スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさかの展開、ボート生活ついに脱出か!?

なかなか春にならないもどかしい4月、わたしは風邪を引いた。何をしても良くならないので、しかたなくドクターに診てもらうことにした。
娘と一緒に待合室にいると、あの優しい保健婦さんが通りかかった。そしてわたしと娘を見るとすぐに話しかけてくれて、娘が普通に歩いていることを喜んでくれた。
保健婦さんはわたし達の生活を心配してくれて、わたしが家はお役所に断られて、まだボート生活をしていると言うと、彼女は「わたしが役所宛に手紙を書いてあなたに送るから、それを持って今度は役所に直接行きなさい。」と言った。
ありがとう。本当にありがとう。こんなわたし達のためにこうまで言ってくれるなんて。
わたしは彼女のその言葉だけで充分だった。たとえ、手紙が届かなくてもそうやって気にかけてくれる人がいてくれるのだと思うだけで、その時のわたしは救われた。

全く期待していなかったのに、3、4日後に郵便物をチェックしに行くと、手紙は届いていた。しかもすぐに送ってくれたらしく、日付は保健婦さんと話した翌々日になっていた。
わたしは嬉しくて嬉しくて涙が出そうになった。
これでボート生活から抜け出せるのかもしれない。やっと人並みの生活ができるのだ。どんなに小さな家でもいい。もともと物なんてほとんど持っていないのだから。ベット一つ入るぐらいの部屋でいいのだ。暖かくて水や電気が使えて、トイレが普通につかえたら、本当にそれだけでいい。
わたしは旦那に手紙を見せて、これでまたお役所にお願いしよう、と言った。
旦那はいつになくネガティヴだ。どんな手紙を提出したって役所は何もしてくれないから時間のムダだと言う。いつもポジティブで元気ハツラツの旦那は、過酷な冬を過ごして相当疲れていた。
わたしは少しでも旦那を元気付けてやりたくて、翌日朝一で娘を連れて役所に出向いた。
朝から子連れのお母さん達や若者がたくさんいる。みんな色々な事情を抱えてそこにいるのだ。わたしは長くかかるだろうと思い、娘のためにおもちゃやお弁当まで準備していたが、それほど待たされずにさくさくと事は済んだ。
係の人は保健婦さんの手紙を読むと、「住まいが子供を育てる環境に適していないので、一時的に住宅補助を受ける事ができるはずだ。必要な書類を渡すので申し込みをしてください。」と言った。
おおっ!なんと、手紙一つでこんなにも簡単に受け入れてもらえるとは!
旦那はあんなにネガティヴでどうでもいいと言っていたくせに、「家に住めるぞー!」と、まるでもう決まったみたいに周りに言いふらして喜んだ。

申込書はすぐに受理され、お役所から面接にきて下さいと言う連絡がきた。どんな話をするのだろうか、住宅の空きがあったら、今すぐにでも引っ越すことができるのだろうか。
ワクワクしながら行くと、話しはそう簡単ではなさそうだった。
まず、わたし達は働いていて収入があるので、ボートのローンを返していても、家賃は少しも補助してもらえないが、最初の月の家賃と敷金などはお役所が全額貸してくれるのだそうで、その家を出るときにそのお金を全額お役所さんに返済しなければいけない。
なので、ボートを1ヶ月以内に売ってしまわないと、家賃とローンの2重払いになってしまうのだ。
そして家は自分で探し、いい物件があったらすぐにお役所の生活福祉課に連絡して、役所が補助してもいいような物件か調べてもらい、それが受理されてから初めて不動産屋、または大家に役所から直接お金が振り込まれるのだと言う。
この他にも細かい決まりがいくつかあり、そう簡単には生活保護も受けれないようになっているんだなあと、感心させられた。
と言うか、感心している場合ではないのだ。ここまでやっとこぎつけたのに、このチャンスを逃してなるものか!
絶対に次の冬までに住む場所を見つけ出すんだー。
こうしてわたし達の部屋探しが始まった。
わたしと旦那はこれで辛いボート生活から抜けれると喜んだ。何か明るい未来すらそこにあるような気がした。
その時点でわたし達は無垢すぎた。
人生、本当にそんなに甘くないのだ。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本当に心優しい保健婦さんに巡り合えて良かったですね。誰か理解を示す人がいてくれるっていうのは、もうそれだけで嬉しいっていうの分かります。
文面の最後からすると、そうそう事はスムーズにはいかないようですね!でもそれがスカイさん達を強くしていくのでしょうね。そして、旦那さんとの絆というか、寄り添って助け合ってるのが伝わります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

22日の秘密のコメントのKさんへ

コメントありがとうございます。そしてブログを読んでもらって嬉しいです。
心に響くメッセージをいただいてとても感激しました。
今ブログは2013年の出来事を書いていまして、今現在は少しずつ状況も変わりました。
今の状況をお知らせしたいのですが、次は何があるのかと楽しみにしている方がいらしたら申し訳ないので、ブログを一生懸命更新して早く今現在まで到達できるように書いていくしかないですよね。頑張ります。
実はこの先どんどん酷い状態になって読んでいてまたKさんを心配させるかもしれませんが、最後までお付き合い下さい。


Re: No title

そうなんです。物事ってどうしてもと思うとなかなかスムーズに進まないんですよね。。。。
これから結構色んなことが起こるんですが、今思うとよくやったなあ、とか思います。話が重くなってきて、ずっと付き合ってくれてるJunebugさんが途中で一緒に暗くならないといいんですが、本当に。
それでも優しい保健婦さんを含め、理解がある人達に出会えたので、確かに、本当に良かったです。

No title

イギリスのボート生活というタイトルにひかれて、ちょっと読むつもりが、
どんどん引き込まれて最初から読んでしまいました。
普段のことに感謝する気持ちを忘れないスカイさん、学ばせてもらうことが本当にたくさんありました。
更新を楽しみにしています。
娘さんと安心してご家族が暮らしているところまで見届けなくてはと、もう陰ながらの応援団。
私も国際結婚で引っ越しが多く、一度つらい時期を送った身としては、状況は違えど異国で暮らす孤独感とかだからこそ感じる人の温かさとか、とても共感できます。

また冬がやってきます。
どうかお体を大切に。

Re: No title

ブログを読んでもらって本当にありがとうございます。
国際結婚って聞こえは素敵だけど、文化や言葉の違い、差別や偏見、色んなものがついて回って誰でも何度か嫌な思いはするんですよね。共感してくれるあやさんも色んな経験をされたんでしょうね。
わたしのブログ、この先はもっと重くなってくるのですが、そんなに暗くならないように書こうと考えているので、もうしばらくお付き合いください。

本当にだんだんと冬らしくなってきましたが、あやさんも風邪などひかないように。。。。

とうとうここまで来たね!

簡単に家に入れるのかと思いきや、イギリスの生活補助はとてつもなく条件が厳しいんだね!
日本も働いていると一気にハードル上がるよ。
これじゃあ働いていない人の方がずっと得じゃん!て思うことが、何回もあった。

楽しく辛いボート生活の終焉まで後少しなのかな?
ボート生活を抜け出せた後も、Blog続けてほしいな〜〜(^o^)

Re: とうとうここまで来たね!

そうだよね。でも確かに働いてない人の方が得なんじゃ。。って思いたくなるよねえ。一番辛いのは、仕事してるけど収入が少ないって状況の人達かも。でも国も簡単にみんな助けてたら、やってられないもんねえ。

この家探し、辛いボート生活から抜け出せたのか、そうじゃないのかはまだまだお楽しみだよー。

No title

はじめまして。
少し読むつもりが、どんどん引き込まれて、
過去のブログも読んでしまいました。
小説のようですね!

私もボートに住んでいました。
冬がつらかったです。夏は最高なんですが。
トイレはカセット式で、1週間しかもたなかったなぁ。
シャワーもこんなで、毎日なんてとてもとても...
過ぎてみれば懐かしいです。

続き、楽しみにしています。

Re: No title

Puppyさん、ブログ読んでくれて本当にありがとうございます。
ボート生活、冬は辛いですよね。夏は確かに最高ですが、夏に毎日シャワーを浴びれないのも辛いですよね。
トイレはカセットトイレだったんですね。汲み取りとは違って捨てるのは無料でできるけど、1週間しかもたないのは大変ですよねー。気持ち、すごく分かります!
でも、その代わり楽しい思い出もたくさんできたでしょうね。

ブログを楽しみにしてもらって、すごく嬉しいです。
更新がすごくゆっくりなんですが、諦めずにお付き合いください。まだまだ頑張って書きますねー。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。