スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W、勝手にいなくなる

わたし達がいるテムズ川は、同じ場所に24時間以上ボートを止めておくことができないルールになっていたが、わたしとWのボートは10日ほど同じ場所にいた。そろそろお役所の人たちが移動しろ、罰金を払えなどと言うようになっていたので、ある日Wが自分のボートだけ動かしてどこかに行ってしまった。
わたしと旦那が仕事から戻ると、ダイアモンドだけがポツンとそこにいた。
わたし達はこの辺りのどこにボートを止めていいかわからなかったし、土地鑑があまりなかった。わたしも旦那も仕事に行かなければいけなかったので、ボートをどこかに止めたとしても、そこからどうやって駅まで行くのかさっぱり予想がつかなかった。
おまけにWがいなくなったら発電機も使えなくなる。そうしたら自動的に家電は使えなくなる。
旦那は10年以上も付き合いのあるWを親友だと思って信頼していたのに、電話の一本もしてよこさずに消えたことにショックを受けているようだった。
それなのに「あいつがどこに行こうがオレはどうでもいいんだ。オレ達が頼り過ぎたんだ。自分達でそろそろ動く時期だ。」と強がった。

次の日にはボートをどこかに移動しないといけないと旦那と話していると、電気屋のSがやって来た。旦那はWのことを少しだけグチると、Sは丁寧にどこに止める場所があるか、トイレの汲み取りや水の補給をどこでするかなど、必要なことを教えてくれた。そして言った。
「12ボルトから240ボルトに変えるのなんて、オレがやってやるよ。オレは電気屋だ。こんなの半日も要らない。コードやコンセントの差し込みとか必要なものを買ったら、ビール何本かと引き換えに近いうちにやるって。安心しろ。」
240ボルトの環境さえ完了すれば、エンジンで電力を作ってバッテリーに充電させておけばいいので、しばらくは発電機がなくてもなんとかなるのだと言う。
そして「オレのボートは他の仲間達がいる場所だが、なぜだかそこだけ停滞期間の決まりがないから、みんな居座ってるんだ。明日、そこにボートを動かして来い。みんなで少しずつ動かしたらボート一隻ぐらい軽く入るよ。」と言った。
なんていいヤツなんだ。
わたしはSを見直した。なぜ見直したかって、彼は酔うと凄くうざったかったのだ。カラオケ大好きで人の顔の真ん前で、拳をマイクにひたすら歌うし、しつこいし。声はでかいし、慣れなれしいし。おまけに失礼だし。

始めてSに会った時、彼はわたしに言った。
「お前は変なアクセントで話すなあ。オレの奥さんもロシア人で変な英語を話すんだ。」
そして、「ハニャホニャホー。ハイ!」とか変な日本語のマネをして、「オレは今日本語でなんと言ったんだ?」とわけの分からない質問をしてきた。
会うたびにこんな感じなのに、なんだか人懐っこくて悪気はなさそうなので、適当に流すことができた。

少し長くなってきたので、次回はこのままSのことについて書きたいと思います。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。