スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生そんなに甘くない

わたしは優しい保健婦さんに言われたことを旦那に事細かく話した。
旦那は、保健婦さんが言うように役所に相談したら、ボートが売れるまで一時的にでも家を借りれる援助をしてもらえるかもしれないと乗り気だった。
わたし達はその時まだ家賃並みの額のボートのローンを毎月支払っていたので、家を借りても家賃と二重払いは絶対に無理だった。生活もギリギリで貯金も無かったので敷金などを払うこともできなかった。
条件は揃っている。特に過酷な冬のボート生活、狭い環境で娘を窮屈な思いにさせていること、そして、住所が定まっていないので娘の学校が決まらないなどだ。
わたしも旦那も大きい家などいらなかった。共同アパートでも狭い部屋一つだけでもいいので、一時的にボートから出て、ボートを売りに出す準備をしたかった。ボートさえ売れればある程度のまとまったお金が入るので、今よりはなんとかなる。

旦那はさっそく役所の住居手当係に電話をした。
でも、その電話も10分ほどで終了してしまった。
ボートを所有して住んでいるということは、持ち家があるとみなされて援助はできない。わたしも旦那も、二人とも働いているので尚更だと言われて話は終わってしまった。生活がどんなものかとか、話も聞いてくれない。
なんだかボートを持っていて、仕事をしているのが悪いみたいだ。
仕方がないので、これ以上何をしたらボート生活から抜け出せるか、市民相談協会に相談してみることにした。
こうなったら後には引けない。住めるなら一刻も早く陸に住みたい。
イギリスにはシチズン アドバイス ビューロと言う無料の相談協会が各地域にある。ボランティアで市民に幅広く色んなアドバイスをしてくれる。Aも最初はそこでアドバイスをしてもらって、役所から家を与えてもらうまでに至ったのだ。
近くの相談協会は月曜日から金曜日までの9時から12時までしか開いていないので、旦那は仕事があるし、わたしが電話をすることにした。
何年もイギリスに住んでいて、旦那もイギリス人のくせに、わたしは電話で会話するのが苦手だ。旦那や友人ならもちろんなんともないのに、役所とか銀行とか、いちいちドキドキしながら電話しなければいけない。
この日も本当に緊張した。怖いので、その相談所のレビューまで見て調査したり、ノートに細かく言うことをまとめたりして、やっと受話器をつかんだのだ。
電話に出たのは若い感じの女の人の声だった。
ああ、緊張する。わたしの発言でちゃんと理解してくれるかなあ? レビューは良かったし、みんな親切で親身になってくれたって書いてるし、きっと大丈夫。
わたしはメモ用紙を見ながら(たぶん)分かりやすく状況を話すと、女の人はすごく不機嫌な声でわたしの話の内容とは関係ないことを言ってきた。
「あなた何人?ビザはあるの?ボートに住んで住居税は払っているの?」
ビザはもちろんある。住む場所が定まっていないので住居税は納めていないがリバーライセンスは払っている。というと、「税金も納めてない人にアドバイスはできないわっ!」とバッサリ言われ、「仕事をしているので税金は納めてます。」と言い返すと、「だったらアパートでも借りなさいよ!」と叫ばれる始末。
全然相談所の役割を果たしていないではないか。
わたしは緊張して電話して更に追い込まれたので、すごく動揺して相手の名前さえ聞くのも忘れてしまっていた。
なんだか良く分からないが、人生やっぱりそんなに甘くないのだ。っていうか、わたし、なんで叫ばれたんだろう?なんか悪いことしたっけ?
わたしは旦那が仕事中だと分かっているのにどうしても話したくて、その後すぐに旦那に電話した。そして旦那が出た途端、涙が出てきて止まらない。
旦那は、なんだなんだとわたしの話を聞き、「なんでそいつの名前を聞かなかったんだ。オレが今から電話する。」と言って切ってしまった。
少しして旦那から電話がかかってきて、「若い声の女の人が出て、役所が援助できないと言うならそれ以上何もできないから、何度も役所に掛け合うしかないのでは、と言われた。」と言った。そして、わたしに酷い対応で叫んだ人がいると苦情を言うと、「他にもメンバーがいるのでどの人か分からないが、探し出して言っておくと言っていて、彼女はすごく感じのいい人だった。」と言った。
はあー?それって、わたしと話した人と同じ人なんじゃない?なんかおかしくない?
わたしはなんだか、本当に気が抜けて、全ての一連がどうでも良くなった。
期待したりドキドキしたり、緊張したり泣いたり。なんかもうイヤだ。

わたしと旦那は、国からの援助を諦めた。もう、ローンが終わるまでボート生活を続けるしかないのだ。ローンの支払いが終わって少ししたら貯金もできる。そしたら敷金だって払えるし。
あと、2年半から3年の我慢だ。一生ではない。
と言っても、はあ、長い道のりのような気がする。

なんだか上手く行かないので、わたしはちょっとヤケクソでナンバーズを2口買った。これが当たったら、役所に頭なんて下げなくても、相談所に叫ばれなくても、堂々と家に引っ越せる。と言うか、もしかしたら家を一括で買えることになるかもしれない。
そして、ナンバーズは見事に外れた。またムダなお金を使ってしまったのだ。
やっぱり人生、そんなに甘くなかった。

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れー(^o^)
日本は移民にすぐに生活保護あげるのに、イギリスはやっぱり一筋縄ではいかないんだね…。
それにしてもその女の人、酷い対応だね!
同じ断るにしても、話を聞いてくれるだけでも違うのに…。
まあ、スカイさんみたいなマトモな人ばかりが電話してくるわけじゃないだろうから、その女の人も毎日ウンザリしているのかもしれないけど…。
ウキウキで始めたボート生活も、赤ちゃんがいると一気にベリーハードモードだね(>_<)

No title

うあ〜。やな感じの人!私は彼がすごくこういった対応に長けていて、私も影響を受けてます。まず相手の名前、上司を呼ぶように求める。必ずします。(彼はなんとUKホームオフィスから返金させた人…仕事上、言葉の使い回しが凄い)
私も電話は苦手ですが、自信をもってかけるようにしてます。(でも嫌い)移民や、働けるのに生活保護費とか貰っている人がいるから、対応も雑になるのでしょうかね…個人の性格問題でもあると思う。旦那さんに涙ながら電話した気持ち、なんか分かります〜。

Re: タイトルなし

日本も移民にすぐに生活保護をあげるのー?知らなかった。。。実はイギリスもそうだよ。だから相談所の姉さんもイライラしてたのかなあ。。。? それにしても、あんな対応はないよねえ。。。
こんなことがあると、日本が恋しくなるなあ。電話で叫ぶ人とか滅多にいないし。。。

Re: No title

そうなんです!相手の名前を聞くのは必須ですよね。何度か似たような経験してるのに、いつもショックで名前とか聞けないで終わっちゃうんです。。。でも、パートナーがしっかり対応できる人で良かったですねえー。すごいです!うちはプロフェッショナルな対応はできないけど、フォロー、一応してくれます。。。
電話は自信をもってかける。そうですね。わたしもそうします。自信がないからなめられちゃうのかなあ。。。これからの課題ですねー。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。