スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィンとガイフォークスナイト


家探しで本当にムダに夏を通り越してしまい、9月の娘の誕生会ですらMAちゃんだけを呼んでピザ屋で簡単に済ませてしまった。そう、娘はなんともう3歳になったのだった。
3歳と聞けばまだまだ何も分からないちびっ子だろうなと思いきや、意外に色んなことを言ったりやったりできる。10月も終わりに近づいた頃、娘はネコの格好をしてお菓子をもらいに行きたいと言った。どうやらハロウィンのことを言っているらしい。幼稚園で得た情報だろうか。。。。
ハロウィンの夜は子供達が近所を練り歩き、ハロウィンの飾り付けをしている家の戸をノックして「お菓子をくれないと脅かしちゃうぞ〜。」と言ってキャンディなどをもらう。近所の友達と仮装をして夜に出歩くので子供達は大はしゃぎだ。
さて、わたしも娘のために何とかしなければ、と思いきや、ボートコミュニティでのご近所さんは酔っ払いばかりだし、一緒に行ってくれる子供達もいないし、仕方がないのでわたしと旦那とで娘を連れてその辺を周ることにした。
すると、親分Pが、だったらみんなで仮装してハロウィンパーティーをして、娘と一緒にお菓子をもらいに行こうと言い出した。そしてPはボートをハロウィン仕様にデコレーションして、食べ物やら飲み物やらをたくさん用意し、なぜかDJブースまで設置して大掛かりなパーティーになってしまった。
仮装したボート仲間達やPの子分達が束になって娘を引き連れ、地域の子供達グループに紛れながらお菓子をもらいに家々をノックして周る。すごい光景だ。
娘は、見ているだけで楽しくなるぐらい大はしゃぎして、仮装した大人達もテンションが高い。これって、娘のためにやってくれてるのか自分達が楽しんでいるのか、すごく微妙だ。
その夜、娘が寝てしまってからもパーティーは続いた。

その翌週、毎年恒例のガイフォークスナイトが各地で行われた。ガイフォークスとは上院議場を爆発しようという大計画を立てたキリスト教徒だが、直前で捕まってしまった。その日を記念して至るところで花火を上げる。スーパーでは色んな種類の打ち上げ花火が売られ、地域主催の花火大会があちこちで見られる。
わたし達が花火を見れる一番近い場所はなんと、ボートの目の前だ。
ボートコミュニティの川を挟んで向こう側は、お金持ち達が集う会員制の施設になっていて、毎年この時期にはオーケストラも導入して盛大な花火を打ち上げる。その時は、こちら側からタダで花火がみれるので、地域の人たちも集まってきて、コミュニティの前には人だかりができる。その後近くで焚き火をするのが習慣だ。昔はガイフォークスの人形を焼いたらしいが、今ではどこも焚き火だけだ。
これをいいことに、ボート仲間達がバーベキューをしながらソーセージやハンバーガーを無許可で人々に売るが、もちろん誰も買ってくれない。なので、残った食べ物は花火大会が終わった後ボート仲間達みんなで食べる。そして自動的にまたパーティーだ。
Pがなぜかシャンパンを持って来て、一番最初にわたしと旦那に注いだ。
「家が決まらなかったのは、ボートに住み続けてオレ達と一緒にいろってことなんだ。」と、Pはなだめるように言った。
わたし達が家探しを諦めたことは、みんな知っている。そして、酷く落ち込んでいることも知っていた。
「オレ達がいるんだから、何か辛いことがあったら、いつもでも助けてやるぞ!遠慮は絶対にするな!」
激しい双子兄弟がわたしにガッツポーズしてみせた。
わたし達はボート生活にみんなで乾杯した。

いつか必ず終わりが来るこのボート生活。コミュニティの場所だって、いつまでいることができるのか誰も知らないが、たぶん近いうちに皆立ち退くことになるだろう。
その貴重な時間を大事にしようと思った。
おかしなハロウィンのパーティーや、仲間と花火を見て焚き火の前でシャンパンを飲むなんて、なんて贅沢な暮らしだろう。
貧乏で節約だらけのボート生活は大変だけど、これからだって経験するかしないかわからないような楽しい経験もたくさんしているのだ。
ここでは辛い時は誰かが話しを聞いてくれて、助けが必要だったら快く助けてくれる。毎日子供のようにはしゃいでも(わたしはそんなにはしゃがないけど。。。)誰も文句は言わない。こんな場所がこの時代、あちこちにあるわけではないのだ。
もう少しだけ、ボート暮らしを楽しんでみてもいいかもしれない。
この暮らしが娘に不備な思いをさせるのだろうか?
たぶん違う。
ハロウィンの夜、ボート仲間達に守られて、彼らにとても可愛がられ、娘は他のどの子供達よりも誇らしげだった。
彼女が笑っているうちは、ボート生活もそんなに大変なことではないのかもしれない。

冬が来る。ボートの上に旦那が割った薪が積み上げられている。暖かい薪ストーブがわたし達を癒してくれる。
この冬はどんなことでも楽しいと笑って、仲間が側にいることに感謝して過ごしてみようと思った。

コメントの投稿

非公開コメント

初めて知った!

ガイフォークスナイトなんてイベントがあるんだね〜〜
イギリスに住んでないとわからないね!
Pさん、良い人だね。なんかヤクザの親分みたいだけど…。
すっかりWの影も薄くなったね〜〜。
ボートの冬は大変なんだろうな。
昔、わたしが子どもできたらどうするの?って心配したら、スカイさんが、
大きなボートに買い替えるか、子ども用の小さなボートを買って牽引するから問題ないよ!と明るく返されて、内心めっちゃぶったまげてたんだけど、
やっぱり子どもが大きくなってくると、いろいろ変わってくるものなんだね。
楽しいハロウィンで良かった!
わたしは今年のハロウィンは、何にもやる気がしなくて、飾り付けすらしなかったよ〜〜。
一昨年は、米軍基地のハロウィンに参加して楽しかったよ〜〜(^o^)
ブログ楽しみにしてるね!

No title

前回の記事のあとで、この記事…じ〜んときました。なんてみんな心が広いんだろう。うまく例えられないけど、とにかく「仲間」は助け合うみたいな。
助けあっていこう!とリードしてくれるPの存在は貴重ですね、それに双子さんも! 娘さんのはしゃぐ姿が本当に想像できます。なんか、キラキラしたものを文面から読み取れました。

Re: 初めて知った!

よねっちが去年ハロウィンの飾り付けした写真を見てからもう1年になるのかあ。
何だかこの間のようだよー。
米軍基地のハロウィンは本場の人達がやるから本格的だったろうねえ。

Pはたぶん元ヤクザの親分だと思うんだ。子分達もそれっぽいし、何だかお金も使いっぷりが人と違うし。旦那もはぐらかして細かく教えてくれないのもなんか怪しいし。。。。
Wはなんだかんだとそのうちまた出てくるよー。
楽しみにしててねー。

Re: No title

Junebugさん、そうなんです。すごくステキな仲間達なんです!次の記事はまた彼らのことです。
酷い人が多い世の中で、よくもここまでいい人達がそろったもんだなあって思います。
娘は小さすぎて記憶には残らないと思いますが、きっと心のどこかに残ってるはずですよね。

浮き世春秋

時々結構拝読しています。
気の聞いた事が言えず申し訳ない書き込みです

あなたのblogを見つける度ほっとしています。

優しい気持ちにさせていただいて感謝しています。

確実に時間は進みます。これから貴女方が過ごす時間が、満たされたものになりますよう遠くから、本気でお祈りしています

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 浮き世春秋

正直な怠け者さん

ブログを読んでもらってありがとうございます。
コメント、本当に嬉しいです。

時間は確実に進むんです。その通りです。
わたしはいつもそれを実感しながら幸せだと思ったり、胸が痛い思いをしたりしています。
わたしの小さな思いが伝わっていて、本当に良かったです。

この先色々と変化がありますので、いつでもブログを見に来てください。
これからもよろしくお願いします。

11月14日の秘密の質問の方へ

ブログを読んでもらってありがとうございます。
コメントのお返事も秘密で送れたらいいのですが、その機能があるのかないのか、わたしの勉強不足で困ってしまいます。
あえてお返事できるなら、その件に関してはもう大丈夫ですよ。ご安心下さい。とお返事しておきます(^-^)
それにしても、ボートコミュニティがどこの場所か、よくわかりましたねー。って、あれだけニュースになったら当然ですよね。

お心遣い、本当に本当に嬉しいです。
わたしのブログを見に来てくれる人達は、皆さんすごく親切でいい方ばかりで、コメントを読むたびに泣きたくなってしまいます。
これからもまだまだ色々なことが起こるので、飽きずにお付き合い下さい。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

うんうん、他の人も書いてるけど、
良いコミュニティでうらやましいです。
中々ないですよ、ロンドンにいるけど、
近所付き合い、ほとんどないです。
娘さんにとっても、いいハロウィンになりましたね!
誕生日パーティは5歳くらいからでも十分、というのが、
私の考えです。なので、うちも娘はまだやってません。

ふと思ったんですが、
娘さんがもっと小さい時、
水に落ちないかと、ずっと見張ってませんでしたか?
私はもう、それが大変で。。。くたくたでした。
でも、今年、そんなに見張ってなくていい、と気づいたんです。
(子供は5歳と3歳です)

子供はあっという間に大きくなりますよね、
娘さんが大きくなった時、ボートで暮らしてたなんて、
中々できない経験だった!と振り返りますよ、きっと!

11月16日の秘密の質問の方へ

ブログを読んでもらってありがとうございます。
そうですよね、簡単そうで難しいです。ボート仲間以外は、わたしも難しいと思いながら日々暮らしてます。
そこまでならわたしがいるところから、車だと45分ほどですねー。遠いようで近いですよー。
秘密の質問は秘密に回答できないみたいなんですね。。。
ちょっと不便ですが、ときどきコメントください。
こちらこそ、これからも是非よろしくお願いします。

Re: No title

puppyさん

ロンドンも都会なので近所付き合いが薄いんでしょうねえ。
でも、わかります。すごく。
娘の学校が始まって、親達はいい人ばかりだけど、付き合いってなかなかないんですよー。
ボート仲間の付き合いになれてしまうと、こんなときちょっと拍子抜けです。
でも、やったんです。娘の誕生会を!新しいクラスメイト達呼んで、公園借りて!
疲れちゃいました。。。。

娘が小さいので、ボートの出入り口、あと薪ストーブ周りにも柵をしていたので、中にいるときは安心してましたが、外でボートの前や川沿いで遊ぶときは、もうひやひやものでした。特に雨の日は、大人でもすぐに滑って川に落ちそうになるのに。
でも、puppyさんは2人もお子さんがいて活発な時期なので、本当にくたくただと思います。
でもなぜが、子供って危ないって分かってるみたいなんですよねー。

本当に、子供はあっという間に大きくなるんですねー。赤ちゃんの頃が嘘のようです。
娘が大きくなって、ボートで暮らしてたってことを、どんなふうに感じるんですかねー。
楽しみです。

No title

16日の秘密のコメントって、私ですよね?
車で45分って、全然遠くないですね。私今は自分の車持ってないんですが(節約中),だからちょっと身動き取りづらい(悲)
ぜひぜひ近い将来、お待ちしてます

安心しました^^。

14日の鍵コメです。ひとまず安心しました^^。
ニュースは知りませんでしたが、15年以上前にCanbury Gardens近くに住んでいて、よく川辺を遠くまで散歩してましたので、土地勘でわかりましたよ^^。
また、もし何かお困りのことがあれば、メール下さいね(メルアドがそちらに見えていると思って書いていますが・・・?)。遠くはないので、何かお手伝いできるかもしれません。
今年の冬は今のところ温かいですが、お元気で。
またブログ拝見に来ますね。

Re: No title

おさ吉さん
もちろんです。

Re: 安心しました^^。

KFYさん
メルアドって、わたしから見えてるんですね!
すみません。長いことブログやってるくせに、仕組みやシステムがほとんどわかっていなくて。。。。
すごく恥ずかしいです。本当に。。。。

お心遣い本当にありがとうございます。
お住まいの辺りに友人が住んでいて良く行くので、知らないうちにKFYさんとすれ違っているのかもしれないですね。
何かあったら、よろしくお願いします。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。