スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小島に移動

Wが何も言わずにいなくなってから3日ほどしても、わたし達はまだ同じ場所にいた。
冬のイギリスは午後3時ぐらいから暗くなり始めるので、仕事を終えた後、旦那はボートを動かせないでいた。
強がりの旦那はWに電話をしなかったし、Wもなぜだか連絡してこなかった。
旦那はS達のコミュニティにボートを動かすのをためらっていた。Wがいるかもしれないからか、逆にWに遠慮してるのか、それともただ面倒なのか、わたしにはさっぱり分からなかった。
冬はテムズ川の流れが早かったり満潮の日が多いので、役所はムリにボートを動かせと言ってこない。それをいいことに、わたし達はできるだけ同じ場所にとどまっていようということになった。その間、休日に二人で歩いて停滞場所を偵察に行くことになった。

少しして、Wがボートでやってきた。ボートを岸に止めずに、大声で旦那を呼んでいる。そして言った。
「ボートにエンジンをつけろ!オレ達の新しい場所がみつかったぞ。着いて来い!」
旦那は「ようっ!」と言って、まるであらかじめ打ち合わせしていたかのように、2隻のボートは縦に並んで新しい場所に動いた。

旦那とWの仲をひっそりと心配していたわたしは拍子抜けした。拍子抜けどころか、バカバカしくなった。人の力を借りずにわたし達だけでボート生活ができるように、わたしなりに色々とリーサーチしていたのに。しかも、ネット環境なしで、バスと徒歩でがんばってたのに、何これ?男ってどうよ?と、思わずにはいられなかった。
10分ほどしてわたし達はテムズ川の真ん中にポツンと浮いている小島に着いた。テニスコートが2つ入るぐらいの大きさだ。
その小島はどこかの個人団体の所有物で、そこも24時間が最大の停滞期間なのに、Wはまたできる限りそこに居座ろうと考えていた。

小島は本島の岸から5メートルほど離れているので、少しぐらいうるさくても苦情は来ない。所有者達のクルーズ用のボートがいくつか止めてあり、大きめの物置小屋やカヌーなどが並べられてあり、他に誰もいなかった。
「ここは今日からオレ達の島だ。オレ達の庭だぞ!」Wが得意気に言った。
そしてキャンプ用のイスやらバーベキューセットやらをボートの前に並べて、発電機を置き、釣り道具をセットして、あっという間にWの空間が出来上がった。
旦那も自由を手に入れた子供のようにはしゃいでいる。
ねえ、旦那さん。わたしもあなたも明日からどうやって仕事に行くの?
ダイアモンドをいちいち5メートル先の向こう岸まで毎朝動かすの?向こう岸は岸の手前が浅いので、大きいボートは止められない。斜向かいのパブはボートが1、2隻止めれるように整備してあるが、パブを利用する人が止める場所なので一日中止めておくことはできない。
しかも、旦那が仕事でわたしが休みの日は、わたしは小島から出ることができないではないか。わたしはボートの操縦なんて一人ではできないのだから。

さて、わたし達は翌日から無事に仕事に行くことができるのでしょうか。。。
次回に続きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。