スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかしな男

翌日、わたし達は早い時間に小島を離れた。Wが次に向かったのは、テレタビーランドとボート仲間達が勝手に呼んでる草原の前だ。そこからだとメインの街まで20分ほど歩く。バス乗り場までは近かったが、わたしが利用するのに便利なバスはメインの街まで行かなければいけなかった。Wのボートで反対岸まで乗せて行ってもらったら、わたしが通勤で利用するバスが近くなるのだが。
コインランドリーも遠かったし買い物にも不便だが、草原にはあまり人が来ないし、他のボートもなかったので、またもやプライベートな場所状態だった。
Wはクリスマスや正月の時期はサイコーな場所だと言った。
S達がいるコミュニティからあまり離れてないので、その日の夕方にはボート仲間達のボートがたくさんやってきて、インスタントなコミュニティができた。
寒い12月の半ばに何を思ってか、ボートの前にテントまで立った。もちろんバーベキューセットも設置されて、イスやテーブルまで現れた。
いったいどれぐらいここに居るつもりなんだろう。。。。
と言うか、なんだかいつもより人が多い気がする。

そんな中、ちょっとおもしろいことがあった。
一人の男がわたしにとても愛想良く話しかけて来た。Wの釣り仲間だ。
わざわざボートの中まで入って来て、皆外で飲んでるのになぜ外に来ないのかと言う。わたしは夕食の準備をしていたので、そのことを言うと、「ユーはいつも中華を作るのか。」と言った。
わたしは中華はあまり作らないが、日本食は時々作ると言った。
そして、親、兄弟はイギリスにいるのかと言うので、日本にいると答えた。
彼は「両親にお金を送ったりして大変なんだろう。」と同情するように言ったが、わたしは両親にお金を送れるほどの余裕はない。と言うか、送ったら親が逆にわたし達の生活を心配するだろう。
面倒臭いので早く外に出てくれないかなあと思っていると、かなりトンチンカンなことを言ってきた。
「この間テレビで見たんだが、ユーの国では小さい足が美人の証なんだろう?今でもそうなのか?」
いや、小さい顔がいいとはよく聞くが、小さい足は聞いたことがない。
そしてわたしが何度か会話の中で「ジャパン」を連呼しているのに、男はわたしに「ニーハオ」と言ってから手を胸で合わせて、お参りのポーズでわたしに一礼した。
めちゃくちゃじゃん。。。もう。。。

わたしは反論するのをやめた。
そして「さようなら」という言葉を教えて、男は「サヨウナラ」と嬉しそうに何度も繰り返しながら出て行った。
実際、よく考えてみると、わたしだって白人さんが目の前に何人かいて、誰がなに人ですかと聞かれたら、はっきり言って分からない。今は大体の違いは分かってきたと思うが、イギリスに来た頃は皆同じように見えた。
日本人なので、ほとんどの確率で誰が日本人か分かるが、時々間違えることもあるぐらいだ。だから、わたしが日本人であると主張したところでどうしようもない。
それにしても、小さい足って。。。。彼はテレビで一体何を見たんだろう。とても不思議だ。

ボート暮らしは圧倒的に純粋なイギリス人が多い。いくら多国籍な国だと言っても、彼らは少し閉鎖的だ。食べ物もイギリス料理しか口にしない人もたくさんいる。旦那のお父さんはピザやパスタですら口にしない。
そんな中で、彼らはわたしをどんなふうに見ているのだろうか。
ボート仲間達は快くわたしを受け入れてくれているように見えた。わたしにおかしなことを言ってきても、それは東洋人のわたしに少しでも興味があるのだとわたしは勝手に思っている。

外ではまた男達が騒いで好き勝手やってるが、文句はたくさんあっても、わたしはいつも居心地がいい。
おかしなことをする人達ばかりだけど、まあべつにいいや、と思った。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めてコメントします。
いつも、楽しく読ませてもらっています。

小さい足は、中国の纏足(てんそく)のことだと思いますよ~

わたしも小さい足の件は、纏足のことだと思う。
たぶん、中国人は日本にいる人たちもそうだけど、
賃金の高い国で働いて、祖国に送金して家を建てるから、そう言ったんじゃないのかな?
中国人やフィリピン人が祖国に送金しないのは不思議みたいだよ。

No title

纏足(てんそく)ですね。むかし中国の女性は主婦、奴隷として逃げないように足にぐるぐる包帯(布切れ)を巻かれていたそうです。とてもアンバランスというかあり得ない足の小ささみたいです。
美人の証拠ではないようです…。

今は中国は日本を超える、超えた感じですよね。あのパワーはすごい。送金してる人っているのかなあ。
いつもブログアップ楽しみにしています。

Re: No title

Junebugさん
はじめまして。さっそくネットで纏足について見てみました。痛々しい写真なんかもありました。そんな時代があったんですね。
確かに、中国はパワーがありますよね。本当に送金してる人っているんでしょうかね?家族皆で移住しているんではと思うのですが。。。
いつもブログを見てもらってありがとうございます。どこかで見てくれる人がいてくれると嬉しいです。これからもよろしくお願いします。

Re: タイトルなし

よねっちさん
纏足、ネットで見てみたらすごいねえ。あったんだねー。
祖国に送金して家を建てるなんて、すごい快挙だね。イギリスは賃金も高いけど、物価も高いから、がんばってる人はいっぱいいるんだよね。
思いきってブログを始めてよかったよ。今まで謎だと思っていたことも解明できるし。
いつも本当にありがとう。

Re: No title

Soyoさん
はじめまして。いつも読んでもらってありがとうございます。
他にも纏足ですよというコメントがあって、ネットで見てみました。ちょっとショックな内容でした。
分からなかったことが解明されるって、ネットの世界はすごいですね。
そのうち暗い内容なんかも出てくると思いますが、楽しんで見てもらえると本当に嬉しいです。
これからもよろしくお願いします。

興味しんしん

纏足は両家の子女の証って読んだことあります。召使はしなかったらしい。

そういう機会があったら日本人と中国人とは全く違う人種だということを宣伝してください。
其れでなくとも中国人が日本にどんどん移住してきたりして、100年後日本人はいるだろうか。って感じの昨今なので。

昔日本という国があってなんて言われたとき、少数でも日本人の事おぼえていてほしいから。

Re: 興味しんしん

はじめましてzassouさん
ブログ見てもらってありがとうございます。
そうですか、100年後に日本人がいないようなことになったら悲しいですね。
承知しました。よく覚えておきます。
これからもよろしくお願いします。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。