スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jの気持ち


2009年3月、いつものように旦那がまた突然言った。
「来月、カナル(運河)に移動する。」
いつも言うだけ言って人をびっくりさせておいて何もしないので、わたしは軽く受け流した。
旦那曰く、酔っ払って仲間と騒ぎながら過ごす毎日も楽しいが、そろそろ飽きてきたと言うのだ。
わたしはとっくの昔に飽きている。バカ騒ぎも特別なときにだけにするから楽しいのであって、毎日、しかも永遠にやり続けるとなるとうんざりしてくる。ボート生活を始めて約一年半で気付くとは、旦那よ。。。
と言うか、Wや仲間達はもうずっとこうやって仲間達と騒ぎながら暮らしているのだから、そんな血を持って生まれて来たとしか考えられない。
どうせ旦那は今だけ飽きたと言っているだけで、来月には気が変わってまだいると言い出すだろうと思っていたら、今度は本気のようだった。
ボート仲間のTとJというカップルも一緒にカナルに行くことになったのだ。
彼らも同じような毎日に飽きてきたし、仕事もロンドン方面なのでカナルに移動した方が楽になると言うのだ。わたし達と理由はほとんど同じだ。
特に彼女のJは、彼が毎晩遅くまで飲んで遊んでいるのがすごく嫌だったらしい。

少しして、わたしはWとAのボートで、AとJと3人で話した。
Aのお腹は6ヶ月にしてはとても大きかった。ボートにはすでにたくさん赤ちゃんの服やおもちゃなどがあって、妊婦用の雑誌が積み重なってあった。スキャンでお腹の子供は女の子だと分かったので、名前まで決めてあって、壁にはすでにその子の名前がついた木のプレートがかかっていた。
Aは子供が産まれる前にわたし達がカナルに行ってしまうのをとても残念がった。それでも、子供が産まれる喜びは隠せないらしく、妊娠の経過やこれからのことなど、Aの話は遅くまで続いた。
夜も更けたので、わたしとJはそれぞれのボートに帰ることにして外にでた。Jがボソボソと言った。
「人の幸せに付き合うのも疲れるもんだわ。」
わたしは、ひとりごとだと解釈して何も言わなかった。気になっていたこともあったからだ。
だいぶ前にJと話した時、彼女は彼氏のTと結婚することを話し合っていると言っていた。子供もいたら素敵なのにと言った。Aの妊娠を本当はどう思っているのだろう。
わたしは聞けないまま自分のボートに入ろうとした。
「もう少しで40になるのよ。わたし。」
Jが突然言ったので、わたしは自分の心が読まれた気分になって、なんだか一人で焦って、「おー!わお!」などとわけの分からないリアクションでアタフタとしていると、Jは少し笑った。
「あなたはいい人ね。カナルに一緒に行くことになって良かった。おやすみ。」
わたしも「グッ、グッドナイト。」と言って、彼女がボートに戻って行くのを見守った。

いつも、クールで落ち着いたJ。何があっても取り乱さない。わたしが何かお願いしても快く聞いてくれて、わたしを外国人としてではなく、人として対等に話してくれる。わたしの中での貴重な一人。
そんなJを少し理解したような、もっと分からなくなったような複雑な夜だった。

Jの思いを色々と考えたが、結局分からないまま、わたしは彼女がAのように幸せな顔で自分のことを話す日が早く来てくれるように願った。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うーん、人の喜びは自分の状況がどうであれやはり喜んであげるものでしょうね…でもこーんな綺麗事言っても友人が超富豪と結婚したとか聞くと羨ましさと、喜び、強がりで混ぜこぜになるのかな。まあ、突飛な例ですけど。
ただ、人の喜びを一緒に喜んであげ、自分は自分なりに頑張って幸せなこともあるし〜と振る舞うと割合いいことがあったように思えます。人の幸せそうな表情はいいものですからね、影響されるのかな。私はアイス食べてて「うま〜」と簡単に幸せ〜と思える単純な人ですから。(笑)

Re: No title

そうですね。わたしも小さいことで幸せ〜って思えるほうです。
でもやっぱり、ボート生活は特に冬は過酷で、体もキレイにできなかったり、服や靴が湿気でカビたり、女性にはストレスが多いかもしれません。狭いところで暮らすからか、ネガティブになりやすいかなと思ったりします。わたしも一度、すごくネガティブにおちいったことがあるんですが、すぐに立ち直りました。そのうちそのことを書きます。今思えば、なぜあんなに落ち込んだんだろうって笑えますが、やっぱり冬の過酷生活マジックだったのかと思います。
そうこうしているうちに、イギリスも冬が来そうですね〜。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。