スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンセントの交換

ボート生活を始めてから、いつの間にか旦那と電気屋のSはとても仲がよくなっていた。旦那は何かあるとWよりも先にSところに行っていたし、Sもそうだった。
ある日Sが、ダイアモンドの電気のコンセントを12ボルトから240ボルトに変えると言った。
わたし達はWの発電機から直接延長コードを繋いで、窓を少し開けてその隙間からコードをボートの中に入れて使っていた。冬は寒いが、使う電気機と言えばテレビとケータイの充電ぐらいなので、あまり不便を感じていなかった。
それでもSが急にやる気になったので、ありがたくお願いすることにした。
Sは電気屋だが、電気機器を売っているわけではない。主に配線工事などが主流だ。信じられないことに、あの有名なウィンブルドンのテニスの電気機器設置などは、毎年彼が任されているのだ。

コンセントの交換は旦那とSが休みの土曜日に決まった。わたしはあいにく仕事だったので、残念ながらその経過を見ることができなかった。
仕事から戻ると、歩いて来るわたしを見つけた旦那は、嬉しそうにわたしに早く来いと催促した。ボートの中に入ると誇らしげに全部で3つあるコンセントを見せて回った。
ちゃんとプラグが家庭用の差し込み口になっている。
コンセントのカバーと必要なコードを購入したが、すごく安かったのだという。
そして旦那の自慢は全て自分でやったということだった。Sが支持だけしてくれたら、旦那は自分で全てやりたいと言ったのだ。それをやり終えた旦那は、非常に満足そうで、嬉しすぎて親や兄弟にも電話して自慢した。
そのうえSまで、旦那はよくやっただの、今まで雇ったアシスタントの誰よりもセンスがあるだのと適当なことを言うので、旦那は更に舞い上がってしまった。
実際聞いてみると、実はとてもシンプルな作業だったのだが。。。

まあ、そんなにすごいのなら、ぜひ今日から使おうとわたしが言うと、旦那はまだ使えないと言うのだ。
どう言うことだろう、今度は何が必要だって言うのだ?
S曰く、インバータと言う電力変換装置が必要で、ダイアモンドについているのは12ボルト用の物なので、家電は使えないのだと言う。ついでにバッテリーとそれを充電する機械も必要で、それがあれば発電機で作った電力を充電して、発電機なしでも家電が使えるのだという。そうしたら、もっと経済的に燃料を使える。
ふう。。まだまだ購入しなければいけないものがあるのだ。
気が遠くなる。

結局その夜も今までと変わらず、窓の隙間から垂らしてある延長コードを使ってテレビを見たりケータイを充電した。
何か大きく変わったようで、何も変わらない。
それでも旦那は大満足で、その夜は何度も240ボルト用のコンセントを見ながら満足感に浸っていた。

コメントの投稿

非公開コメント

あまりにも悲惨過ぎて、シャレにならなくなってきた…
もうこの頃は慣れてきたのかな?

No title

男の人ってそんな感じみたいですね、自分で遂げたものにすご〜く満足。たとえそれが「私もできるけど…」レベルでも!
でも自分から進んで配線とかにトライする旦那さんは素敵ですねー!もっと褒めて育てましょう〜!

Re: タイトルなし

実は今もあまり変わらないかな。。。何か壊れても安いもので賄うしかないから、結局すぐに壊れるし、ボートも古くなってくるし。買わなきゃいけない、やらなきゃいけないものはいつでも付きまとってるかな。
確かにその状況に慣れてきたけど(笑)

Re: No title

おおっ、そうですね。褒めて育ててあげたらいいんですねー。確かにそうですよねー。前はいっぱい褒めてあげてたのに、最近なあなあになってました。やってみます。
男の人って、すごく単純で子供みたいですね(^-^)
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。