたし達も若かったなあと思ったりして。。。。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。