スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボート探し、Wの意見

ボートを選ぶ前に、とりあえず銀行からいくら借りれるか明確にしなければいけない。値段が決まったらボート選びが楽になる。
ボートは陸に付いていないので保証がない。銀行さんが貸してくれる金額は最大2万5千ポンド。400万円程だ。
これだと、微妙に足りないのだ。
Wがアドバイスするには、古いボートを安く買って、自分達でリフォームして住むのが一番だという。彼のボートは1930年に作られた木製の大きい帆が付いている航海用のボートだ。古すぎて海には出れないが、テムズ川では全く問題はない。
彼はそのボートを50万円ちょっとで買った。中はカビだらけで木が所々腐っていた。トイレは辛うじてあるが、キッチンもシャワーも暖房も無かった。とてもじゃないが住めるような状態ではなかったが、彼はそれに住みながら、日々をリフォームに費やした。Wには定職が無かった。時々入る風船アートの仕事が唯一の収入だった。
ちなみに彼、Wは天才的なバルーンアーティストだ。風船でほとんどの物を形にしてしまう。冗談ではなく、ハリウッドの有名俳優の子供達の誕生会にパフォーマーとして何度か呼ばれている。うちの旦那もWから教わって、パフォーマーとして仕事をするようになったが、実力は断然Wの方が上だ。
それなのにWは年に数えるほどしか仕事が無くて、旦那はその倍以上の仕事が入って来る。違いは値段と性格だと思う。
Wは安い仕事やチャリティーの仕事は一切受け付けない。値段も旦那の倍以上請求する。そして何よりも面倒臭がり。趣味の釣りが何よりも一番なのだ。
話がそれてしまったが、Wにはとにかく時間があった。毎日のようにボートのリフォームに費やす時間があるはずだった。お金が無くて材料が買えないからか、それとも面倒臭がりやがジャマしてか、2年以上経っても彼のボートはあまり変わらなかった。ただ、バーベキューセットが増えたぐらいだ。
そんな住むのに適していない状態で何年も住み続けるのにはムリがあるし、仕事をしているわたし達にはリフォームをするような時間は無かった。
実際、古くて安いボートを買っても大変なだけで、特に値打ちは上がらない。それだったら、多少お金を使っても、値打ちがあってすぐに住めるボートを買いたい。
わたし達は年数が経ってもそんなに価値が下がらない鉄板のボートを買うことにした。そうすることでローンが終わった頃にボートを売れば家を買う頭金になる。大きなボートを買うか、家を買うかの選択ができるのだ。でもそうなると、やはりボートの値が張る。
果たして、思い通りのボートを買うことができるのだろうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。