スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私書箱

ボート生活でよく、郵便物はどうするの?と聞かれる。実はわたし達はボートに越して来てから、住所はまだ前のフラットに置いたままだったのだ。
そのときの管理人がいい人だったので、しばらく郵便物を預かってもらって、週に一度のペースで回収しに行っていた。
でも、ボートから電車で1時間半ほど離れた場所だったので、回収しに行くのも大変になってきたし、大家がいくらいい人でも、いつまでもそこに住所を置いておくわけにはいかなかった。
ボート仲間達に聞くと、両親や兄弟の家が近い人達は、郵便物がそこに届くようになっていたり、彼女の家だったり、職場を使っていたりした。
その中で、何人かはメールボックスなるものを使っていた。私書箱だ。
半年払い、1年、3年払いがある。利用期間が長いとその分割引がつく。いつも思うことだが、貧乏人が損をするシステムだ。
旦那はボートがあるところから一番近い街にある私書箱を借りると言ったが、わたしは旦那かわたしの職場に近い方がいいと提案した。ロンドンのカナルに移動したら、そっちの方が便利がいいからだ。
でも、旦那は大きい郵便物が届いたら、運んで来るのが大変なのでボートから近い方がいいと言った。確かに、これから購入予定に入っているものは、発電機やボート用のバッテリーなど、電車とバスを乗り継いで持って来るのにはムリがある。
考えた末、ボートから一番近いと思われる私書箱を借り、半年コースを利用することにした。これで自動的にカナルに移動する夢は半年遠のいたと思われた。
半年分と言っても、それなりの利用料金なので、銀行をマイナス以下にしてしまった旦那は払いきれず、わたしが払うことになった。旦那は次の半年分を払うと言う。半年分ではなく、1年分払うと言って欲しかった。。。。

「旦那とケンカ」の後、旦那はわたしに彼のキャッシュカードを託した。無駄使いしない彼なりの方法だと言うが、あまり意味がないように思えた。
彼が必要なときだけ、わたしからカードを受け取ってお金を下ろしに行くのだが、必要なときが多すぎるのだ。理由も、昨日Wがビール代を出したので、今日は自分が買う番だとか、Wが前回発電機の灯油代を出したから、次は自分達の番だとか、おいおい、わたし、全然旦那の金銭管理者になってないではないか。旦那が仲間達に迷惑をかけてはいけないと思い、わたしもついつい彼にカードを渡してしまうのだから。
ということで、昔ある雑誌で見た方法を思い出した。その月に使う分だけを下ろして、封筒に分けて使うのだ。食費代の封筒。生活用品の封筒。ガスや灯油代の封筒。交通費の封筒。コインランドリーの封筒。そして娯楽、交際費の封筒。
使ってしまったらそれまで。次の月まで待つしかない。残ったら、それを少しだが貯金に回す。これで金銭感覚が少しはマシになりそうだ。
旦那もなんだか言われた通りに封筒から必要な分を取り出して、お釣りはちゃんと戻してくれる。どれぐらい続くかは微妙だが。。。

少しでも貯金しておかないと、これから必要なものはたくさんあるのだ。私書箱を借りる分だって、わたし達の計算外だったが、必要なのだからどうしようもない。
いつになったら、次の出費の心配をしないで暮らすことができるのだろう。
食費代、生活用品などと書かれた封筒を見ながら、わたしはため息をついた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。