スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さまにお礼とお詫び

2014年11月22日、わたし達は不動産屋の契約書にサインして晴れて陸生活者の一員になることができた。
なんと、お役所から連絡がきてからここまでたったの4日だったのだ。
家が見つからなくて苦労したときは精神的に疲れてしまうぐらいだったのに、あの時間は一体なんだったのだろうかと思うとなんだか腑に落ちない。
わたし達は契約書にサインした翌日にボートから新しい場所に荷物を運んだ。ボート生活7年間がなんだったのだろうと思うぐらい少ない荷物だった。すべてが一台の車に収まってしまったのだ。
その代わり捨てる物はたくさんあった。大事にとっておいた思い出の品や服、靴などが湿ったまま真っ黒にカビだらけになってたくさん出てきた。洗えば済むレベルではなかったので捨てるしかなかった。写真やアルバム、娘が赤ちゃんだったときに頂いた大事なカードや手紙。そんな思い出が詰まったものが湿気で濡れてくっついて、カビだらけになっていた。
わたしたちはこんな環境の中で暮らしていたのだ。
仕方なく処分しなければいけない物をかき集めてわたしは涙が止まらなかった。ボート生活にはもちろんたくさんの思い出があるけれど、もう二度とこんな生活はしたくないと思った。

わたし達がボートを離れたなんと翌日にお役所がまた警官達を引き連れてボート全てに警告書を貼りに来た。
春にはテムズ川もカナルも停滞期間の法律が確実に変わるので、すぐにボートを移動しろという内容だった。コミュニティの場所も正式にお役所の管理下になったので、もう移動しない訳にはいかなかった。
どうりでおかしいと思った。もともとわたし達のことなんてどうでもよかった適当なお役所が、わたし達に物件を提供するまでこんなに早いなんて、何か理由があったからしかないのだ。
そしてボート仲間達が感じていた嫌な予感は的中した。コミュニティは本当に近いうちになくなって、皆あてもなくテムズ川をさまよう日々を送らなければいけなくなるのだ。
状況が厳しくなるのはお役所も分かっていたので、とりあえず子供がいるボート生活者だけは助けることにしたのだろう。冬場の川の流れが早い危険な時期にボートを動かしながら生活して子供達に何かあって訴えられでもしたらお役所も大変だ。

わたし達家族は真冬突入寸前に家に住むことができた。でも、わたし達のボートはまだテムズ川に浮かんでいるのだ。
これからすぐ先、ボートは一体どうなるのだろう、仲間達は一体どこへ行くのだろうかと心配になった。




ブログをずっと見に来てくれてる皆さまへ
ボート生活を離れてから、皆さまにすぐにでもお知らせしたかったのですが、友人に相談したり意見をしてもらった結果、先を知ってしまったら楽しみがなくなってがっかりする人もいるだろうということで、家に引っ越せたことをお伝えしないままでした。
今日まで本当にたくさんの心温まるメッセージを頂いていて、ここまで心配してくれた皆さまにすごく、すごく感謝しています。そして、色々な酷いニュースや事件が多いこの時代に、まるで自分のことのように心配してくださった方々、いつもブログを楽しみにしてくれている皆さま、本当にありがとうございます。
そして今の今まで心配させてしまって、本当にごめんなさい。
本当はせめてコメントをいつもしてくれる方だけにでも今の状況を話したくて、毎回ブログを更新する度にもどかしい思いでいましたが、やっと気持ちが楽になりました。(と思いながら、もう一年以上経過してしまいましたが。。。)
家には引っ越せましたが、その後もなんだかんだとありました。なのでブログはもう少し続きます。
どうかもうしばらくお付き合い下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうなんですね!やはりお役所の考えがあったんですね〜、でもこれはスカイさん達にとってとても良かったのでは?他のボート仲間の行方が気になるところですね…ボート生活、水門の開け方なぞ知ることもなかったのでスカイさんのブログを読んでいて知りました。イギリスに住む日本人の女性で全て自給自足という番組も見ました。家も手作りですよ〜!こうして自分の生活と違う、でも惹かれるということもあり他人様のブログを拝見するのでしょうか…なのでスカイさんが陸にいようと川にいようとブログにお邪魔させて頂きます〜。

おめでとうございます。

いや~、よかったです。
そして私は結果を知らなくてよかった・・・いつまで大変なボート生活が続いてしまうんだ~!!とドキドキハラハラドラマを見てるように読ませてもらいました。

この国でも、しょっちゅう停電や断水があります。
その度に、イライラするのに、毎日毎日節水節水と思いながら生活するのは本当に苦痛だったと思います。しかも幼児との生活。

お疲れ様でした。
思い出の品との別れは辛かったと思います。
でも家族3人、健康でボート生活を終えられてよかったですね。

これからも引き続き、『イギリス清貧陸地生活』を楽しみにしています。

Re: No title

Junebugさん
わたし達にとってはお役所さまさまです。冬のボート暮らしは大変なので、本格的に寒くなる前で良かったです。
でも、ボート仲間達の行方は気になりますよね。わたしも旦那もあの時は心配でした。
そうですよねえ、普段水門なんて開けることないですよね。わたしも、ボート暮らしでたくさんの経験をしました。
イギリスには自給自足で家まで作っちゃった人がいるんですねー!すごいです、わたしもブログ見たいです!
わたしのブログはもう少し続きます。なのでまだちょっとお付き合い下さいね。いつも本当にありがとうございます。


Re: おめでとうございます。

まよねーずさん
ありがとうございます!やっぱり家が決まったって言わなくて良かったんですねー。

そちらは停電や断水ってしょっちゅうあるんですね。それは大変です。水や電気が使えるうちに使っておかないとってなっちゃいますよね。生活に必要最低限のものがままならないと人って精神的にも疲れるんですよね。もともと何も無ければそれなりに暮らしていけるのに、現代の生活を知ってしまうとそうはいかない自分が不思議です。

イギリス清貧陸地生活って、すごくいい題名です!
確かにその通りの生活送ってます(笑) でも日々幸せだと思いながら生活しているので何よりです。
ブログもボート仲間のその後などもうちょっと続きます。あと少しですが、お付き合い下さいね。

やめないで~!

ブログはもうすぐ止めちゃうんですか?

うちも同い年の子供が居るので、勝手にとても親近感を持って読ませていただいているのですが・・・是非止めないで~。

イギリスの幼稚園の様子や、ママ友事情なんかも大変興味ありますし。

是非、陸地生活になってからも、ブログ続けてくださいませ。

Re: やめないで~!

まよねーずさん
嬉しいコメントありがとうございます。
そうなんですよねえ。わたしもボート生活のブログが終わったらちょっと寂しくなるなあって思っています。
とりあえず、ボート生活が終わってしまって今現在まで書き終えたら書くことも減ってしまうので、終了するしかないかなと思っています。
でも娘が去年の9月からちょっと変わった環境の小学校に入学したので、それをブログにするべきかと悩んでいますが、今のところ未定です。でもそうなったら、またその時はブログ見に来て下さいねー。

はじめまして

ずっと読んでましたがコメントははじめてです。

読んでる間に自分も子を産み、このブログに更に親しみが湧いてました。思い出の品がカビだらけになるのは辛いですね……。

でも、どんな環境に変わっても、スカイさんご一家をこれからもずっと応援してます!

Re: はじめまして

春猫さん
こちらこそはじめまして。ブログを読んでくれてありがとうございます。

御出産おめでとうございます!赤ちゃんがいる生活にはもう慣れた頃ですか?自分の子供、本当に可愛いですよね。でもその分大変なことも多いんですよねえ。

日々の生活で色んな思い出の品や写真って増えますよねえ。それが台無しになっちゃったのはすごく悲しかったんですが、ブログに書くとなぜか不思議にすっきりと気分が落ち着くんです。
いつか娘がこのブログを見たときに、こんな経緯で思い出の物を処分しなきゃいけなかったんだって分かってくれるかなあ、とか思ったりするからでしょうか。

応援のコメント本当に嬉しいです。
そろそろ話も終わりに近いのですが、飽きずに見に来て下さいねー。

No title

7年もボートに!
お疲れさまでした。。。

湿気はしょうがないですよね。
うちも大掃除をした時に、大量に捨てました。

今はボートはどうされてるのですか?
泊めるのもお金がかかりますよね。
長男を出産するときに、
ロンドンのパディトンに泊めて、
その後の計画がだいぶん狂いました(笑

その後のスカイさんのブログも読みたいなぁ~、
また書く気になったら、お願いします!

あと遅れましたが、
私のブログはここです。
ボートのことは、あんまり書いていませんが、
良かったら遊びに来てください。
ロンドンで貧乏生活やってます。

http://london2009.exblog.jp/

Re: No title

puppyさん

本当に7年もボートに住んでいたなんて、今では信じられないと言うしかないです。長かったような、あっという間だったような、という言葉がぴったりって感じがします。

湿気ってもうどうしようもないですよね。ボートに住むには湿気、カビと戦うというよりも、もうそんなもんだと諦めるしかないですよね。洗って済むレベルで出てこないから、もう捨てるしかないっていうのが悲しいというか、切ないというか。。。

パディントンのあそこに泊めたんですか?モーリング代払う方ですか?1週間づつだけなら泊めたことありますが、あそこのパーマネントモーリングなんて夢みたいな場所じゃないですか!あの辺好きです!
わたし達のボートはどうなったのか、これからちょっとづつブログで書いていこうかと思っています。家に住めてもボートの問題がまだあるわけですからねえ。
本当に、お金があったら貧乏で小さなボートに住んでる仲間にあげたりとか太っ腹なことをして誰かを助けてあげられるんですが、そうはいかないんですよねえ。

ブログ、さっそく見にいってみます。
楽しみですー。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。