スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきなりやってきたチャンス

2014年11月中旬、PもBも戻らないまま季節は本格的な冬になろうとしていた。仲間達の人数は減ったが、静養していた双子の片割れも戻って来てボートコミュニティはなんとなく機能していた。
Pのパートナーは実家にいるらしく、時々彼らのボートに来ていたようだが、わたしが彼女を見ることはなかった。
お役所はテムズ川の法律が変わるので立ち退けと春から騒いでいたわりには、その年も何もないまま終わりそうだった。
コミュニティは以前のようにハッピー、パーティー!という状況ではなくなったので、双子達と旦那がこの年は静かなクリスマスと年越しになりそうだと話していた矢先に役所から信じられないような内容の電話が旦那にかかってきた。
わたし達が住む家が見つかったので、とりあえずすぐに役所まで来て欲しいとのことだった。

翌日旦那と娘と3人で役所に出向くと、前回の家探しのときに担当してくれたお兄さんがわたし達の顔を見て「まだ本当にボートに住んでいるのか!?」と驚いている様子だった。
彼はとにかく冬前にボート生活を抜け出した方がいいと話を始め、わたし達の収入などからおおざっぱに計算して、家賃や地方税は手伝ってはあげれないが、敷金だけなら援助できるのでとりあえずこの物件を決めてしまった方がいいと、物件のチラシを見せてくれた。
場所はとんでもなく好条件で中流家庭の多い品がいい地区の割には、家賃は援助なんていりませんというぐらいにリーズナブルだった。ハイロードに面したある商店の三階で、最寄駅まで歩いて15分ほどだ。
わたし達は兄さんに促されるまま、その足でその物件を見に行くことになった。
突然舞い込んできた好物件にわたし達は嬉しくてたまらず、帰り際担当のお兄さんに「早いクリスマスプレゼントをもらったよ。本当にありがとう。」と旦那が言うと、お兄さんはすごく嬉しそうに「仕事をしていた甲斐があったよ。」と満足そうに言った。

物件を見に行くと、不動産屋の担当のお姉さんが先に来ていた。わたし達は資料をもらい、中を見ると物件は生活保護者用の物件ではなく、不動産屋が普通に管理しているものだった。わたし達がお役所の手助けで物件を見にきているのにもかかわらず、不動産屋のお姉さんからは不気味なぐらいに手厚い扱いを受けた。
前はどこの不動産屋もお役所の保護を受けると言っただけで門前払いだったのに、今回はどうしたことだろう。
物件はお店がある建物の3階にあったので、部屋にたどり着くまでコンクリートの急な階段を登らなければいけなかった。不動産屋のお姉さんが「子供がいたら危ないわよね。」と言うが、いやいや、川沿いの方が滑って危ない。今まで何度ボートの乗り降りで娘を抱えたまま滑り落ちそうになったか。なので、こんな階段、まったく苦にもならない。
家はあまり手入れがされてない古い建物で、中に入るとカビ臭かったので今度は不動産屋のお姉さんがさりげなく窓を開けて「しばらく人が入ってなかったから湿気っぽいんだけど、住み始めたら落ち着くはず。」と言ったが、いやいや、ボート生活はもっと湿気がすごいし、うちのタンスなんか奥は服が湿ってカビだらけでとても着れない、と言うかとても怖くて見れない。
そして部屋は一般的には狭いのだろうが、ラウンジの他にベットルームが2つもあって、ボート暮らしのわたし達は広すぎてびっくりしてしまった。
娘は「ここがあたしのお家?あたしはミニーちゃんのベットがいいなあ。」ともうすでに自分の家気分だ。
わたし達はまるでアトラクションにでも来たみたいに大はしゃぎ。何に感動したかってお風呂がある。蛇口をひねると水がジャアジャアと出るのだ!
トイレも流すとジャアジャアと水が出る。電気も発電機無しで使えるのだ。そして、洗濯機があるではないか!まるで夢の国に来たようで、わたし達は小さいことでいちいち感動していた。はしゃぎ過ぎてよく覚えていないが、たぶん不動産屋のお姉さんはわたし達の様子を見てだいぶ困っていたに違いない。
わたし達はもう、このチャンスを逃すまいとすぐに契約しますと約束してその場を後にした。
後は不動産屋とお役所が話し合った結果を待つだけだった。

待ちに待ったチャンスがやってきたので、わたし達はボートに戻ってからも嬉しさと緊張感で震えが止まらない思いだった。ちょうど双子が外にいたので、旦那が冷めやらぬ興奮を彼らに話した。すると、双子の片割れが偶然にしてはおかしなことを言った。もう一組のボート住まいの家族にもお役所から連絡があり、いい物件があると勧められたのだと言う。いつも冷たいお役所がなぜいきなりこんなに親切になったのだろうか?
わたしも旦那も、そして双子達も、なんだか嫌な予感がした。

わたし達は嬉しい思いと不安な気持ちが入り混じるようなすっきりしない思いのままその夜を過ごした。
役所や法律、社会のシステムに踊らせれている自分達の立場が、なんだか少し悲しく思えた。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

むむ!?話が美味しい(笑)でもいい感じですねー、そして娘ちゃんの反応が可愛い。お役所さんの陰謀でないことを祈りますが…
長いボート暮らしで色んな辛いことを乗り越えてきただけに物件を見にいくのは嬉しいですよね。スカイさんの嫌な予感というのが、的中しないといいのですが…

Re: No title

Junebug さん、話が美味しすぎですよね!お役所は陰でどんなことしてるのか本当に分かりません。。。。
でも、あの時は物件を見に行って本当に楽しくて、お役所さんには感謝しました。
良いことや悪いことが混ざってやって来るというのは、本当に複雑な気分です。

No title

読んでてどきどきします。
もしかして、同じ物件?とか。。

私もボートから普通の家に行くと、
いちいち感動していました。
暖かいし、トイレは問題ないし、
シャワーは使いたい放題だし。
あと、ボート、蜘蛛、すごくないですか?
私はもう手で捕まえることができますよ。

Re: No title

Puppyさんなら気持ち分かってくれますよねー。トイレとかシャワーとか一番最初に感動しますよねー。
蜘蛛、多いです。本当にどこかしこにいますよねー。わたしは大きいのは掴めないので、カップとハガキで捕まえます。
あと、小さい蛾みたいのとかも多いし、娘が産まれたてのときは虫から守ってあげるのに、すごく必死でした。
まあ、ネズミとか入ってこないだけでもいいんでしょうか。。。

ご無沙汰!

スカイさん、お久しぶり。
日本は年度末で、わたしの会社は24時間体制で業務をやってもまだ終わらなくて、残業の嵐で全然ブログ見られなかった。
ごめんね。
急にやってきたいい話、凄くどうなったか気になるよ。
まあ、わたしは今のスカイさんを知ってるから、大丈夫だけどさ。
しかし、わたしが初めて買ったばかりのボートに泊まってから、こんな激動の人生歩んできたなんて、知らなかったよ。会うといつも幸せそうでさ。
(お金にはだいぶ苦労してそうだけど。笑)
ブログ読めて良かったよ。ほんと。
じゃ、また来月にね。

Re: ご無沙汰!

よねっち、お疲れ様。日本は年度末かあ。そうだよね。もう3月になるなんて信じられないよ。この間まで正月だって思ってたら。
忙しいのにいつもブログ見てくれてありがとう!
よねっちがボートに遊びに来てくれたのが、本当にこの間のことのようだよ。
その間に色んなことがいっぱいあったけど、なんだかんだと乗り越えられるもんなんだね。
また会った時にゆっくり話そうねー。
仕事、ムリしないでねー。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。