スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aの妊娠

イギリスの夏はあっという間に終わる。わたしは毎年、ロンドンで恒例のノッティングヒルカーニバルが終わると不思議に肌寒くなってきて、夏が終わったのだという気がする。

2008年9月のある日、わたしとAはいつものようにコインランドリーに行った。
洗濯を待っている間、特にすることもなくおしゃべりしたり新聞を読んだりするが、その日はAがカフェに行きたいと言うので付き合った。
席に着くとコーヒーが運ばれてくる前にAは、絶対に誰にも言わないでねと前置きしてから、実はWの子を妊娠しているらしいと言うのだ。
わたしはびっくりした。わたしはその時点で35歳、Aは36歳。前に子供は欲しいが、年も年だしという話をAとしたことがあった。それもつい最近だった。
そんな話の後にAが妊娠するとは。
Aは検査薬を使って陽性が出たが、ドクターに見てもらってはっきりとしてからWに言いたいので、Wにも旦那にも、もちろんボート仲間達にも内緒にして欲しいと言った。
そして、Wが怒るのではないかと心配した。
「わたし、絶対に子供が欲しいの。Wは予想もしていないだろうし、怒られたらどうしよう。」
心配しながらも、Aは嬉しさを隠せないようだった。
妊娠していると分かった今までの経過や、喜び、それからWはどんな顔をするかなど、洗濯の待ち時間中、マシンガンみたいにAは喋り続けた。
わたしはその間、雲の上で地上の話を聞いている気分だった。彼女が妊娠したという事実以外は何も頭に入って来なかったのだ。
今思えば、「良かったね。」の一言すら言わなかったような気がする。

洗濯が終了すると、わたし達はそれぞれのボートに戻った。わたしはキレイになった洗濯物が入った大きな袋を床にドシンと置くと、ボートが心なしか揺れた。
さっきまでAの話を聞いていたので、独りになって急に静かになった。ソファーに座り込むと涙が流れてきた。無気力状態の脳で流れる涙は、わたしにはコントロールすることができなかった。
旦那と結婚してボートを買うと決めるまでの2年間、わたし達はどうして子供ができないのだろうかと考え、病院に行って検査したが、特に何の問題もなかった。とりあえずドクターは、まだ結婚して2年しかたっていないので、もう少し様子を見ようと言った。わたしは自分の年齢のことも心配なので、ドクターの言葉がもどかしかった。
子供ができないことで、わたしはかなりのストレスを溜め、毎月泣くことに嫌気がさしてきて、どうせなら旦那と自由に生きようと決断した時は、掴めそうな大きな夢を諦めるかのように、何かすっきりしない気持ちでいた。
ボート生活が始まり、そんなことはすっかりと忘れていた。これからのことよりも、今の状態のことを考えなければいけない日々だったからだ。
それなのに、Aの妊娠で、また前の苦しみが蘇ってきていた。
もちろん、友達が妊娠したことは嬉しい。Aだって誰よりもずっとそれを望んでいたのだ。わたしだって友達の赤ちゃんを見て、成長する姿を思うとワクワクする。
わたしが悲しくなるのは自分にだった。誰かにあり得ることが自分にはあり得ないという事実に失望した。
泣いてもどうしようもないのだが、黙っていても涙が止まらないので、わたしはそのまま泣きながら洗濯物をしまったり、掃除をしたりした。
身の回りが整頓されると、気分も落ち着いた。
今の状態で子供が欲しいなどと言っている余裕はない。やることはたくさんあるし、旦那という心強いパートナーがいて、友達もたくさんいる。今の自分にある物をいっぱい好きになって、自分に失望するのはやめようと思った。
少し泣いてスッキリするなんて、わたしもなかなか単純なものだ。

少しして旦那が帰って来た。
なんと、旦那はなぜかAの妊娠情報を持って帰ってきたのだ。
いったい、どこから?

次回に続きます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

スカイさんと現在同じ歳かなあ。私達は子供を作らないと決めてます。何も身体に異常とかじゃないですが。現在は娘さんがいらっしゃるんですね。
お友達の妊娠、どうなんでしょうね?こんなこともあり得ると分かって生活されてるカップルだろう?から喜ばしいのでは?Wさん、怒るよりビックリかなあ…と想像。
しかし…前にも書きましたが、小説読んでいるようです!!単行本ならば買ってます!(笑)

Re: No title

Junebugさんは、わたしと同じ年なんですねー。なんだか親近感が湧きます!
わたしの友人カップルも子供を作らないと決めています。いつもハツラツとしていて素敵な夫婦です。かと思えば、子供が4人もいる友人カップルもいます。がんばっています。
わたしは悲観的になったりした割りには、さらっと娘が産まれました。皆、多種多様だから色んな物語が産まれて、毎日が続いてるんですね。
小説を読んでいるようだと言われて、すごく嬉しいです。実は子供の頃から書くのは好きなのですが、文才がないようでした。ダメ出しばかりで褒められたことなんてないんです。だからか、ブログは出来事を思い出しながら文に書き写してるという感じで、気軽に表現できてやりやすいです。
ブログっていうシステムを考えた人って凄いですよね。

怪しいプレゼントがなんともいえないシュールな終わり方で、スカイさん文章上手いなぁと読んだ後の、Aの妊娠。せつないですね。喜ばなきゃいけないと頭では思いつつ、喜べないってね…ジレンマですよね。この後、どうスカイさんのご懐妊に続くのか、益々楽しみです。

Re: タイトルなし

本当ですね。確かにジレンマでした。思い出して書くのって、なかなか楽しいものです。あの時なんであんな風に思ったんだろうとか、今となっては笑えることばかりです。
楽しみにしてもらって、本当にうれしいです。ブログもやりがいが出るのでがんばって更新していきますね。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。