スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐ろしいゴミ地帯

わたしとJは何もしないまま、旦那とTがボートを運転しながら残り二つの水門を通過して、それでもまだ楽勝だと彼らは意地を張っているので、女二人でクスクス笑っていると、なんだかちょっとした異変に気がついた。
カナルにゴミが浮いているのだ。スナック菓子の袋からボトル、スーパーの袋やらありとあらゆるゴミだ。
わたしは近くでゴミの埋め立て地でも作っているのかと思いJに聞くと、いやいや、住民達が投げ捨てているゴミなのだと言う。
この地区、ミニインドと言われるぐらいインド人が多く住んでいて、確かに、見える景色はインド語の看板やカラフルな民族衣装を身につけた女性達。車に乗っている人も、歩いている人も、どこを見てもインド人だらけ。
インドではゴミを集める仕事をしている人の仕事がなくならないように?人々はそこかしこにゴミを捨てるそうな。
でも、その習慣を他国でやってしまうのはどうだろう。
のんきな旦那はインドの街中をボートで横切っているみたいだと、旅行気分だ。
ボートが進むにしたがって、ゴミはどんどん増える。しまいにはカナル全体がゴミで覆いかぶされ、ボートはそれをかき分けながら進んで行く。
ちょっと酷すぎる。。。
少しすると、わたし達のボートが急に止まった。エンジンは普通にかかっているはずなのに、ガガガッと変な音がして前に進まなくなったのだ。
ゴミ溜めのなかで立ち往生してしまったので、ボートは後で直すことにして、T達のボートにつないでわたし達のボートを引っ張ってもらうことにした。
目的地まであと半分あったが、水門はもうないので、あとは進むだけだ。
少し進んだところで今度はTのボートも同じ症状で止まってしまった。
仕方がないのでゴミ川の中で4人で苦戦しながら、近くにあった木にロープをくくりつけボートを止めた。
岸も川もゴミだらけで、何の匂いだか分からない苦痛な匂いの中、旦那とTはそれぞれエンジンをチェックしたが、何の問題もなく、プロペラとつながっているハッチを開けて悲鳴を上げた。
プラスチックのスーパーの袋がたくさんプロペラに引っかかっていたのだ。青や白やオレンジの色んな種類のナイロン袋がびっしりとプロペラに絡まっているではないか。
プロペラはゴミだらけで汚い水の中。そこに手を入れて少しづつナイロンを取らなければいけない。
さっきまでご機嫌だった旦那も含め、わたし達全員がゴミを平気でカナルに投げ捨てる人達に激怒したが、怒ったところで状態はかわらない。とにかくやれることをしないことには、どうにもならない。
旦那もTもかがんでハッチに両手を突っ込み、引っ掛かっているナイロンを取り除き始めた。Tはブツブツと文句を言いながら、旦那はヤケになって力尽くでむしり取っている。開けたハッチの横に立っているだけで異臭がするのに、その中に上半身を突っ込んで作業をする男達。。。
わたしとJは、ただただその光景を同情しながら見ているしかできなかった。
旦那は前夜、共同のシャワーで思いっきりシャワーを浴びた。そして、もうしばらくシャワーは要らないなと、冗談を言って笑った。キレイになったばかりの旦那が、1日も経たないうちにどんどん汚くなっていく。飛び散った川の水が髪にかかり、服にかかり。。。
わたしは悲しくなってなんだか泣きたくなった。
反対岸を見ると、どこかのおっさんがカナルに向かって用を足しているではないか!普段はあまり何も言えないわたしだが、思わず叫んでいた。
「あんたの見たくもない汚いものが丸見えなのよっ!トイレでやりなさいよっ!アニマル!」
さすがの旦那もTも手を止め、Jもビックリしてわたしを見たが、3人共「よく言った。」と言ってくれた。
わたしは本当に悔しくて悲しかったのだ。前夜、思いっきりシャワーを浴びてピカピカになった旦那は、今日の移動が楽しみだと言った。わたしが、新しいカナル生活を記念して新調したTシャツを着ていた。さっきまで、ご機嫌でインドの町にいるみたいだと浮かれていた。その旦那が、なんだか分からないものが混ざったゴミだらけの川の水にまみれながら、どうでもいい人達が捨てたナイロンの塊を無心にむしり取っているのだ。
旦那は絡まったものを取り終えると、エンジンをかけたがまたすぐに止まってしまった。何かがまだプロペラに引っ掛かっているのだ。旦那もTもそんなことを何度か続け、やっとボートが動き出し、ゴミ溜め地帯から脱出するまでに1時間以上を費やした。
旦那もTも朝の姿と比べると、かなりボロボロになってしまった。

わたし達が渡ってきたテムズ川もカナルも、本当に美しかった。自然も動物も自由に生きていた。人間の勝手な行動でボート乗り達だけでなく、全ての生き物の自由を奪ってしまう。
わたしがどんなに願っても、変えられない状況はたくさんあるのだ。そう思うと悲しくなるが、わたし達だけでもこの美しい景色を大事にしていこうと思った。
2隻のボートはまた何事もなかったように進んで行く。わたし達もまた気持ちを切り替えて行かなければいけない。

本当に長い長い1日ですが、目的地まであと少し。もう少しお付き合いください。
また次回に続きます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うわ……………最悪だ。そしてゴミを捨てる人達…最低!!全部がインド人かどうか証明できないけど、おおかたそうなんでしょうね。自国でやってよ(いや、ダメだけど)。いや…移民が問題なのはこういった背景も含めてると思う。あー、そのプロペラに巻きついたゴミ…悲しいですね。お気持ち察します。ああー、そこに住むインド人よ、ここはイギリス。インドではないのだよ!ありえん!!いやー、ありえん!!

Re: No title

Junebugさん、コメントがおもしろくて、思わず飲んでいたお茶を吹き出しちゃいました。
本当にありえないですよね。色んな文化が共存して成り立つのは素晴らしいけど、イギリスに来たならこの国のマナーに沿って暮らして欲しいです。ミニインドの地区で、インド人に紛れて他の人たちもゴミは捨ててるんでしょうが。本当に、こんなことで移民が問題になったり、偏見や誤解が生まれてしまうんですよねー。
ん?ってことは、ボート住民達も一部のマナー違反者のために、全員が白い目でみられている可能性もありですね。。。。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。