スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aの妊娠 続き

Aが妊娠したと言うことを誰にも言わないで欲しいと、彼女から口止めされていたので、旦那が帰って来たとき、わたしは何事もなかったように振舞った。それなのに、旦那が「A、妊娠したんだって。」と言ったので、びっくりしてどこからその情報を入手したのかと、慌てて問いただした。
どうやらAはわたしと別れた後、自分を抑え切れなかったのか、Wに告知したらしい。そして、大喜びのWは、自分が父親になるのだと旦那に張り切って電話してきたと言うのだ。流れが速すぎる。
わたしは旦那に、それをAから聞いて、さっきちょっと泣いちゃったんだと言うと、旦那がイラついたように言った。
「なんで泣くんだ。ヤキモチか。友達の妊娠も一緒に喜んであげられないような人間になったのか。」
がーん!
そんなふうに言わなくても。と言うか、ここは、そうだねと言って優しい言葉をかけてくれるところなのではないのか。
実際、子供が欲しいと切に願っているのはわたしだけだった。旦那は子供ができたら嬉しいが、できなければそれはそれでいいと思っていたのだ。だから、わたしのこの微妙な心理状態やストレスをまったく分かってくれない。
日本語と英語、互いに違う母国語を持ち、それでも旦那はわたしがうまく表現できないことまで理解してくれた。同じ日本人でも分かり合えないこともあるのに、旦那はいつもわたしを分かってくれて、そばにいてくれた。わたしもそうだったと思う。だからわたし達は結婚したのだ。
なのに、このときばかりはわたしの気持ちを理解していないようだった。わたしの英語力では上手く伝えられない。旦那なのに。
そんなことなど気づきもせず旦那は言った。
「AもWも今の状態で子供なんかできて、どうやって育てるんだ。ボートも古くてオレ達のより狭いし、経済的にもギリギリだろう。」
すぐに産まれるわけではないので、それまでになんとかするだろう、とわたしが言うと、旦那は言った。
「どう考えたってAが子供欲しさに計画的にやったんだろう。Wはまた騙されたんだ。」
うーん。わたしも本当はそう思う。
WはAと出会う前にも似たようなことがあった。そのときの彼女は40を超えていて、Wと付き合い始めて数カ月で妊娠が発覚した。そのときもWは浮かれていたのだが、彼女はそのままどこかに行ってしまった。そして、自分はどこに居るとも明かさず、無事に男の子を出産したとメールだけしてきた。子供はもう2歳くらいになっていると思う。
わたしは、Aは行方をくらましたりはしないまでも、計画的だったのは確かだと思った。
でも、それが悪いことかなんて誰に言えるのだろう。Aは今決断しなければ、望んでいたものが手に入らないかもしれないのだ。
旦那は、親友が女の身勝手で利用されているのが気に入らなかった。
Wだけではなかった。旦那の友人で、何人か同じような経験をした人達を旦那は知っている。妊娠したと分かった途端、彼女達は行方をくらましてしまったり、子供を産んで、子供ごとどこかへ行ってしまったり。
いなくならないまでも、母親になった途端、彼氏を束縛したり、子供を盾にコントロールしようとしたり、旦那は嫌と言うほど悲しい友人達の嘆きを見て、聞いてきた。だからか、Aの妊娠にも敏感だった。
それは彼女達のせいではなく、彼女達のDNAやホルモンが彼女達をそうさせているので、絶対的に彼女達が悪いわけではないかもしれないとわたしが言うと、DNAなどと難しい単語が出てきたので、旦那はポカンと口を開けて少し硬直してから、もう議論するのをやめた。

しばらくして、外が騒がしいので出て見ると、Wがボート仲間どころか、川沿いを歩く人達にまで「オレは父親になるんだ!」と叫んでいた。
旦那にも、今日は祝いだと言って、ビールを渡している。
Wの過去に何があろうが、旦那の友人達が自分達の子供に会えなくて寂しい思いをしていようが、今はWが喜んでいるのだからいいではないか。
旦那もそう思ったらしく、有頂天になっているWに付き合って、またその夜も飲み明かして過ごした。
わたしはAの嬉しそうな顔を見て、本当に良かったと思った。初めてまともに「おめでとう。」と彼女に言って、ハグをした。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

良かったですね、Wさん喜んでくれて!計画性のある妊娠ねえ…でも度胸がないとできないかも。
スカイさんが涙したことを怒られるなんて、ガッカリしますよね…旦那さんは「なぜ泣いたの」とは尋ねなかったのでしょうか?
親になると強くなれるとは良くいいますが、Aさんも強くなったかな?

Re: No title

旦那は、わたしがなぜ泣いたのか分かってるからイライラしたんだと思います。一緒にいると、色々と分かり過ぎて怒りたくなっちゃうんでしょうかねえ?
親になったら強くなったというか、図太くなったと思います。でも、怖がりにもなりました。前みたいに色んなことに挑戦するのが怖いというか、これって親になったらからというよりは、歳をとったからですかねえ?

No title

やだー、歳のせいにしてはいけません!(笑) ちょこっとの勇気は要りますが、まだまだ挑戦したいことはたーくっさんあります。やってみたらこんなもんだったーとか、ああ、そうなんだ…と、やらないと分からないことが多い。まあ、下手に手を出すもんじゃあないっていうのもありますが。

Re: No title

本当ですねー。歳のせいにしちゃいけないですねー(笑)
まだまだ色んなことに挑戦しなくては、ですね。
わたしは毎日忙しいのを理由に面倒になってるだけだったりして(笑)
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。