スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘の学校が始まった

2014年9月、娘の学校が始まった。
娘はまだ4歳なので幼稚園クラス。1日たった3時間通うだけで、制服も着なくていい。それでも一応学校指定のカバンだけは持って行くので、娘も少しお姉さん気分だ。それに輪をかけてボート仲間達が朝から「楽しんでおいで~。」「いっぱい学んで来るんだぞー。」と送り出してもらって、帰ってきたら「今日はどんなことしたんだ?」と言って来るので、娘にとっては学校に行くと言うことは特別なことのようだった。
それにしても、昼間っから酔っぱらっているボート仲間達に「勉強ちゃんとしてきたかー?」と言われて「イエス!」と素直に答えている娘のやり取りを見ているとコメディーを見ているみたいだ。

娘の学校が始まる数週間前、学校の先生2人が家庭訪問にやって来た。初めて学校に通う子供たちを良く知るために、ほとんどの学校で行われる。わたしは学校説明会のときに予め記載してある住所はメールボックスなので、家庭訪問に来るときはボートに来て欲しいと大体の場所と住所を担任の先生に教えておいた。
当日旦那はボート仲間達に、先生方が来るので行動を慎むようにと念を押していた。ボート仲間達もしっかりと旦那の言うことを聞いてくれて(?)、先生方が来たときはなぜかエレガントな立ち振る舞いで「ハロー」と笑顔を振りまいていた。
家庭訪問はいい感じに終わった。先生方は優しそうで感じが良く、特にボート暮らしや環境のことには触れず、普通に応対して普通に帰って行った。
学校も始まってみると、子供達もすぐに仲良くなり、親達も自然な感じで話せる雰囲気だった。
ただ、この国ではよくあることなのだが、親同士のグループが自然に3つに分かれていた。一つは白人のイギリス人グループ、次に黒人グループ、そしてわたしを含めた外国人グループだ。
わたしは気が楽ならそれでいいので、それはそれで良かった。他のグループの親達も目が合うと挨拶するし、問題はないのだ。
それが、娘が入学してから数週間ほどたった頃、ドキッとするようなこと起きた。わたし達がボートから外に出た時、娘と同じクラスの男の子がお母さんと一緒に犬を連れて散歩していたところとばったり出くわしたのだった。
いつかこんな日が必ず来るのは分かっていたが、わたしは突然で動揺した。
向こうは「あら、あなたは!?」と顔をして「ボートに住んでるの?」と聞いてきた。わたしは「そ、そうです。」と苦笑いで頷きながら旦那に娘のクラスメイトだと説明すると、旦那はお気軽にそのお母さんと立ち話を始めた。イギリス人同士話しが弾んでいるようだ。
娘もクラスメイトの男の子も特に遊ぶわけでもなく、ただぼうっと突っ立っている。
わたしはどうしたらいいんだろう。。。。
とりあえず、これでイギリス人達のグループにわたし達がボートに住んでいると知れ渡ったも同然だ。なんかちょっと面倒臭い。
翌日学校に娘を送りにいくと、そのイギリス人のお母さんは今まで目が合ったら微笑むぐらいなのに、「ハロー」と挨拶してきた。そして、いつの間にか、大雨が降って嵐状態の日は本気か社交辞令か「ボートは危ないから、遠慮しないでうちに来てね。」と言ってくれるようにまでなった。
娘も学校で「わたしのおうちはボートだよ。」と言ったりするようになり、他の親達も特にツッコミもせず、「あら素敵!」などと言うぐらいだった。
娘の学校が始まるまで神経を張り詰めて娘のことを心配し、ボート暮らしで娘がいじめられたり差別されないように彼女を守ろうと心に誓っていたほど緊張していたわたしは、すごく拍子抜けした。
人って案外自分で思っているほど他人のことは考えていないというか、興味がないのだ。
よかった。よかった。
わたしは娘の学校がますます好きになった。
朝学校の門が開くと駆け足で教室に入って行く娘を見ながら、心配ばかりしていた自分がバカバカしくなって笑えた。
世の中にはいいことも悪いことも、楽しいことも辛いことも、色んなものが溢れていて混乱してしまいそうになるけど、毎日を楽しくポジティブに生きてたくさんのことを学んでほしいと、娘の後ろ姿を見ながら思った。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いやー、いい話。旦那さんの行動(学校決め)に感謝・感謝ですね!今までのお話だと、ボート暮らしと聞くと決めつけたかのように無視とか距離を置くとかでしたよね?
娘さんが学校を楽しめていることが何よりです。そしてボート仲間の優しい言葉かけが素敵ですね!!

Re: No title

本当に、旦那、娘の学校決めて来てくれて、でかした!ですよー。
ボート暮らしがあまり現実的でなくてなんのことだか分からない人もいたし、こっちが普通にしていたら、誰もそんなことはどうでもいい感じでした。そう考えると、ボートコミュニティーを毛嫌いする人達ってごく一部の住民なんですよねー。
仲間達はとにかく誰にでも声をかけたいんです(笑) でも、娘は嬉しそうでした。

No title

スカイさん、

今日も楽しく読ませていただきました。

うちも、貧富の差の激しいこの国で、子供を公立の幼稚園に通わせています。この国では普通に中流家庭なら私立に入れるのですが、うちは公立へ。

揉まれて揉まれて逞しく育ってもらおうと思っています。

どこの国で暮らしていても、親の思うことは同じですね。
色んな経験を積んで、『幸せ』を感じれる人になって貰いたいです。

Re: No title

まよねーずさん
いつもブログ読んでもらってありがとうございます。

わたしもそうです。小さいうちは色んな子供達に混じって揉まれながら優しさや強さを学んでほしいと思っています。学問の差が出てくるのはもう少し先だと勝手に思っているので、中学校辺りからまたどの学校がいいかとか真剣に考えようかと思っています。
どんなに良いと言われている学校を出て成績が良くても、幸せを自分で感じられることができなかったら、なんだかかわいそうですよね。
でも、わたしが信じて娘のためにしていることはいいことなのか、実は間違いだったのかは、この後ずっと先にならなければわかりませんが、今は自分が信じることを信じようかと思いながら子育てしています。

お互い住む場所は違えど、思うことは一緒なんですね。


プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。