スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかしな夏

2014年夏
ワールドカップパーティー以来、なんだかよくわからない若者が川沿いに増えた。調子に乗ったボート仲間達は暇があれば彼らと騒いだりパーティーしたりしていた。
旦那も仕事から戻るとすぐにビールの缶を開けて仲間達の輪に入る。
日が長くなり、夏の眩しい光がキラキラとテムズ川に反射して、暖かい風が心地よい。イギリスの夏は何か特別な季節だという気がしてくる。
わたしはパーティーには参加しないまでも時々ボート仲間達と話したり、川沿いで娘と寛いだりする。なので、ボート住民の中でたった一人のちびっ子の娘は、突然現れるようになった若者達の人気者になった。彼らは特にわたしには話しかけてこないが、娘は構ってくれる。娘は若いお姉さんやお兄さんが増えたので、公園に行くよりも河原で遊んでいたいようだった。

ボート仲間の他にも人が増えたので、今までの夏よりもまた更に賑やかになった。それなのに、おかしなことに地域住民からの苦情が一つもこない。地域新聞でも叩かれなくなった。これってなんだか、嵐の前の静けさみたいで怖い。
わたしが旦那にそんなことを言うと、旦那はもっと怖くなるようなことを言った。
「いつもいる若いヤツら、あいつらこの地域住民達の孫や子供達だよ。あいつらがボート住民を攻撃するなとか、言ってくれてるんじゃないか?」
えー!そうなの?わたしびっくり!って言うか、旦那のんきすぎる!
これってなんだか、すごく怖い。だって、住民達も今マスコミに写真とか撮られたら、自分の身内が新聞やニュースに出てしまう可能性があるから黙っているのかもしれないけど、もうこのコミュニティーが近々無くなるって分かってるから今は目をつむってるだけってことかもしれないじゃん。なんだか、わたし達の陰で何か行われているとしか思えない。
ボート仲間達もなんだって、そんな若者達を受け入れているんだろう。なんだか人間関係の仕組みがわからなくて混乱する。

ボートコミュニティーに毎日のように笑い声が響き、通りすがりの人たちまでも楽しませるほど明るく平和な日々だったのに、たぶんその夏はわたしひとりが警戒しながら過ごしていた。
ボート仲間達のように、先のことを心配しないでその日を精一杯楽しく遊び暮らすことができたら、どんなに気が楽だろう。と言うか、そうなったら、それはそれで恐ろしい。
本当にその夏はおかしいぐらいに誰からも文句を言われず、お役所すら警告に来なかった。それってすごく変だよね?と誰に言っても、考えすぎだと笑われた。
9月になったら、娘の学校が始まる。学校が始まってから面倒なことになるんじゃないかと、わたしは本当にドキドキしていた。
それでも楽しそうなボート仲間達や旦那と娘を見ていると、なんだかんだとこっちまでハッピーになって来て、ずっとこのままでいたいと思う自分もいたのだ。
なんだか、楽しんだのか心配ばかりしていたのかよく分からない、おかしな夏だった。

コメントの投稿

非公開コメント

不気味だね…

あけましておめでとう。
いつもの通り、スカイさんだけが心配して、みんな呑気なのは同じなんだね〜〜。
もう、だんだん現在に近づいていてなんだか寂しいなあ〜〜。
このあとどうなるんだろう。
続きが気になるよ(>_<)

No title

嵐の前の静けさ…確かに。この若者がボート仲間のいいとこを親たちに教えてくれたら。って、そんなに上手くはいかない??次を楽しみにします。
イギリスの夏は短いけど、サラッとしてるし蚊もいないし(すごーく少ない)いいですよねー。湿気がないのが好きです。

Re: 不気味だね…

よねっち、あけましておめでとう。
だんだんと言うか、やっと現在に近づいてるよー。
まさかこんなに長くかかるとは思わなかったよ。
今年もよろしくね。

Re: No title

Junebugさん
そうですよね。若者達がボート仲間のことを親達に教えてくれてたら。。。って、それぐらいで考え方を変えるような住民達じゃないです。きっと。。。
イギリスの夏、いいですよねえ。蚊がいないのは、わたしも初めて来た時びっくりしました。
でも、冬も良くないですか?夏はいつまでも明るいので、なんだか外に出てなきゃいけない気がして。冬だと寒くてすぐに暗くなるので、引きこもってダラダラしても後ろめたさがないのがいいです。
でも、今年は雨ばかり降ってるような気がして、やっぱり気持ちのいい夏が恋しいです。。。。

ボート住民達と助け合いの生活、少し憧れます~日本は近所も挨拶程度、トラブルを考え互いに、人の家庭に干渉し合わないのが鉄則。気楽と思う人、かたや孤独感を感じる人、両方です。いざとなると相談相手も友人もない等ザラ。でもお嬢さんの将来に向け、良いお家見つかるといいなぁ~

Re: タイトルなし

ピーター・パンさん
ブログ読んでもらってありがとうございます。
なんだか、相談相手や友達もない、って寂しいというか、そんなことがザラにあると聞くと悲しくなりますね。日本も昔はそんなことなかったはずなのに。ロンドンもなんだか似ています。ボート生活は不便なことや大変なことが多いと皆分かっているので、助け合う気持ちが生まれるんだと思います。世の中が便利で楽な時代になるにつれて一人で生きていくのが簡単になるから干渉しなくなるんでしょうかね。考えさせられます。
ブログ、がんばって書き進めて行きますので、これからもよろしくお願いします。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。