スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これって弱いものいじめだと思う

2015年3月13日、ロンドン市内のカナルとテムズ川の規制が変わった。
カナルは2週間までの滞在期間と同じ場所に数ヶ月戻ってこれない、テムズ川は最大24時間の停滞時間と、ほとんどの場所が1時間以上停めてはいけないというルールになった。
テムズ川のコミュニティーやカナルのコミュニティーではボート住居者達が路頭に迷いだした。
ボート仲間達もついにテレビのインタビューに応じることになり、法律が変わる前日の全国版で放送された。彼らは規定の停滞場所はどこも高いしいっぱいなので、これからどこに行けばいいのかと訴えた。カナルや他のコミュニティーでも子供を抱えて本当に困っている様子がテレビに映し出されているのを、わたし達は胸が痛む思いで見ていた。
翌日からコミュニティーの場所にあるボートは全て動かさなければいけない。そうでなければ裁判に掛けられたり高額な罰金を請求されるのだ。
置きっ放しのわたし達のボートも動かさなければいけない。24時間しか同じ場所に停めれないので、旦那は毎日仕事が終わってからボートを動かしに行くことになった。
その間旦那やボート仲間達の一部がなんとか停滞場所がないものかと探し続けたが、人は住んではいけないがボートだけを停めておける場所が辛うじて見つかったと思ったら、法律が変わったと同時に場所代が 倍に跳ね上がっていた。
こうなったらもうお手上げだ。
そんな中、なんと旦那がソーシャルネットワークを通じて安い場所を見つけてきた。場所はボートの中に住んではいけないボート専用停滞所でテムズ川のど真ん中にあった。川の流れが速いとボートが危なっかしくユラユラと揺れるが、ちゃんと鎖で繋いで停めることができる。
ボートから陸に移動するときは、小さいゴムボートか何かが必要だが、毎日移動し続けて暮らすよりはマシだ。
旦那は場所の管理者に話を付けてすぐにそこを借りることになった。
旦那はすごく浮かれて、大張り切りでボートを移動しに出掛けた。
それが、全く予想も付かない事態に変わった。
ボート移動当日に管理者から断りの電話が掛かってきたのだった。
場所が見つかったと飛び跳ねるぐらい大喜びしていた旦那は、なぜ断られたのか分からず呆然として、酷く落胆して帰ってきた。
そんな仕打ちは旦那だけではなかった。
値段が上がってもいいからとにかく一定の場所に落ち着きたいと場所を決めた一人のボート仲間も、ボートを移動してきたその日に管理者からいきなり契約拒否されたのだと言う。
色々と調べてみるとどうやらわたし達コミュニティーにあったボートは全てブラックリストにされているらしい。
コミュニティーも追われ場所も借りれず、わたし達はどうしたらいいというのだ。
わたしはあまりにも酷い扱いに、テムズ川の管理機関やお役所に手紙を書いて停滞場所の管理者達にわたし達を他と同等に扱うように伝えて欲しいと訴えた。でも、待っても待っても返事はない。
同じ内容でメールをしても返事は無い。
しびれを切らして同じように停滞場所の契約を断られたボート仲間が電話をすると、お役所も管理機関も「知らない」とぶっきらぼうに応対するだけでなんだか様子が変だ。
その間旦那はそんなことに時間をとってられないとしつこく場所貸しを断ってきた管理者に電話をしていた。そして聞き出してきたことは、なんと、信じられないことにお役所やテムズ川の管理機関が法律が変わる前に「要注意ボート」と称してコミュニティーにあったボートのリストを停滞場所管理者たちに渡していたのだと言う。
それじゃあ、わたし達も含め、ボート仲間達はどこにも場所を借りることはできないではないか!そして、そんなブラックリストに載ってしまったボートを誰が買うというのか?
わたしは世の中が本当に怖くなった。これって完全に弱いものいじめだ。そしてお役所や管理機関はこんなことをして何の意味があるというのだろう?

この時から、旦那は場所を探すのを諦めた。旦那は毎日ボートを動かし続けなければいけないし、わたし達は親に会いに遠出すらすることもできない。
旦那はボートを売ることに決め、休みの日はペンキ塗りやら修理や修復に追われた。時には泊まり込みで作業をしたりした。
って言うか、誰が買ってくれるのだろう。ボートの値打ちも下がってしまっただろうし。
わたしと娘は旦那を見る回数が減ったので、なんだかこれがいつまで続くのか、ボートは売れるのかと、不安が募っていくだけの日々を過ごした。
家に住むことができても心配事が減らないわたし達家族だった。

コメントの投稿

非公開コメント

酷いねえ…

引っ越すことができても、まだ悩みは尽きなかったんだね。

日本は桜が咲き始めたよ!
花見ができると良いなあ。

Re: 酷いねえ…

よねっち
返事がすごく遅くなっちゃったね。と言うか、日本で会っていたんだけどね。そっちでは色々とお世話になってありがとう!
こっちに戻ってから、ホリデーボケで普通の生活に戻るまで丸1週間かかっちゃった。。。
日本ではまるで夢のような日々だったよ。
ブログは後半戦だけど、あともう少しだから頑張らないとね。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。