スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雪

わたしが嫌だと言っても、静止したまま動かないでいても、冬は予定通りにやって来る。
これはデジャヴかと言いたくなるぐらいに、クリスマスも正月も通帳に記載されてる金額まで、去年と何もかも一緒だった。違うのは薪ストーブが付いて暖かくなったくらいだ。
わたしはこのまま同じことを繰り返して歳を取って行くのかと思い、恐ろしくなった。

2009年の1月に入ると、なんだか急に寒くなった。テムズ川に氷の塊が浮いていて、ストーブ無しでは確実に過酷な冬になっていたと思う。
わたしと旦那は毎朝起きるたびにANのことを心配した。彼はシェパード犬二匹、猫二匹と一緒に釣り用の小さなクルーズボートに住んでいる。狭い空間にペット達とどうやって住んでいるのか、かなり謎なのだが、暖房設備がないので、夜どうやって寝ているのか、そっちの方がもっと謎だった。いくらペット4匹に囲まれているとしても、マイナスの気温は冷たいテムズ川の上では更に過酷だ。なので、わたしと旦那は、ANが凍死していないかと毎朝心配した。

そんな冬のある日、ロンドンに大雪が降った。一晩で雪国にワープしてしまったのかと思ったぐらいに積もった。ボートは雪に埋れて、いつもの外装とは変わって、少し神秘的にも見えた。

20140815062622b8d.jpg

ほとんどのバスや電車が止まってしまい、道路も閉鎖され、何人もの人達が仕事に行けなくなった。ロンドン中の学校が休校になり、その日一日が突然休息の日になった。
テムズ川の広場では子供だけではなく、大人までもが楽しそうに雪で遊んでいる。見知らぬ人にあまり声を掛けないイギリス人達が、すれ違いざまに挨拶をしたり、微笑みあったりしている。公園や広場ではたくさんの雪だるまが出現して、雪滑りを楽しむ子供達のはしゃぎ声が響いた。
もちろん、ボート仲間達も朝から雪で遊び、子供達以上に浮かれまくった。
Wは創作活動が大好きなので、半日かけて大きな人の顔をリアルに作った。他のボート仲間達も手伝っている。
わたしも日本で昔から親しまれている二段重ねの雪だるまを作った。鼻もミカンでつけてあげた。
旦那もわたしの横に雪だるまを作った。三段重ねので鼻は人参。
あれ?旦那の雪だるまは背が高くてスタイルがいいし、鼻も高いぞ?
そうか、イギリス人が雪だるまを作ると、こうなるのか。
二つの雪だるまを見比べて、余計なことに感心した。

誰もがうんざりするぐらいに長くて寒いイギリスの冬。貧乏生活は全く変わらず、暖房設備のないボート仲間を心配したりする変な環境だが、薪ストーブと大雪のおかげで楽しい冬になった。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うわ〜、川の上で、しかも暖房器具がないANさんはどうやってしのいでいるんだ…犬猫にとってもちょっとツライのでは?!うーん、心配ですね。
こっちの人の雪だるまはなぜ三段なんでしょうね?八頭身ってやつかなあ。大きい雪だるまだったら、てっぺんに届かないな。
薪ストーブは体の芯から暖まりそうですね。

Re: No title

薪ストーブは管理が大変だけど、本当に暖かいです。最近は朝夕が肌寒くなってきたので、もう少しで必要になりそうですねえ。
そうですよね、なんでこっちの雪だるまって三段なんですかねえ?胸、お腹、お尻って感じですかねえ。ってことは、日本の雪だるまは寸胴ってこと?あらら。
ANは実は去年の冬から暖房がついたんです。幸せそうです。冬は寒いですもんねえ。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。