スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優しい保健婦さん

2012年6月。イギリスの初夏は冬が嘘だったみたいに眩しい。時々真夏かと思うぐらいに暑い日もある。わたしは不安な気持ちで保健婦に会うために診療所に向かっていた。
子供達が元気に走り回って遊んでいる公園を通り過ぎ、まだ歩かない娘をベビーカーに乗せながら、いつになったら他の子のように歩いてくれるのだろうと思った。
娘はのんきに大きな声で歌を歌っている。その無邪気な歌声はわたしを更に不安にさせる。
娘に何か問題があったら、ボート暮らしを保健婦さんに責められでもしたら。
考え出したらキリがない。

娘の担当の保健婦さんは、娘が産まれた時から彼女のことを知っている。検診やら体重測定のたびに、わたしは毎回娘を連れて行くが、他の母親達も保健婦さんに話を聞いてもらいたくて時間を取ってしまうので、わたしはなんとなく遠慮していつも聞きたいことを細かく聞けずに用事だけ済ませて帰ってしまう。なので、担当の保健婦さんにとってわたし達の印象は薄いだろうなあと思いきや、保健婦さんは1番に「まだボートに住んでいるの?」と聞いてくれた。
わたしがいつもさっさと帰ってしまうので、娘の成長もそうだが、わたし達の生活がどんな状況かと心配していたので、来てくれて嬉しいとまで言ってくれた。
保健婦さんに個人的に予約を取ると大体15分の面談時間が与えられるのだが、今日はわたしのために30分取ってあるので、ゆっくり話がしたいという。
わたしはなんだかびっくりした。聞くと、保健婦さんも地域の新聞を見たらしく、ボート住民のことが書いてあったので、もしかしたらそのコミュニティーの中にわたし達がいるのではないかと思ったらしい。
その通りです。
そりゃあ、ボートに住んで、住民に文句を言われて地元のマイナーな新聞だが、記事になってしまったら、どんな生活をしているのかなど気になるだろう。
わたしは大まかにボート生活のことを話し、こんな生活で娘に何か障害があったり、成長が遅れてるのではないかと思っていたことを正直に彼女に相談した。
ボートでの暮らしやどうやって娘を育てているかなど、他人に素直に話したのは初めてだった。保健婦さんはまるで理解している精神科医のように真剣に話を聞いてくれて、話しながら泣けてくるのではないかと自分で自分を抑えながら話す場面もあった。
保健婦さんは娘に話しかけたり、積み木やハンカチなどを使って娘の反応をチェックしたりした後、どこにも問題は見当たらないので、安心しなさいと言ってくれたが、問題がないならなぜ娘は1歳8カ月を過ぎても歩こうとしないのか、歩けないのになぜ歌だけはしっかりと歌えるのか、とわたしは聞いた。
保健婦さんは少しだけイギリスでおなじみの動揺を口ずさんで娘に聞かせると、娘は大喜びで歌い出した。出てくる出てくる、色んな歌が。
「彼女、歌が好きなのね。お母さんがいっぱい歌ってあげてる子供は、これぐらい歌えるようになるのよ。本をいっぱい読んでくれる親の子供は、このくらいの年で好きな本を暗記してしまうこともよくあることだし。全く問題ないわよ。」
と、保健婦さんが言ってからわたしは思い出した。
わたし達のボートには日中好きに使えるほどの電力がないので、わたしは娘が産まれてから、テレビやステレオ代わりに毎日歌を歌っていたのだった。家事をする時も、娘がグズったときも、ボートの中にいるときは歌を歌って娘をあやしていたのだ。
そうだったのか。
そして、娘はボトムシャッフルだが、広い家に住んでいてもお尻で移動する子供は結構いるし、ほとんどの確率で歩き始めるのが遅いが、将来的には何の問題もなく歩き出すそうで、3歳過ぎても歩かなかったら心配しなさいということだった。
と言うことは、わたしの取り越し苦労だったってことー?
保健婦さんと話していると娘が何か食べたいと言うので、わたしはいつものようにセロリを差し出した。すると、保健婦さんは目を丸くして、「セロリ食べるの?」と驚いたようだった。
わたしは、子供用のお菓子は高いし、ボート生活で手作りは手間が多いから、彼女には悪いが、オヤツは生の野菜やフルーツになってしまうのだと説明すると、保健婦さんは胸に手を当てて「すごい!」と言うのだった。
すごい?すごいって、そうだよね、野生的だよね。。。
わたしが困っていると、保健婦さんはなんだか感動したように、と言うか、興奮したように言った。
「世の中には忙しいからと言って子供にスナックやら甘いお菓子などを与えて楽をしている親はたくさんいるのに、あなたは厳しい環境の中で本当に良くやっているわ。」
そして言った。「国はあなたのような人を援助するべきなのよ。ボート生活が大変だから家に移りたいと申し出たら、援助が受けれるんじゃないかしら。今の状態ではこれからもっと大変になるって誰が見てもすぐに分かるもの。」
ええー!?なんだか思わぬ展開に。。。。
保健婦さんはとにかく役所に連絡して家を手配してもらいなさい、と言い、必要なら自分が手紙を書くからいつでも連絡しなさいと言ってくれた。
わたしが、生活保護を受けるのは気が引けるというと、彼女はそんなふうに思ってはいけない、必要だから必要な人に手助けしてくれる機関があるのだから大丈夫だと言う。
そしてわたしに何度も「あなたは素晴らしい母親なのだから、自信を持ちなさい。」と言ってくれた。
娘が産まれてからそれまで、こんなことを言ってくれる人は誰一人もいなかった。今まで悩み、苦しんできたことが保健婦さんに会って本当に嘘のようにどこかに行ってしまった。
このイギリスで、ジプシーみたいにボート暮らしをしている外国人のわたしを人として正当に扱ってくれたこの保健婦さんに、わたしは心から感謝した。

帰り際、また来た道を戻り公園の前を通った。子供達が走り回っている。わたしの気持ちは「娘はそのうち歩いてくれる。絶対に。」という強みに変わっていた。娘がいつものように楽しそうに歌っている。歌が大好きな娘はわたしの自慢の娘だ。
ボートが狭くても暮らしは過酷でも、貧乏な生活を送っていても、彼女が歌い続けているうちは幸せなのだと思った。
素直にボート生活の状況を話したら、お役所さんも理解してくれるだろうか?
これからのことは行動してみないと分からない。
少しだけ勇気が湧いてきた。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

優しい保健婦さんに恵まれて良かったです。(嫌な感じの人っているのかなあ)取り越し苦労とは言いたくないけど、専門の人に会って話を聞いてもらうだけで心が軽くなることってありますよね。普段の生活にそういうこと多い。ただちょっとしたことでドーンと落ち込むこともあるけど!
セロリとか人参とか健康にいいですね!私は小学生の頃とか、庭でもぎ取った胡瓜をポイっと渡されたなあ。でもちょこっと塩つけて食べるのが美味しかった。娘ちゃん、歌を歌うのが好きなんですね〜。小さい頃の影響って大きいから楽しくもあり、怖くもあり…(笑)

Re: No title

庭で取った胡瓜って聞いたら、なんか懐かしくなりました!確かに、わたしも胡瓜、トマトって祖母に渡された記憶があります。
あの頃はそうでしたねー。今はそんな機会ってあまりないかもですね。
小さい頃の影響って、やっぱり大きいと思います。子供は小さくても感じてることは大きいから、確かに楽しくもあり、怖くもありです。。。。
優しい保健婦さんは、すごく落ち込んでいたあたしには衝撃的でした。ドーンと落ち込む時、ありますよねー。
これからも色々あるんですよねー。。。。

へぇ〜!イギリスの公共機関にも、外国人を理解してくれる人が働いているんだね!
今じゃ娘ちゃん、元気に歩き回っていたから、スカイさんの取り越し苦労だったんだね〜〜良かった良かった

おやつが生の野菜やフルーツって凄いね!
食にこだわっていたからこそ、健康に育ったんだね!

Re: タイトルなし

本当だよねー。外国人に意地悪と言うか、どうでもいい感じの人って多いもんねえ。本当にいい保健婦さんに会ってラッキーだったと思うよー。
娘は相変わらず元気に走り回ってるよ。健康は健康だなあ。。。風邪とかほとんひかないし。
でも今は成長して色んな食べ物を知って、アイスとか大好きだよ。。。頑張ったんだけどねえ。。。
プロフィール

スカイ

Author:スカイ
イギリスで旦那と娘3人でボート暮らしをしていた生い立ちを綴っています。
家賃も地方税も無い自由な生活を選んだはずが、なかなか大変なボート暮らし。大好きなお風呂にゆっくりと浸かることができる生活を毎日のように夢見て、早くボート生活から抜け出したいと思いながら結局7年間を費やしてしまいました。
めちゃくちゃなボート仲間達との暮らしも今はいい思い出です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村 こんな貧乏家族も にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 色々な子育て満載
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。