スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wの作り方

自由奔放なWという人間は、どうやったらできてしまうのか?
わたしは何度かそんなことを思ったことがある。

Wがなぜ、どんな経過でボートに住むことになったかは分からないが、彼に聞くと、「自由が好きだからだ。」と言っただけだった。
彼が一番最初に手に入れたボートは木製のカナルボートに近いような小さなボートだった。シングルベッドとカセットトイレでいっぱいになるぐらいの大きさだ。
Wはそのボートを沈ませてしまった。
船着場に止めてロープを十分な長さを取らないで縛り付けたため、満潮になった時にボートが半分岸に上がり、干潮になったときにそのままひっくり返ってしまったのだ。
その時彼はパブで飲んでいて、ほろ酔い加減でボートに戻るとボートは半分以上沈んでいた。
ボートの中は全て水浸しで、ボートを引き上げるにもお金と時間がかかるので、彼は諦めた。たった数時間で、家を含めたほとんどの私物を失ってしまったのだ。
その頃わたしと旦那はまだ結婚前で、友達数人と家をシェアして暮らしていた。そこにWが居候しにやって来たのだ。
彼は全てを失ってすっかり元気がなくなり、わたし達の部屋の隅でがっくりと肩を落としていた。風呂にも入ろうとしないし、食事もほとんど取らない。ただ同じ姿勢で2、3日うなだれたままだった。
なんだかWがだんだん巨大なボロ雑巾に見えてきて、わたしは彼の存在を忘れそうになるところだった。
何日かして、彼は人が変わったようにまた元気になり、テムズ川に帰ると言って出て行った。

Wは南アフリカの白人社会で産まれ育った。Wの両親は何かの理由で産まれたばかりの彼を養子に出したので、彼の今の両親は血の繋がりのない両親だが、彼を自分達の子供のように育てた。
Wがいつ自分の両親が本当の親ではないと知ったかは分からないが、もしもそれを知っていて幼少時代を送っていたら、やはりどこかで一人になる不安を抱えていたのではないかと、わたしは勝手に思っている。
しかも彼は多動症と診断されて、子供時代を特別学校で過ごした。この頃の南アフリカは、少し授業が遅れるとすぐに特別学校行きだ。ちなみに旦那も特別学校出だ。
南アフリカの特別学校はほとんどが全寮制度なので、Wは早い時期から親元を離れて生活したのだ。さみしい思いをしたのではないかと思われる。
だから、親の気を引きたくて、騒いだり悪いことをする。そのまま大人になり、(見た目は大人だが、中身は子供だけど。。。)皆の気を引きたくて、また同じことをする。一人が不安だから、仲間とつるみたがる。そうやって今のWができてしまったのではないかと、わたしはまた勝手に想像している。
Wは寂しがりやで、人に嫌われたくない割にはかなり自己中だ。ただの自己中ではない。自分勝手な自己中だ。
それでも、気前はいい。少しお金が入るとみんなにおごったり、頼まれごとも聞いてくれる。そのかわり、何かを頼むのも、人におごらせるのもうまい。
はっきり言って、わたしはさっきからWの人格をフォローしようと思っているのに、全然フォローになっていない。
それでも、信者みたいについて来る仲間がたくさんいるのだ。これがカリスマ性と言うのか。わたしはなんなのか分からない。
そして、何かあるたびに騒ぎや問題を起こし、年に一度ほど何かの理由でズトンと落ち込み、またボロ雑巾になるのだ。
本当に好き勝手に生きている。

わたしは日本で、本当に標準的に生きてきた。親に捨てられたわけでもなく、戦争や紛争などを経験したわけでもない。
Wはアパルトヘイト真っ只中で、黒人達が奴隷にされているのを見ながら大きくなったのだ。(ちなみに旦那も) 特別学校で人と違うということを意識して生きてきたのだ。(しつこいが、旦那も)
彼という人間がどんな風にして出来上がったか、わたしには分からなくて当然だ。
周りから見ると彼はどうしようもない酔っ払いか、ただのお調子者にしか見えないかもしれないが、WはWで、わたしの全く知らない世界で色んなことを思い、彼という人格を作り上げてきたのだ。

今日もWは出会った時と(体重が増えて、禿げたぐらいで)ほとんど変わらずに生きている。Wが抱えてきたものはわたしには分からないが、これからもずっと彼はこのまま生きて行くんだと思う。
そして、わたし達も振り回されながらも、ずっと付き合っていくんだと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

そうかあ、
Wさんにはそんな過去があるんだね。
寂しいとぐれちゃう人、いっぱいいるけど、
彼は心はまっすぐなんだね。
なんか、みんなが慕っていくのはわかるなあ。
たまに落ち込むのは、アルコールの取りすぎでは?

南アフリカの教育ってすごいね。
今、日本では、特別学級に入れたくないという親がいっぱいいて、
すごい例だと、全身麻痺で呼吸する機械みたいなのつけて、車椅子どころかほとんどベッドみたいなのに乗ってるコの親が、普通学級通わせたいと裁判したりして、
学校の改装と、サブ担任をぜんぶ税金でつけさせたり、
四肢が動かないコをプールの授業に参加させろとか、ものすごいよ。
もう、特別学校要らないんじゃないかなあと思うぐらい。
特別学校の方が、教員もたくさんいて設備もしっかりしているから、安全なんじゃないかなあと思う…。
話が逸れてごめんね。

No title

Wさんもスカイさん家族に出会ったことで友達の大切さを感じてるのかな? いや、ボート仲間っていう意識で助け合うのは普通・自然のことと捉えているんでしょうか…。過去のことから付かず離れずの関係が心地良いのかもですね。
でも、飲み過ぎて人に迷惑かけないようにしないとね!ながーい目で見守って??あげて下さい。笑

Re: タイトルなし

そうなんだ。日本はそういうことになってるんだね。。。
旦那は、友達と一緒に同じ学校にすごく行きたくて、特別学校が大嫌いだったって言ってたから、そういうことが起きないように親も心配するんだろうね。

本当に、Wはやっぱりさみしいからぐれたんだろうね。まっすぐな人かは微妙だけど、本当はそうなのかもしれないし。
次にボートを訪ねにきたときは、またWに会って観察してね。

Re: No title

確かに、過去のことから付かず離れずの関係が、Wも旦那も心地いいんだと思います。わたしはハラハラしてばかりですが。。。
長い目で見守ることにしましょう(笑)
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。