スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しいはずのクリスマス前に、ついに始まったボート住民迫害

クリスマスが近くなってきた。
クリスマスツリーの点灯式が行われたり、クリスマスマーケットが開催されたりする。赤、緑、白、そして金や銀で飾り付けられた町は、クリスマスショッピングに繰り出した人で賑わう。
人々は忙しい、忙しいと言う割にはクリスマスが好きで、顔にこそ出さないが、浮かれている。

ボート仲間達は分かりやすく浮かれていた。まだ12月前半なのに、すでにサンタの帽子を被ってミンスパイをストーブで温めて食べている。
関係ないが、このミンスパイ、洋酒で煮詰めたレーズンやリンゴやらのドライフルーツが甘いビスケットの中に入っていて、相当重い。カロリーも高いだろうに、その上に更にカスタードクリームをかける。カスタードをかけると言っても半端じゃない。ミンスパイが見えなくなるほどかける。
ボート仲間達はカスタードまで買う余裕がないので、温めたミンスパイをそのままがぶりと食べる。時々カスタード缶が手に入ると大喜びだ。
そんな無邪気な仲間達がいるボートコミュニティに、面倒なことが起きた。またお役所が立ち退き命令を出したのだった。今年もまた水上ポリスと御同伴でだ。それに加え、その年は陸上警察までお役所さんと手を組んでる。
ボート仲間達は誰一人として、お役所に何か言われたからと言って逆上したり暴れたりなどしない。皆大人しく警告状をもらい、反論さえしない。何が恐ろしくてお役所は警察同伴でやって来たのか?
陸上警官達に関しては、ボートのまわりに数人が立って軽く包囲しているではないか!
わたし達は凶悪犯罪者か?
なんだか様子がおかしいので、警告状を読むと、また昨年のように春になったら立ち退けということの他に、かなり強い文書で早くても春には法律が改正され、この場所は役所の管理下になるので、立ち退かない場合は犯罪になり、罰金を払うか裁判に掛けるというものだった。
この文書でボート住民達がキレるとでも思ったのだろうか?
呆れた。役所は警官を何人も動員して、更に法律まで変えようとして、市民の大事な税金をかなりムダに使っているような気がする。
ボート住民達は相変わらずだった。法律が変わったら、もう仕方がないので、どこかに移動するしかない。でも、去年も大人しくしていたのに、今年もまたお役所が警戒心丸出しの態度で警告状を配布して回ったので、誰もが少し傷ついたようだった。
そして、楽しいクリスマスが始まろうとしているのに、わたし達は地域住民達からの嫌がらせを受けるようになった。
ほとんどが年寄りばかりだが、通りすがりに「お前達がこの綺麗な景色を壊している。」とか「ジプシーたちめ!目ざわりだ。」とか頻繁に言われるようになった。
その度にボート住民達は「ごめんよ。」と言って軽くあしらうしかないのだ。
これ以上何もできないのだから。
もちろん誰もがこの先のことを心配しだした。この場所にいれなくなったら一体どこに行くというのか。
わたしと旦那も同じだった。ボートのローンを払い終えて、その分で貯金ができるまでどこにも行けない。それまであと最低でも1年、それ以上は必要だった。
ボートの場所代を払い、家賃を払い、ボートと家の税金を払いながらローンも返済する。。。
わたしと旦那の収入では、かなりムリがあった。
そしてボート仲間達も一緒だった。
その中でたった一人だけなんとかなりそうな人がいた。Pだ。彼にはお金があった。一緒にボートで暮らしている彼女にはもう成人した子供達と孫達がいるのだが、Pはその全員を連れてバルバドスに旅行に行って来たばかりだった。
彼だけは高いお金を出してボートの停滞場所を借りることができた。でも、問題はお金だけではなかった。
場所がないのだ。
ボートだけを止めておける場所はあるのだが、中に住んではいけないという条件の場所ばかりだった。
Pは実はロンドンのどこかに自分の家もあるのだが、なぜこんな状況でもボートに住み続けているのかさっぱりわからない。
とにかくわたし達は皆、とりあえず法律が変わってそこにいられなくなるまで大人しく暮らして行くしかなかった。
そんな中、住民達の嫌がらせは少しずつひどくなって行った。
窓ガラスに石を投げられたり、車のタイヤをパンクさせられたり、旦那の車はフロントガラスまで割られた。
地域の新聞は、ありもしないことをどんどん書き出し、たまたまゴミを数分だけ外に置いておいたときの写真を撮られ、外に置きっぱなしで景色や自然を汚しているなどと書かれた。
この辺は裕福な一件屋住まいの家族が多く、教養ある方達が多いはずなのだが、そんな育ちの良い人達がやる行動とはとても思えなかった。

2013年のクリスマス、この冬ばかりは、さすがのボート仲間達も、パーティーなどと言っていられなかった。
無邪気にミンスパイを食べる彼らは、サンタの帽子をかぶりながら、静かなクリスマスを過ごした。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

えー、フロントガラスを割られるなんて犯罪だ。移民・難民が多い国だし一部の人が問題起こすかもしれないけど、なんか心狭いなあ…
バカと天才は紙一重という感じでしょうか。
こっちは何もしてないのにそんな嫌がらせなんて、やることが小さいというか、情けないというか。

Re: No title

心狭いですよねー。本当に。
こっちを理解して欲しいなんて誰も思っていないけど、嫌がらせは良くないですよねー。
フロントガラス、高かったんですよー。クリスマス前に痛い出費でした。
でも、そうか、言われてみれば犯罪ですね!
あの時警察にでも言ってやれば良かったです。

どこの国も警察はいっしょだね

日本でも、年末特別警戒とかいって、どーでもいい交通違反の取り締まり始めるから、似たような感じなのかな?
ほんと、車のフロントガラス割るほうが重大な犯罪じゃんね!
病気や障害で車が手放せない人だっているはずなのに、そこは放置なの?
でも、みんな静かにだけどマイペースでクリスマスを過ごしているみたいで、それがちょっぴり救いだね。
そのイギリスのケーキ?日本でも売っててたぶん食べた事あるけど、更にカスタードクリームまでかけるのが正式なんだね!
びっくり!

Re: どこの国も警察はいっしょだね

このコミュニティの場所は個人の持ち物で規制がなくて、道路側も同じで、車を無料で止めれるんだよ。そこにボート住民も地域住民もみんな車を駐車してるんだけど、いつも同じ人達が利用してるから誰の車かは、だいたい分かるんだ。
だから、あからさまにボート住民の車だけガラスが壊されて、酷かったよ。本当に犯罪だよねー。
ミンスパイ食べたことあるんだね!カスタードをかけるのは正式かは分からないんだけど、クリームもかけたりするし、でもそのまま食べる方が多いような気がする。あたしは重いとか言う割には、結構好きなんだよね。実は。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。