スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと怖くなってきた

カナル(運河)に移動するまでもう何日もなかった。わたしは変に慎重派なので、カナル情報を密かに仕入れたりした。
聞くところによると、ロンドンのカナルではボート生活者を狙った犯罪が多いという。ボートの中に人がいるのに窓やドアを叩き割って侵入され、脅かされている間に貴重品や電化製品を持って行かれてしまった女性がいると聞いたときは、とても怖くなった。
ティーンエイジャー達が面白半分でボートに石などを投げて窓ガラスを割ったり、ちょっとした盗難などはよくあるのだという。
怖い目にあうのも嫌だが、やっと手に入れた発電機や貴重なケータイなどが盗まれたり、窓ガラスを割られたら、今でもギリギリの生活がもっと苦しくなる。
なにか問題が起きたら、助けてくれる仲間はもういないのだ。安心できるコミュニティもないし、1、2週間の滞在で移動しなければいけない。規定の停滞場所に止めれるスペースがなかったら、場所によっては遠くまでまた移動しないと場所がなかったりするのだ。
わたしは心配になり旦那にそのことを言った。旦那はそんなことを気にしていたらやりたいこともできない。そんな話があったとしても、カナルに長いこと住んでいる人達はたくさんいるのだから、そこまで危険なところではないだろう。と、軽く流された。
それでもやはり心配なので、一緒にカナルに行くことになっているTとJに言ってみると、二人は自分達も一緒にいるのだから、何かあったら助け合おうと言ってくれた。
二人がいるのは心強かった。
実際わたし、顔も英語もそのまま外国人丸出しなので、新しい環境に行くのをためらうことがあった。世界各国どこに行っても、小さいことから大きいことまで差別する人達はいるのだ。もうそろそろ慣れてもいいころなのに、嫌な思いをするのが面倒だった。
あんなに行きたかったカナル。いざ行くとなると、なんだか足踏み状態になってしまう。好き放題やってうるさいと思ったことさえあるボート仲間達がとても恋しくなってきた。

コミュニティから離れても、仲間達はいつもやって来る。わたしが仕事から戻ると、嬉しそうにハローと声をかけてくれる。わたしに安心感を与えてくれる人達。
この人達に出会ったというだけで、これから先に何かがあったとしても強い気持ちでいれる気がする。
これだけでもういいではないか。
わたしは心配するのをやめた。どこに行っても自信を持ってやって行ける。
テムズ川での生活を残りわずかにして、わたしは今あるものに感謝した。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

踏み込んでいけば新しい環境に慣れるのにそう時間はかからないかも。ちょっとの勇気ですよねー。ただ、生命を脅かされるような環境は避けたがいいですね。もし近くでそんなことが起きたり実際に被害にあったら離れることも大事だと思います。何も起こらないことを祈ってますよ!!

Re: No title

そうですよね。ちょっとの勇気で踏み込んで行ったら、後は新しい環境に慣れてくるんですよねー。
確かに、生命が脅かされるような環境だったら、避けるのが一番!わたしはいつもそんな感じですが、旦那は気にしないと言うか、気がつかないんです。なので、いつもわたし一人が怖がりみたいになってます。。。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。