スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボートが消える!?

2008年の1月はそこそこ寒かった。
クリスマスと年末年始をなんとか乗り越えたわたし達は、また貯金のない(旦那はマイナスのまま)生活から新しい年を始めた。
まだ薪ストーブがなかったので、ガスでお湯を沸かして、熱い湯で部屋を暖めるというセントラルヒーターを使っていた。ガス代が結構かかるので、寝る前の1、2時間だけヒーターをつけて、厚着をして布団に入った。休日は朝から散歩に出たりして体を温めて過ごした。
1月下旬までそんなふうに過ごして、2月に入ると少しだけ寒さが増した。
ラッキーなことに例年よりはそんなに寒くなかったのだが、それでも真冬の2月、川はアイスみたいに冷たい。そしてボートはその上に浮いているのだ。寒くて時々目が覚める夜もあった。

正月気分もなくなった頃、ボート仲間達のボートは皆、コミュニティのあるところに戻って行った。わたし達とWとANのボートはまだテレタビーランドに止めたままだった。寒くなって、ボート仲間達もほとんど現れなくなった。
わたし達は寒いので、唯一薪ストーブを持っているWのボートによく居座ってDVDを見たり、ゲームをしたりして夜を過ごした。ANもいつも角にひっそりといた。
わたしはそんな静かで平和な毎日がなかなか好きだった。寒くて雨ばかりの冬がもう少し続いてもいいと思っていた。
そんな平穏なある日、わたしが仕事から戻ると、ダイアモンドもWのボートも消えていた。
ALのボートだけが残っていたので、わたしは彼のボートをノックしたが、彼は中にはいない。
毎日仕事帰りにわたしは旦那に電話を入れる。その日は何度かならしてもすぐに留守電にきりかわるので、何か変だとは思っていたが、まさか、ボートごといなくなっているとは。自分の家がどこに行ったか分からないなんて、ありえない。
わたしは今度はAに電話をした。Aはまだ仕事中で何も知らなかったらしく、「どうりで電話しても繋がらないと思ったわ!本当に自己中なんだから!」と怒っていた。彼女は車で戻って来るので、一度わたしを迎えに来ると言っていたが、1時間ぐらいかかると聞いて、いったん断った。そしてW、ALと続けて電話をかけた。全ての電話が留守電に切り替わる。
なんのために皆、ケータイの電源を切らなければならない。それとも、皆充電切れか。
まさか!事故にでもあってボートごとみんな沈んでしまったのだろうか!
わたしは心配になって、今度はSにも電話をしてみた。また留守電。。。
2月の寒空の中、わたしはテムズ川の前で、まるで思いつめた女のように立ちすくんでいた。どうしたらいいんだろう。。。
しばらくすると、電話がなった。旦那からだった。
「夕方ボートをハムに移動したんだ。S達のボートがあるところだ。電波がひどく悪いところで、今まで誰の電話も繋がらなかったんだ。」
わたしは旦那の言うことを聞いて安心したと同時に、怒りがこみ上げてきた。
「ハムってどこよ!」
旦那が言うには、反対岸に渡れば10分で行けるが、そうでなければ橋まで歩いて大回りして30分はかかるという。
真冬の寒い中、仕事で疲れているのに30分歩いて、その後ボートがある場所を探すなんて。。。。
わたしは少し途方にくれてしまった。あの寒いボートでもいいから早く帰って布団にもぐり込みたかった。

結局旦那がWの小型ボートで迎えに来てくれた。
わたしは旦那になぜ連絡もよこさないで勝手に動いたのかと聞くと、Wが突然決めて皆で移動することになったので、連絡できなかったのだと言う。
旦那よ。。。いつまでWの言いなりでやっていくのだ。。。
10分ほどでコミュニティのある場所に着き、ダイアモンドとWのボートは少し離れた船着場に止めてあった。
わたしがケータイを見ると、本当だ。本当に電波が悪い。ボートがあるすぐ先には隣町に続く水門があった。周りは遊歩道と森林だ。少し歩くと民家があるが、確かに電波が悪そうなところだった。おまけにテレビの映りも悪かった。
その代わり、ゴミ捨て場が10分先にあった。これで、毎日公共のゴミ箱を探して少しずつゴミを捨てなくてもよくなる。
歩いて15分ちょっとのところに、コインランドリーやちょっとした店などもあり、バス停もその通りにあった。
そんなに悪くはない場所だ。
勝手に家を移動されてわたしは憤慨していたが、悪いことばかりではないだろうと落ち着いた頃、Aが仕事から帰ってきた。
わたしが映りの悪いテレビを見てくつろいでいると、いきなりボートにやって来た。
旦那はWや仲間達と久々に外で騒いでいた。
Aはボートに入って来るなりわたしに言った。
「いつも、彼の行きたいところばかりに勝手に移動されて、わたしの意見は絶対に聞き入れてもらえないのよ!」
確かに。それは言えている。
「あの人はなんでここに来たか分かる?みんないるからよ!また毎晩酒飲んでパーティする気なのよ!」
ああ、そういうことか。。。Aの言うことにわたしは納得した。
またあのうるさい日々が始まるのか。。。。
Aはまた言った。
「わたしは昨日までの静かで平和な夜が好きなのよ。Wも飲み過ぎないし、余計なお金も使わないし。せめて冬が終わるまで落ち着いていられないのかと思うわ。」
そうです。その通り!わたしも同じ思いです。
わたし達女二人は肩を落とした。
なんだか男って、と思わずにはいられない夜だった。
でも、毎日飽きもせずに仲間達と騒いでいないと気が済まないWって、本当は誰よりも寂しがり屋なのではなのだろうか。。。。

次回はWという人物について書きます。

コメントの投稿

非公開コメント

Wさん、お酒飲み過ぎて身体壊さなきゃいいけど…。
不思議な魅力のある人だけど、本当に365日お騒がせだね!
旦那さん、しっかりして〜(笑)

No title

そうですねー、移動する前に一本電話して欲しかったですね。取り残された身としては色々勘ぐりますよね。Wさんは人が好きなのか、ワイワイすることが好きなのか…笑 ただ騒ぐのも周りを考えないと。自由な人っぽい印象がする。
あ、そうそうペット保険は色んな会社を検討した結果HomeBaseの保険にしました。他に比べるとお手頃かなあ。私の犬は捨て犬だったんですよ。捨てるくらいならシェルターに連れていって欲しい。いまの猫を今後飼うのが困難ならばシェルターというのも検討してもいいのかも、ですね。

Re: タイトルなし

Wは相変わらずだけど、次回はWの隠れた性格を書こうかなあって思ってるよ。
分かりやすく書けるといいなあ。またよろしくお願いします。

Re: No title

HomeBaseの保険ですね。ちょっと見てみます。ありがとうございます。でも、HomeBaceも保険ってやってるんですね。知らなかったです。
Junebugさんの犬も、Junebugさんに拾ってもらって幸せですね。うちのネコも前の飼い主がいい加減なので、さみしい思いをしたのかなと思ったりします。うちに来て良かったと思ってくれるように、家族で大事にしようと思っています。
でも、シェルターの存在は知っておいても損はしないですよね。言われるまで思いつきませんでした。

Wは確かに自由な人間です。。。騒いでばかりですが、落ち込むこともあるみたいです。次回は彼のことについて書こうと思っています。またよろしくお願いします。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。