スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボート暮らしのすすめ?

わたし達がボート生活を始めたのは2007年。
 旦那の大親友のWがボートに住んでいたため、旦那はそれにかなり影響されていた。

 当時のわたしと言えば、ボート暮らしなどまったく乗り気ではなかった。というか、前に少しだけボート暮らしの経験があったので、もうボート生活の大変さを知っていたため、旦那の意見はまるっきり無視していたのだ。

 それなりに自由な生活だったが、共働きでも労働階級のわたし達には、ロンドンの家賃や地方税は高すぎた。
 それと平行して、新聞だか雑誌だかに「ボート暮らしのすすめ」なるものが載っていて、いかにもと頷きたくなるような内容だった。
 ボートに住むと地方税を払わなくてもいい。家を買うより安いコストで買える。いつでも移動できるので近所付き合いを気にしなくてもいい。光熱費が安い。そして何よりも自由だ。
わたしと旦那は将来的に何も残らない生活に疑問を持ち始めていた。家賃を払い続けるということは、大家の家のローンを払っているということだ。
家を買うと言っても、わたし達の収入では銀行さんも簡単にはお金を貸してくれない。
わたしの気持ちは少しづつボートに住みたいという旦那の意見に傾いていた。

次回に続きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。