スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボート仲間のM

旦那達は早朝から夜遅くまでボートを動かし続けた。と言っても、Wはビール片手にでかい声で冗談を言ったり騒いだりするだけで、旦那がボートを操縦していた。

Mというボート仲間は主婦のように動き回っていたという。一日三食をマメに作り、ボートの中の掃除や洗い物などの世話を焼いてくれたという。
Mは頭の先からつま先までイギリス人だ。と言うのも、彼はサッカーの話が大好き。パブもビールも大好き。ビールの飲み過ぎで、中肉なのにお腹だけがポンポコタヌキみたいに大きい。朝は毎朝近くの食堂でイングリッシュブレックファストを食べる。怪しい日本食なんて絶対に食べない。一日に何倍もミルクと砂糖たっぷりの紅茶を飲む。そしてなぜかイングランドの国旗が付いたポロシャツやらキャップなどを身につけている。よっぽど自分の国が大好きなのだろう。何を思って、そして彼はどこでこれらを買うのだろうと、わたしはいつも思う。
とにかく彼はすごくイングリッシュなのだ。そして、なぜかすごくマメなのだ。
旦那曰く、一日中ボートを操縦して疲れて休もうと中に入ると、きちんとディナーの準備がされていて、ローストビーフやポテトが皿の上にアートのように盛り付けされていて、デザートまで準備してあったらしい。しかもレストランみたいにナプキンの上にナイフとフォークがきちんと並べられてあって、ついでにソファーの上のクッションまでもきちんと並べられてあったそうだ。
水門が現れると門を開ける手伝いをして、後はボートの中で主婦作業。
ちなみにダイアモンドの屋根の上には可愛いハーブや花が少しだけある。Mが季節ごとに花を植え替えたりして管理してくれるのだ。特に何も言わなくても、勝手に何か買って来て、勝手に植えてかわいくしてくれる。なんだか便利だ。

ボート初心者なので一生懸命な旦那と、お気楽極楽なWとマメなM。三人のボートの旅は充実したものだったらしい。今まで気がつかなかったイギリスの素晴らしい景色とボート仲間達の新しい出会い。旦那は本当にボート購入は間違いではなかったと確信したらしい。

とりあえず毎日電話すると言った旦那は、本当に毎日電話してきてくれた。
その頃、わたしも荷造りに追われていて、それはそれで充実した一週間だった。
整理してみると、こんなに!?と驚くぐらいわたし達にはどうでもいいものがたくさんあった。
色んな物を処分しているうちに気がついた。生活するのに必要な物は、わたし達の暮らしには少しあれば良かったのだ。

もう少しで目的地に到着です。彼らは無事に一週間で旅を終えれるのでしょうか。
また次回に続きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。