スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲間として分かり合う?

ボートコミュニティーに移動してからまだ1ヶ月半くらいだが、ほとんどのボート仲間達はいつ仕事に行き、どうやって生活費を稼いでいるのか不思議なくらい、朝から夜遅くまで外で仲間達とツルんでいる。
申し込むのが面倒なのか、住所がはっきりしてないからか分からないが、生活保護を受け取っている人は一人もいなかった。
確かに今まで1、2度誰かが仕事に行ったと言っていなかったことはあるが、それで足りるのだろうか。
わたしと旦那は二人でフルタイムで働いてもギリギリなのに、本当に謎だ。
Wに関してはAが毎日働いてなんとかしているようだが。と言うか、ヒモ?
彼らが言うには、人生は短いのに毎日、朝から晩まで働いてなんになる。生きれるだけの少しの金があれば、毎日楽しく暮らせるのだそうだ。
わたしは考える。本当にそうなのだろうか。
年に一度は日本に帰りたい。美味しいものも食べたいしオシャレもしたい。何かのために貯金だってしておきたい。わたしはやはり、仕事をして生きていた方が安心する。
色んな生き方や考え方がある。互いに仲間として分かりあっていればそれでいいだろう。

そんなふうに思っていたある日。わたしは休日でボートの中でダラダラとしていた。外ではいつものようにボート仲間達が騒いでいる。
いつもより興奮しているようだが、わたしはあまり気にしなくなっていた。
「おいっ!お前は日本人だろう。魚をさばいてくれ!」
いきなりWがやって来た。
何の根拠があって日本人だから魚をさばかなければいけない。
「さっき釣れた魚をさばくことにした。今日のランチは寿司だ!寿司を作ってくれ!」
またWがめちゃくちゃなことを言っている。
わたしは、寿司は寿司屋で食べるから自分で寿司は作らないと言った。ちなみにご飯がなくては寿司は作れない。それは刺身だ。
ああ、本当にバカバカしくて付き合ってられない。
Wはわたしに断られたので、自分で魚をさばくから寿司ができたら呼びに来ると言って行ってしまった。
わたしは面倒なので出かけることにした。
外に出ると、男達が魚をさばいている。しかも、プラスチックのまな板を地面に置いて、サバイバルナイフでだ。
魚の内蔵を持って、一人の男が仲間の一人を追いかけ回して騒いでいる。Wは魚を切りながら川沿いを歩いている人達に、一緒に食うかと聞いている。散歩中の人達は怪訝な目で見ながら、大回りで通り過ぎている。
外に出たわたしを見て、Wが言った。
「寿司だ!食うか?」
だから、刺身だってば。。。って言うか、生魚の切り刻み?

わたしは丁重にお断りして、さっさとその場を立ち去った。
互いに仲間として分かり合うどころか、彼らの行動は理解不可能だし、分かりたくもない。
これでは地域の住民からも白い目で見られるではないか。

わたしもあの仲間の一員なのだと思うと、なんだかとても虚しくなった。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うーん、なんかその虚しさは分かる気がします。一応ボート仲間、でも仲間っていっても地域の住人から白い目で見られる同じ仲間とは思われたくない…。親しい中にも礼儀あり。類友にはなりたない…みたいなでしょうかね?私は仕事して生活しているほうが安心です。何かあったときの為の貯金もしたいですよね。スカイさんが行なっているように、生活費や光熱費などを封筒に分けて管理するって凄くいいと思います。私の母もそうしてます。Wさんが自立するべき人なのかも?ですね。しかし、みんなどうやって生活されてるのかなあ?

Re: No title

Junebugさん
やっぱりそうですよね。仕事して生活してる方が安心しますよね。
封筒に生活費を分けて管理するのは、Junebugさんのお母さんもやってるんですね。ちょっと嬉しいです。何の雑誌で見たか忘れてしまって、誰が思いついたのか分からないんですが、すごくいい案ですよね。
確かに、今だにみんなどうやって生活してるのか不思議です。時々は収入があるらしいんですが、彼らが高齢になったらどうするのかと考えたりします。自分の未来も含めて。。。

えー!スカイさんち以外、みんな生活保護なのかと密かに思ってたら違うのね。
確かに、政府もボートぐらしの殆どが生活保護なら、ボート生活の人の市民権も保証しないだろうしね。

それにしても、みんなガソリンやボートのライセンス代金、税金や日々のビール代もけっこうかかるのに、どうしてるんだろう?ホント不思議だね!

日本はわかるとこにタトゥー入ってると仕事できないでしょ、
若い頃全身タトゥー入れて顔にもいっぱいピアスしてるから働けないって30代や40代が生活保護もらってるよ…。
イギリスの高すぎる税金もなんだかなーって思うけど、日本のアホな制度も力抜けるよ…(´Д` )

Re: タイトルなし

> えー!スカイさんち以外、みんな生活保護なのかと密かに思ってたら違うのね。
> 確かに、政府もボートぐらしの殆どが生活保護なら、ボート生活の人の市民権も保証しないだろうしね。
>
> それにしても、みんなガソリンやボートのライセンス代金、税金や日々のビール代もけっこうかかるのに、どうしてるんだろう?ホント不思議だね!
>
> 日本はわかるとこにタトゥー入ってると仕事できないでしょ、
> 若い頃全身タトゥー入れて顔にもいっぱいピアスしてるから働けないって30代や40代が生活保護もらってるよ…。
> イギリスの高すぎる税金もなんだかなーって思うけど、日本のアホな制度も力抜けるよ…(´Д` )

Re: タイトルなし

日本でも若い世代の生活保護者は多いの?期間限定でもらってるのかなあ。それとも、無期限でもらってるのかなあ。ちょっと気になるところ。
ボートの人達は国から何の援助も受けてないし、自分たちでなんとか生きてるけど、一部の地域住民に見下されてるよ。でも、互いの状況が分からなければ理解し合うのは難しいよね。

日本の生活保護制度は、
他の国みたいに、ジョブトレーニングの義務や、フードスタンプもなく、
全て現金給付。
日本円にして14万くらい。無期限だよ。
なんと、最低賃金で週40時間働くより多いの。
ホントビックリな制度。

ボートの仲間は、助け合って行きているんだね。
楽しそうだなあと思う反面、苦労もこのブログで知れて良かったよ!

Re: タイトルなし

それは酷い生活保護制度だね。イギリスとあまり変わりがないんだね。
ボート生活じゃなくても、苦労はいつもついて来るんだろうね。きっと家に住むようになっても、生活費や地方税なんかで苦労するんだろうなあ。。。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。