スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボート暮らしのすすめ? 続き

ある日わたし達は旦那の親友Wに誘われて、彼のボート仲間達とバーベキューパーティーをしに行った。
バーベキューパーティーなどと名目は硬派だが、ただの酔っ払い達のお祭り騒ぎだった。好きな音楽をかなりの高音でながし、通り過ぎる人達にちょっかいを出し、好きずきに川に飛び込んで泳いだりしている。

その時Wが言った。
「このテムズはオレ達の物だ。この河原も緑も全部オレ達の庭だ。何にも縛られない自由な空間はオレ達にしかない。お前たちも早くボートの世界に来い!」
わたしは力が抜けた。子供の頃から人に迷惑をかけないように生きろ、周りに恥ずかしくないように行動しろと、わたしは生きて来たのだ。
でも、彼らはめちゃくちゃ周りに迷惑をかけて、かなり恥ずかしい行動ばかりしている。それでもなぜか楽しそうに近づいて来る人達もいて、いつの間にかパーティーは大人数になっていた。

旦那はまるで子供のようにはしゃいでいた。本当に楽しそうだった。
悲しいかな、人には母性本能というものがある。わたしにもあるようだった。
旦那がこんなに楽しそうなら、ずっと楽しい生活を送らせてあげたいと思った。
結婚して2年以上、わたし達には子供ができなかった。これからもできる兆しはなかった。何に縛られる理由があるだろうか。

翌日わたしは、ボートを買いたいと言う旦那の意見に承知したのだった。。。。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。