スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘の誕生会

9月末は娘の誕生日だ。2014年9月で娘は4歳になる。まだ4歳だと思っていても、一丁前な自己主張はしっかりする。誕生会は盛大に友達を呼んでパーティーをしたいと言い、ジャンプングキャッスルも用意して欲しいと言うのだ。
前にMAちゃんの誕生会の話を書いたときのことを覚えてる方は記憶に少しあると思うが、この国の誕生会は盛大だ。大人も誕生会をするが、子供のは結構頻繁に行われる。
仲の良い友達を数人呼んでパーティーということもあるが、娘ぐらいの年だとまだ仲の良い子も決まっていないので、クラス全員を招待するというのはよくあることだ。それプラス、まだ小さいので親も同伴してもらうことになると、それはそれは大掛かりなパーティーになるのだ。
大きい家だと問題なく家でできるが、そうでない人達は場所を借りることになる。例えば、教会や地域の公民館、公園も貸切にしてくれるところもあるし、レストランなども食事付きでパーティーができるプランもある。ピザ屋などはプランに子供たちがピザを作ったりできるものもある。
それに更にジャンプングキャッスルを加えたり、エンターテイナーを呼んだりすると、親は何もしなくても子供たちを楽しませることができる。
娘はMAちゃんの誕生会や数人の誕生会に呼ばれたことがあるので、自分の誕生会をしてもらうことをずっと楽しみに待っていた。
娘の誕生会。。。盛大に。。。。
うーん、わたし達には大きい家もお金もない。そして何よりも学校が始まったばかりの娘には特定の友達がいない。クラス全員呼んでしまったら、ちょっとすごいことになってしまう。
と、考えた末、場所はボートのコミュニティーがある目の前の原っぱにすることにした。雨が降ったらどうしようもできないが、一か八かで原っぱパーティーだ。これで場所代は無料。いつもパーティーばかりするボート仲間のPが快くイベント用テントや食べ物を置くテーブルなんかを貸してくれるというので、やったあ、これも無料。ついでにDJブースとPの弟DJも貸すと言ってくれたが、これはちょっと、と断った。
こんな時でしかラッキーとは思わないのだが、旦那もWも小遣い稼ぎに子供相手の大道芸人の仕事をときどきしているので、エンターテイナー代も無料。
ジャンピングキャッスルも旦那がお世話になってるエンターテイナーのエージェントから特別に2時間限定で格安で借りることができた。
そして、食べ物はバーベキューと決めて、Wの友達が肉屋なので低価格で質の良い色んな肉をセレクションして持って来てくれることになった。
という事は、わたし達はスナックやサラダ、飲み物に、最後にお土産として配るパーティーバックを準備すればいいだけだ。
問題は、誰を呼ぶかだ。クラス全員は呼ばないことにしたので、娘の友達と言えば、MAちゃんといつも世話になってるフランス人ママの息子、Pの彼女の孫達3人。そしてボート仲間達とわたしと旦那の友人達。。。。。ってあれ、大人の方が多いじゃん。。。。
と言うことで、事情を良く知っている日本人のお母さん達に子供達を連れて来て欲しいとお願いした。
当日、9月末の天候が不安定な時期に幸運なことに晴天に恵まれた。わたしと旦那が買い物に行っている間、ボート仲間達は娘の誕生会のために朝からテントを張ったり、バーベキューの準備、ジャンピングキャッスルにつなぐ発電機など、色々準備してくれた。それも、すごく張り切って。
日本人のお母さん達は、プレゼントまで持って遠くから来てくれた。しかも、ホームレスみたいな格好で酔っ払っているボート仲間達のことも寛大な目で見てくれていた。ついでにわたし達のボートを見学していたが、みんなわたし達の暮らしを尊重してくれた。
パーティーが終わるころエージェントがジャンピングキャッスルを片付けに来た時、ボート仲間達は「ちょっと待て!」と子供達をどけてキャッスルで飛び跳ねていたが、日本人のお母さん達はそれすらも笑って受け流してくれていた。
忙しかったけれど居心地が良く、娘も大喜びで、誕生会をして本当に良かったと、参加してくれたみんなに心から感謝した。
(もしもこのブログを見ていてくれるお母さんがいたら、こんなところでなんですが、あの時は本当にありがとう!おかげで娘にもわたし達にもいい思い出ができました。)

日が沈み皆が帰った後、残り物をボート仲間達と食べながら、Pと旦那がみんなにビールを振舞って、またパーティーが始まった。
娘はもらったプレゼントを全てベットの周りにおいて「楽しかったねー。」と何度も言いながら眠りについた。枕元にはボート仲間達が一人一人お祝いのメッセージを書いてくれたカードがあった。

仲間がいて、助け合って、いいことも悪いことも一緒に分かち合える人達がわたしの周りにいるということは、とても奇跡的なことなのかもしれない。わたしはずっとずっとこのままでいたいと思った。
仲間達が焚き火をしながらみんなで冗談を言ったり歌ったりしている。わたしはいつものように遠くからそれを見ていた。パチパチと燃え上がる火の粉の横でゆらゆらと揺れる仲間達の影が本当に映画のシーンみたいに綺麗で感動的で、その光景をそのまま箱に入れてとっておきたい気分だった。

あの時わたしは、この光景が最後のものになるなんて夢にも思わなかったのだ。
たったちょっとの欠片が崩れただけで、仲間達が皆一斉に崩れてしまう、そんな嘘のような事件が起きたのはこの後すぐだった。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わ〜、なんだか想像できる、その光景が。楽しそうですね!娘ちゃんも喜んだでしょう!本当に、ボート仲間の手助けあっての、手作りパーティですね、娘さんは大きくなっても覚えてるでしょう。
覚えてますよ、MAちゃんの誕生日会。こっちの人は子供の誕生日会がけっこう気を使うもののようですね、(あとお金)そこまでするんかー!と思うけど。まあ、文化かな。
最後の一文が気になります。

Re: No title

Junebug さん
そうそう、そこまでするかー!?ってぐらい気も使うし誕生会に気合入れますよねー。大人になっても自分、自分って誕生会開いちゃったりして、やっぱり文化ですよー。
あたしはなぜか、自分の誕生日の当日は絶対に人に言わないというか、隠してしまいがちですが、こっちに来てから誕生日を主張する人が多いかと思いました。まあ、でも確かに年に一度の特別な日ですもんね。
娘もまだ覚えてくれてるし。誕生会、がんばって良かったです。

次回からボート仲間がまさかの仲間割れ、と言うか、人って悲しいです。。。楽しみ(?)にしてて下さいねー。

同じです、同じです

子どもの誕生日を盛大にやるとこ、こちらも同じです。
大人の誕生日でさえ、『祝って、祝って~』ムードなのも同じく。
せめてもの救いは、呼ばれたら呼び返す的な習慣はないことですね。パーティーをやるのもやらないのも、呼ばれて行くのも行かないのも、自由な感じです。

うちも、パーティーしたいって言いますが、親戚以外の人も呼ぶ大がかりなものはやったことがありません。一度やると、来年も再来年もとなるのが怖いし。私自身が、他所の子のお誕生日会に呼ばれるのがあまり好きではないので、人を呼ぶのがつい面倒に感じてしまうのですよね~。

子どもの気持ちも分かるのは分かるのですが・・・。

早く、お誕生日会を盛大にしないとちゃんとした親じゃないって落ち込む年齢枠を過ぎて欲しいわ。

親子だけで祝う、日本的な誕生日が羨ましいです。

スカイさんはお嬢さんの願いをちゃんと聞き遂げてあげて、素晴らしいお母さんだと思います。

Re: 同じです、同じです

まよねーずさん
そう考えたら日本の家族だけで祝う誕生会って、ほのぼのしてていいですよねえ。

そちらは呼ばれたら呼び返す習慣がないんですね。気が楽そうです。
こちらもそんな感じのところはありますが、なんとなく呼ばれたらこちらからも招待しないと、と気を使ってしまいがちです。
それでも娘には旅行に連れて行ったり高い物などを買ってあげられない分、誕生会ぐらいはしてあげようと思っているんですが、ふう、誕生会も本気でやっちゃったら旅行とか行けちゃう金額だったりしますよね。。。。
できることなら誕生祝いに家族でリゾート地なんかに行ってゆっくりしたいです。本当は。

まよねーずさんの言う通り、一度やると来年も、再来年もってなります。確かに。
10代ぐらいになったら、誕生日は仲良しの友達とお出かけとかになるんでしょうか?
それはそれで楽ですが、そうなると今度は見えないところで何をしてるか心配しちゃいそうです〜。
もう全世界的に誕生会は絶対に家族でやるもの!という法律を作って欲しいです。。。。ムリですよね。



No title

スゴイ素敵なお誕生日会!
うらやましいです。
私は手軽に、マクドで済ませてしまったので、なおさら。
(でも、予算とか場所とか、選択肢がなかったのです)
本当はそうやって、いっぱい工夫とか友達に手助けしてもらって
やるのが、いいなぁ~と思います。

でも、わたしたちロンドンのゾーン2に住んでいると、
庭付きの大きな家なんて、夢のまた夢なので、
こっちはみんな商業施設で済ませてます、そして、
お金かかった!と、言い合うのが定番。

ボートのそばで、やるパーティなんて、なかなかないですよ、
私もそばで、ビール飲みたくなってしまいました。

Re: No title

puppyさん
庭付きの大きな家なんて、本当に夢のまた夢ですよねえ。
ロンドンはぼったくり並に家も家賃も高いです、本当に。
マックで誕生会は子供達も喜んだでしょうね。うちの娘も呼ばれて行ったことがありますが、子供が喜ぶように手配してあるんですよね。手軽にと言っても、大変だったのでは?
そしてお金、うう、本当にぱあっと出ちゃいます。誕生会って痛い出費ですよね。

ボートのそばでテムズ川を見ながらビール。うーん。それがやめられないからボート仲間達もボート生活が好きなんでしょうねえ。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。