スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘の学校が決まらない

2014年5月、いくつかの学校から幼稚園クラス入学受付結果のお知らせが来た。前もって何校かに申し込み用紙を提出していたが、いくつかは定員オーバーで入学できず、ある学校は待ち人数130番目ぐらいだった。娘と同じ学年になる子供がこの地区に一体何人いるのだろう。。。。
そして何校かからは通知が来なかった。
数人のママ友に聞いてみると、みんな近くの学校が決まって、通知が来なかった学校は無いと言う。
ふむふむ、じゃあ、いくつかの学校はわたしの申し込み用紙を見落としたのか?
仕方ないのでメールで問い合わせをした。
わたし、直接行くのも電話するのも苦手。。。なので事は出来るだけメールで済ませたい。この国はメールだと結構な確率で無視されることが多いのだが、後で何か問題が起きたときにメールだと証拠が残るので、それも便利だ。

ところで娘の学校、前にも話したが、小学校1年生の前に準備クラスとしてその歳に5歳になる子供達が入るレセプションと言うクラスがある。入学はレセプションからが義務教育の始まりだが、この歳に娘が入ろうとしている幼稚園クラスは義務ではない。ほとんどの学校が1日3時間で制服も着なくていい。
なので、そんなに焦る必要もないのだが、貧乏生活のわたし達にはやっと来た保育園脱出の時期なのだ。
今までは、わたしが仕事の日は娘を保育園に預けていて、1日の保育料がわたしの日給を実は簡単に超えていた。
ではなぜ働くのかと言うと、出産後あまりにもブランクが長いと仕事がなくなってしまうからだ。しかもこれは仕事や会社によるかもしれないが、産休手当をもらったら最低でも1年は仕事に戻らなければいけないという決まりもあった。
とりあえず娘が学校に入るまでは週に1、2回でもいいので働いておいて、その後に働く日数を増やしていけばいいと考えていた。
なので学校の幼稚園クラスはわたし達にとって必須だし、その後の午後の有料だが格安の保育クラスに娘を預けたら、家計は断然楽になるのだ。

数日後、ひとつの学校から電話が掛かって来た。その学校の責任者だと言う女の人は、調べたら申し込み用紙の住所は人が住んでいる住所じゃないので受け付けられないと言う。
わたし達は住所の無いボート暮らし、なので登録用の住所はメールボックス(私書箱)のを書いておいた。それだと学区外、またはメールボックスだと言われるのは分かっていたので、参考欄にボート暮らしだということと、だいたいのボートの停滞場所の詳細も書いておいた。なのでそのことを伝えると責任者だと言う人は唐突に「あなたどこの国の人?地方税は払ってるの?」と言うではないか。
わたし、きゅうに関係のない話題を振られてなぜか動揺。
「あ、あう、あわわ。。。」
何を言ってるんだ、わたしは宇宙人か。
質問に答えられないままでいると、責任者さんは言った。
「住所がなくて税金も払ってなくて、どう言うつもりでここに申し込みをしたの?」
どう言うつもりって、娘を学校に入れるつもりです。。。
なんか、この責任者の人、怒ってるみたいだけど、何か勘違いしてるのかなあ。。。
そう思ってわたしは言った。
「ボートやキャンプカーなどで移動して特定の住所がない家族の子供は基本的にどこの学校に申し込んでもいいことになってるって、お役所から聞いてあるんですけど。。。」
実は申し込みの前に旦那がお役所の教育課に連絡して、自分たちはどこの学校に申し込んだらいいのか確認していたのだ。そのことを責任者さんに言うと、なんだかもっと彼女を怒らせたようだった。
「あなた達はジプシーなの?どこの学校でもいいなんて聞いたこともないわ!役所に確認してそれを証明できるものを提出して下さい!」
あれ、電話が切れちゃった。。。責任者さん、こっちの話も聞かないで勝手に切っちゃったよ。。。。
横で娘は「誰から電話?」と無邪気にしている。
なんだか、まったく関係のない娘が蔑ろにされたみたいで、親として悲しい。。。。
それから15分ほどして、今度はお役所から電話がかかってきた。そして、わたしの力が抜けるようなことを言った。
「子供を連れた外国人が違法滞在しているらしいと、報告があったので、確認のため連絡しました。」
えー!?何それ?
もしかして、あの学校の責任者、お役所に通報したの?
わたしが聞くと、お役所さんは詳細は言えないと言うので、さっき学校の責任者と話した全てのことを1から話した。
するとお役所のお姉さん「あなた達のボートって、あの水門の前の?」と、わたし達の事情を知っている様子。
そりゃあそうだ。わたし達、新聞載って、地域住民に文句言われ、お役所に立ち退けと警告され、結構有名人になっちゃったし、お役所さんの頭痛の種だもんねえ。
お役所のお姉さんは「そんなことなら、いいのよ。」と安心したように電話を切ろうとした。
いやー、ちょっと待った!
こっちは全然良くない!
住所がはっきりしていないわたし達のような家族はどこの学校に申し込んでもいいって言われたので、それを証明できるような手紙って書いてもらえるのかと慌てて聞くと、役所の人は自分は管轄外なので教育課に連絡して下さいと言った。
なんだかなあ。
わたしは相当疲れたので、旦那に電話してもらうことにした。仕事中の旦那に電話して、無理やり教育課に電話するようにお願いした。
15分後、今度は旦那が激怒しながら電話をかけてきた。
なんでも教育課の人はそんな話を聞いたことはあるが、本当かどうかわからないので証明するものは提出できないと言い、旦那が前に電話したときは、「どこの学校も申し込める」と聞いたと言うと、そんな話は誰も知らないし、今までそんな例もないのでわからないと言い、県庁の教育課に連絡して聞いてくれと言われ、今度は県庁に連絡すると、またお役所の方に電話してくれと言われたと言うのだ。
「この国は誰も自分の仕事に責任もないし、押し付けてばかりで何もしないヤツらばかりだ!自分がこんな国の国民だなんて情けない!」
と、旦那は言った。
ごめん。。。仕事中にこんなこと頼んじゃって。。。。でももうわたしの精神力と英語力じゃムリ、というか。。。
情けないわたし。。。。
そして、情けない親。。。
本当に泣けてくる。
娘、学校に行けるのだろうか。。。。?
車の事故の後、色々と重なってやっと落ち着いてきたかと思いきや、またも問題発生。。。。
それでも諦めるわけにはいかないのだ。娘を学校に入れなければ。

娘の学校は無事に決まるのだろうか。。。。

次回に続きます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わかります、その苛立たしい、情けないような気持が。それに私の旦那もスカイさんの旦那さんと同じことを言ってます。責任の居場所がどこなのかハッキリしてないし、自分の仕事を把握してないですよね。責任転嫁に、面倒臭さに。
私は旦那がこの手に強く、相手はタジタジです。そのお陰?で電話の仕方、コツを叩き込まれ、電話には割に強くなりました。娘ちゃん、どうなったのでしょう…
しかし、そのババア!!違法滞在だあ!?確認もしないでよくそんなこと言えますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

Junebugさん
やっぱりこの国はどこでもそんなことってあるんですよねー。電話での対応の仕方、今度よかったらおしえてください。
電話のコツをつかんだら、それだけで色んなことがスムーズに進むと思います。
前は泣いてばっかりいましたが、今は「またか。。。。」って感じです。
そう、違法滞在って。。。。って感じですよね。自分で確認しないでカウンシルに通報するって次元が低いですよね。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。