スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナルに行く前に

カナル(運河)への移動は翌月の旦那の誕生日に決まった。あと4週間ほどあった。旦那とWは、それまでにまた色々なところにボートを移動して過ごすことに決めた。
ボートコミュニティの場所には、一年近くいたことになる。移動している間も他のボート仲間達には会えるのだが、わたしは少しさみしい気持ちになった。それでも、Wのボートとわたし達のボートは、何もなかったようにその場所を離れた。

相変わらず、どこに停滞するかはWの気分次第だった。旦那は毎回楽しそうにWとつるみながら後をついて行った。
結局同じ町の中で、停滞場所だけが変わるので、わたしも文句はなかった。大変なのはWの彼女のAだった。彼女は車で仕事に行くので、いちいち駐車する場所を心配しなければならなかったし、妊娠中期の体には酷な場所もあった。

ある日Wは、わたし達がテレタビーランドと呼んでいる原っぱの前に滞在することにしたが、先客のボートが二隻すでに止まっていたので、その横の背丈ほどもある柵の前にボートを止めた。ボートから下りて柵を登らないと原っぱに出ることはできない。駐車場も道路も、原っぱを抜けないと行けないので、イヤでも柵は登らないといけない。
わたしでも中々困難な柵なので、妊娠中期のAにはムリがあった。柵を登るだけではなく、足を踏み外したら川に落ちてしまう。
旦那が、この場所はAにはムリがあるし危険なので、場所が空くまでここに滞在するのはやめようと言うと、Wは自分がいたいのだから何が悪いと主張して、しばらく口論になった。そのうちAが仕事から戻って来て、柵の真ん前にボートがあるのを見て絶句していた。
かわいそうになった旦那が、折りたたみのイスでAが柵を越えるのを手伝っていたが、Wはわざとらしいと笑って、どうでも良さそうだった。
翌日、わたしは休日で、街を一人でブラブラとしていると、急に大雨が降り出したので、急いで目の前にあったパブに飛び込んだ。窓の外を見ると、なんと、大きなお腹のAが両手になにやら重そうな買い物袋を担いでずぶ濡れで歩いているでないか。
わたしはびっくりして雨の中を飛び出し、Aをパブの中の入れてあげようとすると、AはWにビールを買って来いと頼まれていて、その後すぐに仕事に行かなければいけないので、雨宿りをしているヒマはないのだと言った。
車はどうしたのかと聞くと、ちょっと散歩に出たついでにWから電話がかかって来たので、駐車場においたままだと言う。
Aは両手に6本づつのビールを持っていた。12本のビールなどわたしにとっては容易いことだが、妊婦に買って来てくれと頼むとは、Wも無神経すぎると思った。
WはAの体のことなどは考えないのだろうか? Aもなぜムリだと言わないのだろうと不思議に思った。
もちろん、わたしがその12本のビールを持つことにして、雨の中Aとボートに戻った。
二人で歩いていると、Aが突然泣き出した。お腹が目立つようになってきてから、Wの態度が冷たくなってきたのだと言う。わざと酷いことを彼女にしているとしか思えないのだと言う。
こんなことを聞いてしまうと、放っておいてカナルに移動してしまっていいのか、それとも面倒なことになる前に移動してしまった方がいいのか分からなくなる。
Aはその夜、仕事から戻るとわたしのところにやって来て、泣きながらWの文句を言い続けた。そして、それはほとんど毎晩のように続いた。
わたしは時々眠くて目を開けているのも困難だったが、同じような話を何度も繰り返すAに、彼女の気がすむまで付き合った。
そして思った。カナルに行くという選択はある意味わたしにとっていいタイミングだったのだろうと。
わたしがここに居ようが居まいが、結局のところAは自分の人生を自分で決めるだろうし、わたしのしてあげれることは何もないんだろうと思った。

あともう少しでテムズ川での生活も終わる。Aには新しい命がやって来て、新しい選択をすることになるのかもしれない。
わたしと旦那も新しい環境に移動するのだ。
もしも本当に友達という絆が持続するのであれば、離れていてもわたしはAのことを思っているし、Aもここでわたしが少しでも支えになろうとしていたことを忘れないでいてくれるだろう。
本当に互いに思いやるという友人関係が存在するんだったら。

テムズ川は相変わらず何も変わらない。わたし達がやって来た日と全く同じだった。
わたしもテムズ川を見習って生きたいと思った。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うーん、なぜ故にWさんはそんな事を…またAさんもどうして従ったのか…Aさんが可哀想。彼女の吐き出すものをずっと聞いてあげるのはちょっとキツイけど、彼女は唯一スカイさんに話すことで気持ちを安定させてるのかなあ。何でも最終的に決めるのは自分。Aさんが少しでも幸せな道を行けるといいけど。

Re: No title

本当にそうですよね。そう思って話を聞いてあげてました。確かに、最終的には自分で決めるんです。そして、やっぱり女の人って基本的に強いのかなと、今では色んなことを思い出しちゃいます。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。