スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旦那は実は魔法使いだった?

娘の学校が決まらないので、わたしは今度は役所の教育課にメールをだしたり、入学待ちの学校に連絡して順番がまわり次第連絡下さいと伝えたり、試行錯誤、できることはほとんどやり、結構なストレスを抱えていた。

それなのに、まさかの!
旦那が娘の入学を決めて来たのだ。

もともとその学校、徒歩10分先にあり、ほとんど毎日のように通りかかるので旦那も知っていたし、わたしがその学校には申し込んでいないことも彼は知っていた。
わたしの中では縁がない学校だと勝手に思っていたので、旦那が娘を連れて散歩中にふらっと立ち寄り、事情を話して即入学を決めて来たときはボートごとひっくり返るかと思うぐらい驚いた。
旦那、何か魔法でも使ったんだろうか??
きっとそうに違いない!わたしに隠れて、旦那は本当は魔法使いだったんだ!
と、わたしは本気で勘ぐった。

たった10分先の学校にわたしはなぜ申し込まなかったかと言うと、そこは教会に隣接したクリスチャン学校だったのだ。
学校のホームページを見ると、入学の条件はクリスチャンで定期的に教会に通っていることと記載されてあるし、わたし達、教会に通うどころか、中に入ったこともないのだ。
しかも、あるママ友が言っていたことも気になっていた。
彼女曰く、学校のレベルが低すぎて問題外だし、親の質も生活保護者っぽくてあまり良くないので、対象外、見学にも行こうとは思わないのだそうだ。
でも、まあ、今のわたし達にはそんなことはどうでも良かった。娘が学校に入れないことの方が心配だ。
旦那が言うには、教会にこそ行かないが自分はクリスチャンだし、とりあえず聞いてみようと受け付けに話すとすぐに校長先生がやって来て、幼稚園クラスに空きがあるし、どうぞどうぞと快く受け入れてくれたらしいのだ。
って言うか、そんな簡単に?
じゃあ、申し込みのときから学校見学したりメール送りまくったり、電話で嫌な思いなどしていたわたしの苦労はなんだったのだ?
なんか、あたしって頑張ってバカをみるタイプ?

さっそくわたしは翌日娘を連れて必要な入学手続きの書類を持参して学校まで出向いた。
髪がボサボサのおばさんが笑顔で迎えてくれたと思ったら、それは校長先生だった。
住所はメールボックスで、本当はその辺りでボートで暮らしているのだが、それでも娘は学校に入れてもらえるのかとわたしが聞くと、彼女は「そんなことは重要じゃないわよ。クラスに空きがあるんだから問題ないのよ。」と気さくに言った。
なんだかこの学校、気が楽だ。
そして校長先生は「せっかく来たんだから、校舎を見学していかない?」と言ってくれた。
校内は外見よりも広くて、何よりも校庭や庭が大きく、子供達のミニ農園があったりと自然が多かった。子供達もとにかく明るくて元気だ。
今まで見学に行った学校は、生徒達が訪問者慣れしてるのか、知らない大人達が見学していても気にもしていないようだったが、この学校の子供達は違う。「ハロー!」と手を振ってきたり、「その子、この学校にはいるのー?」と話しかけて来たりする。終いにはフェンスによじ登って子供達が「ハロー、ハロー!」と言いながら喜んでいる。
なんか、子供がいっぱいフェンスに張り付いてるなあ。と思いながら、わたしは校長先生の説明を聞いていたのだった。
娘は恥ずかしそうにわたしの後ろに引っ付いていたが、少しすると本棚の本を引っ張り出してきて本を見たりして、なんだか寛いでいるようだった。
わたしは娘の学校がここに決まって、まるで運命の神様が導いてくれたんじゃないかと思うぐらいに感動して嬉しかった。
この学校のどこがレベルが低くて、質が良くないのだろう?成績の良し悪しは分からないけれど、子供達が楽しく生き生きと学校生活を送ることこそが何よりも大事なことなんじゃないんだろうか。
わたしはたった一人のママ友の意見を鵜呑みにして、この素晴らしい学校を勝手に対象外にしてしまっていた自分を本当にバカだと思い、そんな自分を恥ずかしいと思った。しかもその学校は、ボートコミュニティのほんの10分先なのだ。

帰り際、娘が言った。「またあの学校に遊びに行きたい。」
いやいや、遊びに行きたいじゃなくて、9月になったら毎日あの学校に行けるんだよ。
お友達をいっぱい作って、自然にいっぱい触れて、大好きな本をいっぱい読んで、大好きな歌を、これからは一人じゃなくってお友達と一緒に歌えるんだよ。
良かったね。
学校が決まって本当に良かったね。

わたしは娘の入学を断ってくれた他の学校にさえ感謝した。
それからもちろん、魔法使いの旦那にも感謝した。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わー、なんだか小公女セーラを思い出しました。(知ってます?)探していた少女は真横の学校にいた、っていう。良かったですね、決まって。それもすぐ近くに。
これからは他の子供達と一緒に遊べる環境になるんですねー。
旦那さん、よくスカイさんの行動を把握してましたね!

Re: No title

Junebug さん、小公女セーラ、やってましたねえ。子供の頃一生懸命見ていましたが、探していた女の子が真横の学校にいたってところは忘れてます。なんか、意地悪な女の子がいてセーラがいじめられてるのは覚えてます。懐かしいですねえ。

そう、ボート仲間ばかりじゃなくて、同じ年の子と遊べる環境になるって、やっぱり安心します。
旦那は本当はわたしがどの学校に申し込んだかも、申し込みしなきゃいけないことすら知らなかったと思います。話してはいるんですが、興味がないと忘れるのかも。。。
でもその教会の学校だけはイヤでも毎日通りかかるので、あそこは入れるか聞いてみたのかと旦那に言われて、事情は話してあったんです。逆に手続きや申し込みのことなど分からないので、学校にふらっと入って入学のことを聞けたんだと思います。
旦那、なんだか行き当たりバッタリで、いいような、悪いような。。。。です。

クリスマスおめでとう

スカイさんコメント久しぶりになっちゃった。
お嬢さんの学校が決まるまで、そんな葛藤があったのだね。
偏差値や噂って、あまりアテにならないよね。
わたしは親の教育方針で、お嬢様大学みたいなとこへエスカレーターで行ったけど、周りがお金持ちすぎて全然話についていけず、かなり悲惨な思いをしたから、
ハイソな家の子弟ばかりの学校よりずっといいと思う!経験者は語るよ!

年内の更新はこれで最後かな?
良いお年を!

Re: クリスマスおめでとう

よねっち、メリークリスマス!
12月に入ってからバタバタで娘の学校のクリスマスの行事やら、クリスマスの準備と仕事でブログでクリスマスのメッセージもできないまま今日になっちゃったよ。
今年ももう少しで終わりだね。あと一回はブログ更新したいなあ。

よねっちは教養あると思ったら、お嬢様大学行ったんだね。
よねっちのアドバイス、よく覚えておくよ。
わたし達も娘のためにいい学校って思いながら、わたし達路線になっちゃうんだよね。

来年もお互いにいい年にしようね!
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。