スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストーブ2

 ある日わたしが母親と電話をしているとき、母が思わずすごいことを言った。
「あなたの預金に結婚祝いのお金が全部入ってなかったけ?」
 そうだ!忘れていた!わたしと旦那は日本で式を挙げ、お祝い金を銀行に入れてロンドンに帰って着たのだった。
 2年半以上経過してから、そのことに気がつくなんて!
 わたしは即効、そのお金をストーブ購入にあてることにした。旦那も大喜び!!
 
 家族、親戚、友人の皆様、本当にありがとうございます!皆様のお祝い金は本当に必要なものに使わせてもらいました。本当に、これがなければ、ボート生活2回目の冬も凍死ギリギリの冬を過ごすところでした!!

 こうしてわたし達は念願の薪ストーブを手に入れることができた。ストーブはパイプにつなげると、お湯も沸かせるし、セントラルヒーティングにも繋げることができる代物。そこまでするには、また高価な部品やパイプなどを買わなければいけないので、とりあえず、薪ストーブだけ設置。旦那が休みの日に、ボート仲間と3人で作業することになった。
 その日わたしは仕事だったため、いてもたってもいられなかった。ストーブ設置のためには煙突用に天井に穴を開けなければいけない。わたし達の唯一の持ち家に素人が穴をあけるのだ。旦那は始めての経験。後の2人は、1度だけストーブを設置したことがあるという経験だけだ。



わたしが仕事から戻るとボートの中は想像以上に暖かかった。
ついに念願のストーブがついたのだ!
わたしと旦那は手を取り合って喜んだ。そしてその夜は窓を開けなければいけなくなるほど暖かくなった室内で、ゆっくりと寛いだ。

20140205082415658.jpg






 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。