スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出費多すぎ。。。。

前回の続きです。

「このボートは安全保証書の期限がそろそろ切れるから、ボートを動かす前にやっておいた方がいいよ。車の車検みたいなもんだけど、5年に一回でいいはずだから。」
ウソでしょ。。。また出費。。。。
仲介屋の兄ちゃんの爽やかな口調が、もう怖い。。。。。
そして、兄ちゃん話を続ける。
「この証明書がないとライセンスも取れないから、大事だよ。そうそう、大事と言えば、ボートに保険もかけないとライセンスは取れないよ。」
わたしは恐ろしさのあまり口がきけなくなっていた。だってあたし達、銀行マイナスにしちゃったし、もう本当にお金がないんだよ。次の給料日まで食べていけるか、って言うか、仕事に行く電車代すら危ういから、仕事に行けなくなるかもしれないってぐらいの崖っぷちなんだよー。
ショック状態のわたしの横で、旦那は淡々と話を進めている。
ボートの安全を点検する前に一度ボートを陸に上げるのだそうだ。それだけで相当かかるらしい。
そして、仲介の兄ちゃんにオススメの鑑定士を紹介してもらい、次の週までにはボートを動かせるように手配を進めている。
旦那よ。。。。あんたは頼りになるのか、ならないのか、わたしにはさっぱり分からない。。。。

帰り際、わたしは旦那に言った。
「なんですぐに鑑定士予約しちゃったの?お金、どうやって賄うの。。。。?」
「ボートをあそこに置きっ放しにしたら、停滞料取られるだろ。」
はあ!? 停滞料!? 何それ???
あたし、頭が混乱しすぎて細かい話なんか聞いてなかった。
今こうしている間にも、ボートの場所代は一日5ポンドづつ取られているのだ。
大金叩いてボートを購入したのに、ちょっとは「無料で置いておいてもいいですよ。」という優しさはないのか!
そんな文句を言ったって始まらない。来週までになんとかしなきゃ。
旦那は「今までだってなんとかやって来たんだから、なんとかなるよ。」と言った。
なるわけないじゃん。。。。

わたしはその夜、布団の中であれこれと考えた。次の週までに少なくとも500ポンドは必要だった。給料を前借りしようかとか、友達に借りようかとか色々と考えて、いつの間にか眠ってしまった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。